中学校英語サポートBOOKS
iPadでつくる!クリエイティブな英語授業

中学校英語サポートBOOKSiPadでつくる!クリエイティブな英語授業

新刊

総合85位

インタビュー掲載中

iPadの活用で、生徒のアイデンティティを育む!

本書では、iPad等タブレット端末を活用したセルフィ―ビンゴやレタリングなど、生徒たちに楽しく、将来役立つ意味のある形で英語を学んでもらうための活動を紹介!わかりやすい3stepで、初めての先生でもiPadを効果的に活用することができます。


紙版価格: 2,046円(税込)

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-333013-0
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
対象:
中学校
仕様:
A5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2021年7月30日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

Contents

もくじの詳細表示

はじめに
Chapter1 iPadの活用とクリエイティブな授業
01 これからの英語教育と授業デザイン
02 子ども達を取り巻く環境の変化とテクノロジーの発展
03 iPadの魅力とは
04 Creativityの重要性
05 iPadを活用して子ども達の創造性を解き放つ!
Chapter2 クリエイティブな授業の準備と評価
01 プロジェクターに投影しやすい資料を作る
02 iPadを「ノート」として使う
03 単語テストの練習問題やクイズを「生徒が」作る
04 授業の振り返り動画を作って配信する
05 クリエィティブな学習を評価する
Chapter3 実践!クリエイティブな英語授業
〔L:聞く,R:読む,S1:話す[やり取り],S2:話す[発表],W:書く〕
1年
◆be動詞,一般動詞,語彙習得 〔L, S1〕 01 Small Talkをしてみよう
◆be動詞,一般動詞,語彙習得 〔L, S1〕 02 プレゼンテーションをしてみよう―Show and Tell
◆疑問詞 〔R, W〕 03 クイズ大会をしてみよう
◆be動詞,一般動詞(三単現のs),疑問詞,語彙習得 〔S2, W〕 04 自己紹介カードを作ろう―All About Me
◆be動詞,一般動詞(過去形,三単現のs),疑問詞 〔L, S1〕 05 セルフィービンゴで夏休み中の体験を共有しよう
◆中学1年生のまとめ 〔S2, W〕 06 新入生のために学校紹介ビデオを撮ろう
(番外編)◆命令文 〔R, W〕 07 プログラミングを「英語で」学ぼう
2年
◆過去形,過去進行形 〔R, S2〕 08 教科書の文章を4コママンガで要約しよう
◆未来形(will, be going to) 〔L, S2〕 09 教科書の本文をレコーディングしてみよう
◆There is / are(was / were)〜など 〔S2, W〕 10 学校行事での体験を「英語で」表現しよう
◆接続詞(that)など 〔R, S2〕 11 PBL(プロジェクト型学習)を授業に取り入れてみよう
◆過去形 〔R, S2〕 12 歴史上の人物を紹介する偉人チラシを作ろう
◆動名詞 〔R, S2〕 13 テーマソングを作ろう
◆時制(過去形,現在進行形,未来形) 〔S2, W〕 14 テーマ「時空を超える」で短編映画を撮影しよう
◆不定詞 〔R, S2〕 15 社会問題を解決するアプリケーションを開発しよう
◆助動詞 〔S2, W〕 16 世界の名所を紹介するビデオを撮ろう
◆比較級 〔R, S2〕 17 インフォグラフィックで日本と世界を比較しよう
◆中学2年生のまとめ 〔S2, W〕 18 オリジナル小説を書いてみよう
◆中学2年生のまとめ 〔R, S2〕 19 レタリングでオリジナル小説の表紙を描こう
3年
◆中学3年生の導入 〔R, S2〕 20 英語で俳句を詠んでみよう
◆現在完了形,受動態,比較級 〔S2, W〕 21 写真に変化を加えて学習の題材にしよう
◆関係代名詞 〔S2, W〕 22 3年間の思い出をスケッチノートにまとめよう
◆中学3年生のまとめ 〔S2, W〕 23 マルチエンディングの絵本で3年間を振り返ろう
(番外編)◆中学校のまとめ 〔S2, W〕 24 オンラインで様々な学校や人とつながろう
(番外編)◆中学校のまとめ 〔R, S2〕 25 ARを授業に活用してみよう

はじめに

 はじめまして,Apple Distinguished Educatorの和田です。

 普段は英語科の教員として東京成徳大学中学・高等学校に勤務しています。

 この度は,「iPadでつくる!クリエイティブな英語授業」を手に取っていただき本当にありがとうございます。

 GIGAスクール構想により,全ての児童生徒が一人一台パソコン,もしくはタブレットを活用して今後日々の学習を進めることが示されました。この指針によって「授業でパソコンを使えって言われたって,どうすればいいんだろう。」「タブレットなんか渡したって,遊んじゃうだけなんじゃないの?」といった不安要素を急に抱えながら授業をすることになってしまった現場の先生方は少なくないと思います。数年前の私も全く同じような状況でした。

 およそ6年前の2015年から今日まで,とにかく手探りのままiPadを使った授業実践を時間をかけながらなんとか積み上げてきました。

 おかげさまで最近では様々な講演やワークショップ等で登壇する機会も増え,どのようにして効果的にiPadを日々の授業設計に組み込んでいくのか色々な学校種の先生方から質問を受ける場面も多くなりました。

 今回そうしたニーズを受け,ICT機器を扱うのが初めての先生方でも効果的に授業に取り入れ,生徒の力(特に実践的な英語力)を伸ばしていくためのアイデアをまとめていきたいと思います。

 iPadを効果的に授業で活用するために,いくつか押さえる必要があるポイントをきちんと押さえて授業設計をすれば,誰でもiPadを使って内容が濃く,深く,素晴らしい授業ができると断言できます。

 この本のアイデアを様々な授業でご活用いただけたらとても嬉しいです。


   /和田 一将

著者紹介

和田 一将(わだ かずまさ)著書を検索»

東京成徳大学中学・高等学校 ICT活用推進部長 / 英語科教諭

国際交流や英語の授業などを通して,多様な価値観の中で活躍できる創造的な人材育成に取り組む。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ