中学校美術科ワークショップ3 イメージと発想の展開編
改訂学習指導要領対応!

中学校美術科ワークショップ3 イメージと発想の展開編改訂学習指導要領対応!

好評3刷

美術科でワークショップを行うための,イメージと発想の展開方法をやさしく解説。行為・インスタレーション/かく・ドローイング/おもしろい平面構成/鑑賞 他


紙版価格: 2,060円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-785508-4
ジャンル:
図工・美術
刊行:
3刷
対象:
中学校
仕様:
B5判 88頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年10月23日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

刊行にあたって
T 美術教育の今日的課題とこれからの授業づくり
(1) 美術教育の今日的課題
(2) 楽しさと充実感のある美術教育
(3) 美術教育を通して,こんな力を育てたい
(4) 写実的な描写力はもういらないのか
(5) ワークシートや資料プリントを創ろう
(6) 新しい発想とイメージを引き出す授業
(7) 楽しく意義のある授業の組み立てや手だて
U イメージと発想
(1) イメージと発想
(2) イメージを強化する具体的手だてに向けて
(3) 自然や場と関わる
(4) 材料とイメージ
(5) 行為からイメージを引き出す
(6) 感覚とイメージ
(7) 形から見たてるイメージ
(8) ストーリーをイメージすること,イメージからストーリーメイキングすること
(9) 自分をイメージ化する
V 行為・インスタレーション
(1) 行為・インスタレーションとしての造形教育
(2) 行為・インスタレーションの指導
(3) 行為・インスタレーションの指導のポイント
(4) 行為・インスタレーションの指導の実際
(5) 行為・インスタレーションのひろがり
W かく・ドローイング
(1) 線を楽しむ
(2) クロッキーを楽しむ
(3) ドローイングを楽しむ
(4) 面を意識してかく
(5) 遠近を意識してかく
(6) 見えるものをそっくりにかき写す
(7) 質感を表す
(8) 自然の様子を表す
(9) 人のかたち・思いのかたち
(10) 自分探しの旅
(11) 20世紀美術から学ぶ
(12) 想像するための方法/発想の技法
(13) 表現をひらくための視点
X おもしろい平面構成
(1) 視点の移動
(2) 視点のテレポーション
(3) 伝達言語から詩的言語へ?――思想表現を視覚で語る
(4) 美的対象の制作技術から美的体験による美意識の育成へ
(5) 大人の視点と子どもの視点
(6) 美的体験は価値観を変える――年齢を超えた共通の財産
(7) 美術教育の文法
(8) 詩的言語コミュニケーション成立の条件
(9) 動機の発生 絵本体験の原型
(10) ヒント
(11) イメージの展開
(12) アイデアの冒険
(13) 構成/検討(客観視ということ)
(14) 描材の選択――視覚化の段階
(15) 環境/意識を変えるエコロジー
Y 立体造形・総合的な学習
(1) 立体造形・共同制作
(2) 総合的な学習と美術教育の関わり
Z 鑑  賞
(1) 鑑賞の意義
(2) 文化遺産
(3) 現代美術
(4) 日本の美術
(5) デザイン・工芸
(6) 環境
(7) 美術館
(8) 映像メディア
(9) 作家に生き方を学ぶ
(10) 鑑賞の授業を充実させるために
(11) 校内環境・展示

刊行にあたって

 「ワークショップ」(WORKSHOP)の語源は,「仕事場」「工房」を意味する英語で,一般的には「参加者が主体的に相互に刺激し合い,語り合ったり,体験的に学び合う創造的なグループ学習やイベント」を意味しています。

 この『中学校美術科ワークショップ』は,今までの授業のように,同一題材・同一材料で全員同じものをつくる授業形態ではなく,生徒が自分がやりたいものを選択して制作できる,生徒の主体性と個別性を大切にした創造的な授業づくりの教材集です。

 『中学校美術科ワークショップ』の教材は,たとえば「いろいろなイメージ表現」というようなテーマや課題に共通性のある数種類の教材のワークシートを生徒に配布し,そのシートを見ながら生徒が制作したいものを選択して,楽しく意欲的に制作します。自分が選択しなかった分も,他の生徒がつくるのを見て間接的に体験できます。

 多くの中学校では,独自の教材資料プリントを作成し,生徒に配布してそれをもとに授業をすすめています。この本の「ワークシート」も学習への意欲,発想・思考や表現の順序性・発展性を考え,より豊かな表現や学習をねらっています。

 ワークシートはこの本をそのままコピーするのではなく,これをヒントに,生徒の実態,ねらい,テーマ,能力,材料,人数や時間を考慮に入れて,授業者が作成してほしいのです。この本では誌面の関係で最小限にしていますが,つくり方,かき方だけではなく,参考資料,作品例,イラストや「注意」「ヒント」「工夫しよう」といった言葉を入れて,楽しんで取り組めるようにしてほしいのです。ワークシートには番号をつけて,その順に作業や制作をすすめる方法もあります。基本的には,簡単な説明の後,そのワークシートと材料・用具で,生徒が自分で作成し,教師はそれを援助します。いろいろなワークシートを日頃から用意しておけば,授業やイベントや野外活動だけでなく,早く終わった生徒に渡したり,自習時間や空き時間,クラブ活動,実技試験の問題の一部にも使えそうです。

 「3 イメージと発想の展開編」は,美術科の解説書や入門書ではなく,これからの美術科の授業づくりのイメージというか,方向性を見つめた発展的な内容にしています。

 21世紀のこれからの教育は,新学習指導要領でもいわれているように,生徒の主体性,個別性,それに選択肢のある創造的で楽しい授業が求められています。そうした活動から創造性や工夫する力などの造形する力が育ちます。この本が,新しい授業づくり,教材開発,そしてあなた自身の手づくりの授業の手がかりになることを期待しています。

 この本の出版にあたり,趣旨に賛同して協力していただいた執筆者や編者の皆さん,明治図書の皆さんに厚くお礼申し上げます。


  平成14年5月   監修者

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ