「THE 教師力」シリーズ
THE 説得〜学級指導編〜

「THE 教師力」シリーズTHE 説得〜学級指導編〜

教師の武器は「言葉」と「表情」だ!学級づくりサバイバル

教師の武器はたった二つ。即ち「言葉」と「表情」です。学級づくりの山場で子ども達に語る時、教師はどんな「表情」と「言葉」で語りかけるのか。ある時は穏やかに、ある時は和やかに、ある時は毅然とした表情で。子どもたちの心に響く語りかけの妙が、ここにあります。


紙版価格: 1,560円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,404円+税

Off: ¥156-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF EPUB
ISBN:
978-4-18-348218-1
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小・中・高
仕様:
四六判 128頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月13日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
1 子どもの価値観を変えるのが説得である!
@価値観を変えると行動が変わる
A説得の具体
2 「やり方」と「あり方」
@学級指導の原則
A「誰」が「いかに」説得するか
3 「変心」を自然に促す説得の原則
@「説得」の語りの前に,子どもたち全員が経験した「場」がある
A必ず,ほめ言葉から入る
B「差」を感じさせる
C「共通言語」を入れる
D「ありがとう」の言葉で終わる
4 説得は,言葉だけではない
@インパクトのあるモノから
A説得の前に必要なこと
B可視化
C事例とたとえ話
D強いエネルギーが必要
5 説得力とは,“言葉の力”と“説明力”の総和である
@教師にとって「説得」とは何か
A教師の考えを素直に伝えること
B説得の第一歩は「子どもの話に耳を傾けること」
C説明を工夫して学級全体に理解させる
D適切なクロージングで説得の効果を高める
E「正しさ」を中心に据えて説得する
6 説得の極意
@意欲を引き出す説明的教授行為
A説得に必要な四つの重要要素
B納得を引き出す説明の極意
7 自制と自律から,自立へ導く
@菊池省三氏の指導にみる説得の姿勢
Aリセットという免罪符
B3日間限定の権能とは?
C変化を評価し,称賛を与える
D暗示的説得を基本とせよ
8 納得へつなぐために
@説得する時,される時
A低学年への説得
B高学年への説得
Cそれでも納得へつながらなかったら
9 分かり合えないことを知った先に
@人は分かり合えるのか
A「ちゃんと」の違いを意識する
B何を言うかではなく,誰が言うか
10 児童を説得し,全体のムードをつくるべし
@集団はムードで動く?
A教師の「語り」の難しさ
B1年間を見通した内容を語る
C自覚させ,納得させる語り
11 親愛の情と懐の深さ
@泣いて馬謖を斬る
A人間万事塞翁が馬
B視点の転換と自己の俯瞰
C教え方と在り方
12 生徒との人間関係を織る学級づくり〜哲学をもって学級に語る教師を目指す〜
@若さは教師の武器?
A日常のコミュニケーションが説得の鍵となる
B説得するための学級指導 その1(人間関係)
C説得するための学級指導 その2(情報収集)
D説得するための学級指導 その3(役割分担)
E学級指導に一番大切なこと
13 心の通い合う語りを求めて
@生活指導における説得
A進路指導における説得
14 柔らかな説得の必要性
@学校教育における契約補償
A学級指導における説明責任
B柔らかな説得の必要性
C契約のない人間関係の結び方
15 「聴く準備」で「語り」の演出をする。そして,一度で一人の「同志」をつくる
@学級での「語り」の前提=「学級は家族である」
A「聴く準備」をさせる
B話すポイント
C一度の語りで一人の理解者をつくる
16 学級は一つの社会だ
@「自分は悪くない」という生徒〜全否定しない〜
A万引きが悪いと思わない生徒〜現実を見せ新たな認識を与える〜
B特別な支援を必要とする通常学級に在籍する生徒〜そろえない〜
C迷っている生徒〜生徒に語らせる〜
D思春期特有の悩みのある生徒〜チーム力で解決に導く〜
E頑固な生徒〜学級という社会から疎外しないように配慮する〜
Fはっきりとした表情で明確に語る
17 自分のメディア力をあげる
@説得=コミュニケーション
A媒体としての自分
B自分のキャラクターを理解する
CMC(司会者)力
D相手の心をほぐすために
E自分のメディア力をあげる
18 学んで今に至る〜学級を変えるって!?〜
@はじめに
A3年3組との日々〜疲労困憊,胸いっぱい!?全力で駆け抜けた1年間〜
19 やめさせる説得と勧める説得
@学級内の四つの行動
A説得する前提1 良好な人間関係
B説得する前提2 人によって感じ方は違う
C説得する前提3 言っただけでは変わらない
Dやめさせる説得〜ブレーキ言葉をつくらせる〜
E勧める説得〜学級通信をパンフレット化し視覚に訴える
20 あなたはもう「説得」されている〜瞬間芸の「説得」なんて存在しない〜
@「説得」の公式
A計画的「いいね」数が,関係性とキャラクターをつくる
B平均「話」時間〜あなたの[話]ラベルは何ラベル?〜
C「なるほど」率は「なっとく」率に比例する
D答えはAなんだけどAかBで迷わせる(自己決定する)
あとがき

まえがき

 教師の武器はたった二つ。即ち「言葉」と「表情」である。その場に相応しい表情を伴った言葉を一般に「語り」と言う。教師は「語り」によって子どもたちを導かねばならない。それが教師の仕事である。

 学級づくりにおいて,学級担任がこうした自分らしい,それでいて子どもたちの心に響く「語り」を身につけているか否かは,学級経営の成否を決めるほどの重要な要素である。ある教師は穏やかに,ある教師は和やかに,ある教師は毅然とした態度で,ある教師は精一杯の自分を演出しながら,子どもたちの心に響く「表情」と「言葉」を武器に語る。その「語り」が子どもたちに少しずつ機能していくに従って,その教師らしい「色」が学級に形づくられていく。そういうものだ。

 「語り」は教師に,その人にしか醸せない「味」をつくり出す。その教師なりの「味」を醸し始めたとき,教師は初めて周りの教師たちのだれもが認めざるを得ない存在感を示し始める。そういうものだ。

 本書は「説得」をテーマに,学級担任が子どもたちの意に反して教師の意図に導こうとするときの「語り」について自己分析していただくことにした。20人の中堅・ベテランの教師に,自らの教師としての「語り」の妙を披露していただく。そういう企画である。

 本書が「教師力」を身につけたいと願う若い教師たちの一助となれば,それは望外の幸甚である。


   /堀 裕嗣

著者紹介

堀 裕嗣(ほり ひろつぐ)著書を検索»

1966年北海道湧別町生。北海道教育大学札幌校・岩見沢校修士課程国語教育専修修了。1991年札幌市中学校教員として採用。学生時代,森田茂之に師事し文学教育に傾倒。1991年「実践研究水輪」入会。1992年「研究集団ことのは」設立。

現在,「研究集団ことのは」代表,「教師力BRUSH-UPセミナー」顧問,「実践研究水輪」研究担当を務める傍ら,「日本文学協会」「全国大学国語教育学会」「日本言語技術教育学会」などにも所属。

「THE 教師力」編集委員会著書を検索»

土作 彰   奈良県広陵町立広陵西小学校

駒井 康弘  青森県弘前市立第三大成小学校

福山 憲市  山口県下関市立勝山小学校

多賀 一郎  追手門学院小学校

山寺 潤   北海道奥尻町立青苗小学校

山田 洋一  北海道北広島市立大曲東小学校

大谷 和明  北海道札幌市立厚別東小学校

虎谷 美智代 福岡県行橋市立行橋南小学校

金大竜    大阪府大阪市千本小学校

糸井 登   京都府立命館小学校

堀 裕嗣   北海道札幌市立札幌中学校

佐瀬 順一  東京都荒川区立第三中学校

肘井 千佳  福岡県北九州市立上津役中学校

山下 幸   北海道札幌市立幌東中学校

杉本 直樹  大阪府大阪市立上町中学校

山本 直恵  新潟県魚沼市立堀之内中学校

渡部 陽介  北海道札幌市立新琴似中学校

吉田 綾子  長崎県平戸市立田平中学校

千葉 孝司  北海道音更町立音更中学校

山本 純人  埼玉県立所沢高等学校

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 説得する人がだれなのかにも大きく影響する。人間力を磨きたい。
      2015/7/340代・中学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ