板書&イラストでよくわかる 365日の全授業 小学校算数 2年下

板書&イラストでよくわかる 365日の全授業 小学校算数 2年下

総合53位

毎日の算数授業の超強力サポーター!

2年後期の算数の全単元、全時間の授業を網羅。板書とイラストで毎時間の授業内容がパッとつかめます。また、2色刷りにより板書のポイントや教師の発問・指示がひと目でわかります。グループ学習・ペア学習など「対話的な学び」の場面も明示。【ダウンロード特典あり】


紙版価格: 2,600円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-490215-2
ジャンル:
算数・数学
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 192頁
状態:
在庫あり
出荷:
2020年12月2日
備考:
サポート情報
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
本書の使い方
第1章 授業づくりのポイント
1 学習内容とポイント
2 対話的な学び・学び合いのポイント
3 算数が苦手な子どものための支援のポイント
第2章 365日の全授業 2年下
かけ算(1) 全16時間
単元について
第1時 いくつあるかな
【乗法が用いられる場面の発見】
第2時 おはじきをならべよう
【乗法の意味と式の表し方】
第3時 かけ算のしきになるばめんを見つけよう
【乗法が用いられる場面の式化】
第4時 たこやきの数をもとめよう
【乗法場面での式の表し方の求答方法】
第5時 テープの長さをもとめよう
【連続量における倍概念】
第6時 かけ算さがしをしよう
【乗法の場面発見と式化】
第7時 シュークリームの数をもとめよう
【5の段の九九の構成】
第8時 5のだんのきまりを見つけよう
【5の段の九九の唱え方】
第9時 おすしの数をもとめよう
【2の段の九九の構成】
第10時 2のだんのきまりを見つけよう
【2の段の九九の唱え方】
第11時 プリンの数をもとめよう
【3の段の九九の構成】
第12時 3のだんのきまりを見つけよう
【3の段の九九の唱え方】
第13時 ケーキの数をもとめよう
【4の段の九九の構成】
第14時 4のだんのきまりを見つけよう
【4の段の九九の唱え方】
第15時 4つの九九からきまりを見つけよう
【2の段から5の段のかけ算のきまり】
第16時 九九カードであそぼう
【2の段から5の段のかけ算の習熟】
ワークシート
かけ算(2) 全13時間
単元について
第1時 6のだんの九九のつくり方を考えよう
【6の段の九九の構成】
第2時 6のだんのきまりを見つけよう
【6の段の九九の唱え方と問題場面への適用】
第3時 7のだんの九九のつくり方を考えよう
【7の段の九九の構成】
第4時 7のだんのきまりを見つけよう
【7の段の九九の唱え方と問題場面への適用】
第5時 8のだんの九九のつくり方を考えよう
【8の段の九九の構成】
第6時 8のだんのきまりを見つけよう
【8の段の九九の唱え方と問題場面への適用】
第7時 9のだんの九九のつくり方を考えよう
【9の段の九九の構成】
第8時 9のだんのきまりを見つけよう
【9の段の九九の唱え方と問題場面への適用】
第9時 けしゴムの数をもとめるしきのつくり方を考えよう
【1の段の九九の構成と習熟】
第10時 九九のひょうからきまりを見つけよう
【九九の性質やきまりの整理】
第11時 九九のひょうを広げよう
【九九を超えるかけ算の構成】
第12時 ばいについて考えよう
【倍とかけ算の関係】
第13時 おかしはいくつあるかな
【乗法九九の統合的な活用】
ワークシート
授業ライブ
かけ算(3) 全10時間
単元について
第1時 九九のひょうをつくろう
【かけ算九九の復習と九九の表づくり】
第2時 ふえかたを考えよう
【かけ算の乗数と積の関係】
第3時 ●の数をかけ算でもとめよう
【かけ算の交換法則】
第4時 同じ答えはいくつあるかな
【同じ答えになるかけ算】
第5時 2つのだんをつかってべつのだんをつくろう
【九九づくり】
第6時 かけ算九九ぼうで考えよう
【九九のきまり】
第7時 4×12をいろいろな方法で考えよう
【かけ算九九をこえる問題(1)】
第8時 12×4をいろいろな方法で考えよう
【かけ算九九をこえる問題(2)】
第9時 かけ算九九のひょうを広げよう
【かけ算九九をこえる表づくり】
第10時 どんなもようになるかな
【発展問題】
ワークシート
長さ(2) 全6時間
単元について
第1時 どちらが長いかな
【100cmを超える長さの測定】
第2時 120cmのべつのあらわしかたを考えよう
【任意単位による測定】
第3時 1mの長さはどれぐらいかな
【1mの測定】
第4時 長さはどれぐらいかな
【いろいろなものや場所の長さの測定】
第5時 長さの計算をしよう
【1mを超える長さの計算】
第6時 じぶんのからだをつかって長さをはかろう
【体の一部を使った長さの測定】
ワークシート
10000までの数 全8時間
単元について
第1時 1000より大きい数をしらべよう
【数の読み方・書き方】
第2時 いくつかな
【4位数の記数法,位取りの仕組み】
第3時 カードをならべて数をあらわそう
【10000未満の数の構成】
第4時 「1000をつくればかち!」ゲームをしよう
【数の相対的な大きさ】
第5時 「数の線」名人になろう
【4位数の大小,順序】
第6時 10000ってどんな数?
【10000の構成,数の読み方,書き方】
第7時 数をへんしんさせよう
【10000までの数の構成の多面的な捉え方】
第8時 大きい数カルタゲームをしよう
【補充学習】
ワークシート
図をつかって 全6時間
単元について
第1時 どの図が正しいかな
【テープ図】
第2時 どうすればしきがわかるかな
【逆思考の問題(a+□=b)】
第3時 どんなテープ図になるのかな(1)
【逆思考の問題(a−□=b)】
第4時 どんなテープ図になるのかな(2)
【逆思考の問題(□+a=b)】
第5時 どんなテープ図になるのかな(3)
【逆思考の問題(□−a=b)】
第6時 どんなテープ図になるのかな(4)
【求大・求小の問題】
ワークシート
分数 全4時間
単元について
第1時 同じ大きさに分けよう
【1/2の意味と表し方】
第2時 半分の半分の大きさをつくろう
【1/2,1/8(分数)の意味と表し方】
第3時 1/3をつくろう
【1/3の意味と表し方】
第4時 分数をテープでまとめよう
【基にするものと分数の関係】
ワークシート
はこの形 全6時間
単元について
第1時 どんな大きさのはこがつくれるかな
【箱のイメージづくり】
第2時 はこの面をしらべよう
【箱の頂点・辺・面】
第3時 面ではこがつくれるかな
【面構成による箱づくり】
第4時 辺とちょう点ではこの形をつくってみよう
【辺と頂点による箱の形づくり】
第5時 面にちゅうもくしてはこをつくろう
【面の形や位置関係】
第6時 自分だけのはこをつくろう
【自分だけの箱づくり】
ワークシート
授業ライブ

はじめに

 本年2月に刊行した『365日の全授業』の上巻6冊ですが,なかなか学校が始まらない中にもかかわらず,多くの先生方からご支持をいただきましたことにまずはお礼を申し上げます。

 4,5月,日本中,世界中が新型コロナウィルスへの対応で大変な中,全国各地でのオンライン授業やテレビ授業の実施にあたり,本書をご活用いただいたというお話を伺いました。また学校再開後は,遅れを取り戻すべく,極めて要領よく授業を進めなければならない中で,1時間ごとのポイントを板書とともに明確に示した本書の存在は,多くの先生方の力強い味方になってくれている,とのお声も聞きました。

 さて,本書は令和2年度から完全実施となる小学校学習指導要領の大改訂に合わせ,その学年で扱われるすべての学習内容を取り上げ,文字通り「全授業」を板書中心にひと目で1時間の授業の流れがわかるように工夫して紹介しています。上巻とともにこの下巻も先生方のお手元においていただければ,必ずや毎日の算数の授業づくりに役立てていただけるはずです。

 板書は,文字を白チョークで表す,貼付物は白地にするなど,実際の教室の黒板に近いリアリティを追究しています。また,予想される子どもの反応なども,できる限り細やかに吹き出しで位置づけ,実際の授業がよりイメージしやすいように仕上げています。

 また,1時間を4つの場面に分けて示した授業展開例では,「対話を通した学び合いの様子を具現化したい」という執筆者の思いから,ペア学習やグループ学習を行う場面を明示しています。子どもどうし,あるいは教師と子どものやりとりをできる限り具体的に示し,実際の授業をイメージしやすくしてあります。

 さらに,本書は2色刷りの特長を生かし,板書のポイントや教師の発問・指示を赤字で示すことで,よりわかりやすい紙面を実現しています。また,単元ごとにそのまま使えるワークシートを収録し,単元によっては実際の授業の様子がわかる「授業ライブ」も提供しています。

 本書の執筆者は,これまでの私の本にも幾多の実践原稿を提供し,ともに研鑽に励んできた熊本市算数教育研究会の研究仲間です。今回は,この研究仲間が自ら手をあげ,執筆学年,執筆単元を希望し,主体的に教材に向き合い,自分の実践を最大に魅力的に表現してくれました。

 一度原稿に落としたら終わりではなく,何度も学年検討会をもち,ブラッシュアップをして,書き直した原稿が私のもとに集まってきたのです。まさに,執筆者の姿も主体的・対話的であり,質の高い授業例を提供することができたと実感しています。

 そんな本書が,全国の多くの先生方の明日からの算数授業に少しでもお役に立てるならば執筆者一同こんなにうれしいことはありません。

 最後になりましたが,本書を書く機会を与えていただき,また編集にご尽力賜りました明治図書教育書編集部の皆様に,心より感謝申し上げます。


  2020年7月   /宮本 博規

著者紹介

宮本 博規(みやもと ひろき)著書を検索»

1958年熊本県生まれ

元熊本市立白川小学校長

熊本市立小学校教諭,教頭,校長,熊本市教育センター指導主事,所長補佐,所長を歴任。全国算数授業研究会理事,基幹学力研究会幹事等を務め,熊本県では12年間に渡り,熊本県と熊本市の算数教育研究会の事務局長を務める。

藤本 邦昭(ふじもと くにあき)著書を検索»

熊本市立飽田東小学校長

米原 秀一(よねはら しゅういち)著書を検索»

熊本市立山本小学校教諭

熊本市算数教育研究会(くまもとしさんすうきょういくけんきゅうかい)著書を検索»


※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。

本書に収録されているすべてのワークシートと教科書(東京書籍、啓林館)対応版の単元確認テストを、下記よりダウンロードできます。

※下表のダウンロードをクリックするとダウンロードが始まります。
本書に掲載されているユーザー名とパスワードを入力してダウンロードしてください。

@ワークシート

内容 ファイル名 サイズ  
ワークシートPDF一式 worksheet_2k.zip 2,704KB ダウンロード

A単元確認テスト

準拠 問題 解答
東京書籍版 ダウンロード ダウンロード
啓林館版 ダウンロード ダウンロード

※PDFファイルの閲覧には Adobe Reader等が必要となります。

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ