子どものやる気をどんどん引き出す! 低学年担任のためのマジックフレーズ

子どものやる気をどんどん引き出す! 低学年担任のためのマジックフレーズ

近日刊行予定

子どもたちがみるみる動き出す魔法の言葉かけ

どんなに大声で指示を出しても、うまく伝わらなかったり、全然動いてくれなかったり… そんな時、子どもたちの素直な心をくすぐるマジックフレーズが大活躍!ほめ方・叱り方からトラブル対応まで、「低学年あるある」のケースを押さえた、場面別の言葉かけが満載!


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-317224-2
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
近日刊行
出荷:
2021年2月1日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

ようこそ マジックフレーズの世界へ
第1章 「低学年の子ども」ってどんな人?
1 「低学年」ってこんな人たち
2 マジックフレーズが低学年に効くワケ
Column 「べんきょうってたのしいんだよ!」
第2章 授業で使えるマジックフレーズ
1 はじまりのチャイムの直前に 〇〇さん,正解!
2 まだ,席についていない子がいるとき きのせいかなー?
3 おしゃべりが止まらないとき そらみみかな?
4 授業の始まりに ミッションはこれだ!
5 手を挙げ,発表するのを躊躇する子に 教室はまちがうところ!
6 不適切な発言を制止するとき 授業っぽいものにしてね
7 子どもが答えをまちがえたとき 誰もまちがえないなら先生はいりません
8 詩や絵の課題が苦手な子に うまいとか下手とかありません
9 課題を提示するときに やりかたはこうだよ&あと○分だよ
10 字を書くのが雑な子に もっときれいな字を書けること,知っているよ
11 課題に向かえない子に これじゃあ○○(名前)の無駄遣い!
12 進度の差ができたとき “お助け”お願い!
13 時間内に課題が終わらない子に …のときにやりましょう
14 授業の終わりに …がわかったかな?
Column 「そのまんまでいい」なら学校はいらない。
第3章 日常場面で使えるマジックフレーズ
15 いつでも,どこでも,何度でも みんなを幸せにするためにここにいるよ!
16 望ましい行動を求めるとき お天道様が見ています!
17 「どうすればいいですか?」と聞かれたとき どうすればいいと思いますか?
18 「〜していい?」と個人的に聞かれたら みんなに聞いてみよう
19 悪口をたしなめるとき 悪口を言うのは,天に唾を吐くのと同じ
20 言葉使いをたしなめるとき どこで覚えたのですか? 今すぐ忘れなさい!
21 不適切な言葉を言いたがる子に お下品禁止!
22 ルールを逸脱したとき 知っていましたか? 知りませんでしたか?
23 思い通りに行かなかった子に 人生には,そういうこともある!
24 小さなことで不満を言うとき ちっぽけなことでは怒りません!
25 投げやりになっている子に あなたが〇〇なのは,先生がイヤです!
26 子どもが話を聞けないとき マミ先生は,ゴキゲンナナメ!
27 ぶったりけったりしてしまう子に どんな理由があっても,暴力した方が悪いです
28 いじめ防止を目指して さとうたえこちゃんの話をするよ
29 「先生キライ!」と言われたら… 先生はあなたがだーいすき!
30 すこしの機会があるたびに あいしてる。ありがとう。あなたのおかげ。
Column みえないけれどたいせつなものもつたえたい
第4章 けんかやトラブルで使えるマジックフレーズ
31 トラブルを訴えられたとき その1 給食を食べているときに聞きます
32 トラブルを訴えられたとき その2 「なんで」を使わないで伝えましょう
33 順番を争う子どもたちに ゆずれた人が幸せになれます
34 イヤなことを言われた子に 言った人が間違い。本当は違うよ。
35 けんかの解決法 その1 次の3つから選びます
36 けんかの解決法 その2 悪いことしたなあと思う人は手を挙げて
37 けんかの解決法 その3 この先,ふたりはどうなりたいの?
38 けんかの解決法 究極 もういい! 思う存分やりなさい!
39 ものかくし・らくがき・いじめ などがあったとき やった人が幸せじゃないのかなって,心配です
40 暴言・暴力のある子に ちがう言い方・ちがうやり方を練習するよ
Column 「楽しかったです,また行きたいですって書いとけ!」
第5章 行事で使えるマジックフレーズ
41 待機や鑑賞の態度を指導するとき その1 みんなが「いい子」って思われないのはイヤ!
42 待機や鑑賞の態度を指導するとき その2 まぼろしかなー?
43 運動会・学芸会で演技を教えるとき 鬼先生にヘンシン!
44 動きや演技に自信がない子に そうそう! それでいいんだよ!
45 きちんと並べてないことを叱るとき できない人には,言いません
46 練習中の態度が良くないとき もしかして,うっかりしちゃった?
47 演技に磨きをかけるとき これじゃあ,先生は満足しないよ!
48 本番の直前に 見ている人を幸せにするよ!
Column どの子も1/30
第6章 通常級での特別支援のマジックフレーズ
49 クラスの子どもたちへ 大目に見よう & 応援してあげよう
50 やることを説明するとき @・・・A・・・B・・・
51 他の子と同じ行動を促すとき できますか,できませんか
52 ルールを伝えるとき いけません。ダメです。
53 問題行動のその後で ……我慢できなかったんだね
54 事情のある家庭の子どもに おうちのひとができなかったら先生とやろう
Column 保護者へのまなざしをアップデート
第7章 おうちのひとにもマジックフレーズ
55 学年がはじまるときに 私たちは,同じ目標をもつ仲間です
56 連絡帳のやりとりで ご連絡ありがとうございます
57 おうちのひとと共有したいこと その1 きっと,だいじょうぶ
58 おうちのひとと共有したいこと その2 子どもは3つの顔を持っています
59 おうちのひとと共有したいこと その3 子どもの話は小さな「曇りガラス」
60 家族支援者としてのメッセージ 子どもの“いる”を喜んで
『低学年担任のためのマジックフレーズ』制作裏話

ようこそ マジックフレーズの世界へ

 この本に載っているマジックフレーズはすべて,私の現場経験から編み出したものです。


 ……なんて言うとカッコいいけれど,実際には,子どもとまみれる日々の中で苦し紛れに口から出た言葉が,思いのほか効果的だったので,だんだん定番化していった,というほうが真実に近いかな。


 だから,“立派”な先生が読んだら,眉をひそめるようなフレーズもあるかもしれません。


 とはいえ,私は,誰になんと言われようと,私なりのポリシーをもって,日常的にこれらの言葉を使っています。だから,この「低学年担任のための マジックフレーズ」を,自信をもってここに発表します!


 嘘です。


 こんな,学校的価値から外れ気味のアイデアを,苦し紛れの現場アイデアを,公にしてしまっていいのだろうか,いったい,誰になにを言われてしまうのだろうと,実は戦々恐々としています。


 それでも,そんなドキドキを超えて,皆さんの前に私の手の内をさらけ出すのは,「これによって,少しでも,学級経営がラクになる先生がいたらいいなあ」と夢見るからです。


 著作権とか知的財産権とか,いろいろ世知辛い世の中で,学校の先生の,自分のアイデアを惜しげもなく皆に分け与える文化は,とても貴重なものだと私は思います。

 学芸会の台本から,授業のアイデアや当番のやり方に至るまで,「それは私が考えたのだから,使用料をください」なんて言う先生はいません。

 それどころか,教師から教師へと,いいアイデアは,どんどん,どんどん拡がっていく。「あー,そのワークシート使わせて」「どーぞ,どーぞ」という会話は,どこの学校にもある日常風景です。


 私は,先生方のこの優しさが大好きです。

 そしてその後ろ側にあるのは,子どもに少しでもいいものを届けたいという想い。自分が教えている子でもそうでない子でも,それは同じこと。


 というわけで,私もこの文化の一端を担って(端っこにかろうじてぶら下がっているくらいでしょうが),この本を通じて,いくばくかでも,先生方のお役に立てるアイデアが提供できていたらいいなあ,と強く思っています。


  2020年12月   /林 真未

著者紹介

林 真未(はやし まみ)著書を検索»

雑誌記者を経て,家族支援者を志す。3児の子育てをしながら,通信教育でカナダ・ライアソン大学家族支援職資格課程を修了し,日本人初のファミリーライフエデュケーターに。

公立小学校教員。子育て支援NPO法人「手をつなご」理事。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ