数が苦手な子のための計算支援ワーク3 計算力を高める発展トレーニング編

数が苦手な子のための計算支援ワーク3 計算力を高める発展トレーニング編

コピーして使える!どの子も必ずできるようになるワーク

数に苦手さを抱える子どもが、生きて働く力を身に付けるためのワーク集。「計算力を高める発展トレーニング編」では、1000までの数に取り組み、たし算・ひき算の筆算を学ぶことで、より日常生活に即した準備と演習ができます。


紙版価格: 2,200円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子版価格: 1,980円+税

Off: ¥220-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-282415-9
ジャンル:
特別支援教育
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 112頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年7月23日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

巻頭言
─どの子も伸びる 主体的・対話的で深い学びの実現─ /菊池 省三
まえがき
第1章 「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った計算指導
1 「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った指導
2 計算指導の単元のポイント
第2章 10のたばのくり上がり・くり下がりのない計算
1 10のたばのたしざん
[ワーク]
くりあがりのない10のたば+10のたば〔タイルつき〕
くりあがりのない10のたば+10のたば〔おかねつき〕
くりあがりのない10のたば+10のたば
2 10のたばのひきざん
[ワーク]
くりさがりのない10のたば−10のたば〔タイルつき〕
くりさがりのない10のたば−10のたば〔おかねつき〕
くりさがりのない10のたば−10のたば
3 くりあがりのないたしざん(2けた+1けた/1けた+2けた)
[ワーク]
くりあがりのないたしざん(2けた+1けた/1けた+2けた)〔タイルつき〕
くりあがりのないたしざん(2けた+1けた/1けた+2けた)〔おかねつき〕
くりあがりのないたしざん(2けた+1けた/1けた+2けた)
4 くりさがりのないひきざん(2けた−1けた)
[ワーク]
くりさがりのないひきざん(2けた−1けた)〔タイルつき〕
くりさがりのないひきざん(2けた−1けた)〔おかねつき〕
くりさがりのないひきざん(2けた−1けた)
5 くり上がりのないたし算(2けた+2けた)
[ワーク]
くり上がりのないたし算(2けた+2けた)〔タイルつき〕
くり上がりのないたし算(2けた+2けた)〔お金つき〕
くり上がりのないたし算(2けた+2けた)
6 くり下がりのないひき算(2けた−2けた)
[ワーク]
くり下がりのないひき算(2けた−2けた)〔タイルつき〕
くり下がりのないひき算(2けた−2けた)〔お金つき〕
くり下がりのないひき算(2けた−2けた)
第3章 1000までの数にチャレンジ
1 100のたばの数字の読み方
2 1000までの数
[ワーク]
タイルから数字(200から999までの数)[1][2]
お金から数字(200から999までの数)[1][2]
3けたの数けいれつ[1][2]
3けたの数直線[1][2]
3 10のたば・100のたば
[ワーク]
10のたばと100のたば[1][2][3]
4 くり上がり・くり下がりのある10のたばのたし算・ひき算
[ワーク]
くり上がりのある10のたばのたし算[1][2]
くり下がりのある10のたばのひき算[1][2]
第4章 たし算とひき算の筆算
1 筆算の記述方法
2 5段階式筆算
[ワーク]
2けた+2けたのくり上がりのないひっ算
1けた+2けた/2けた+1けたのくり上がりのないひっ算
2けた+2けたの一の位がくり上がるひっ算
2けた+2けたの十の位がくり上がるひっ算
2けた+2けた/2けた+1けたのくり上がりが2回あるひっ算
2けた−2けた/2けた−1けたのくり下がりのないひっ算
2けた−2けた/2けた−1けたのくり下がりのあるひっ算
3けた−2けたのくり下がりが1回あるひっ算
3けた−2けたのくり下がりが2回あるひっ算
3けた−2けたのくり下がりが2回あるひっ算(ひかれる数の十の位が0)
3けた+3けたのくり上がりのないひっ算
3けた+3けたのくり上がりが1回あるひっ算
3けた+3けたのくり上がりが2回あるひっ算
解答
付録 学習指導計画・チェックリスト
あとがき

巻頭言

 ─どの子も伸びる 主体的・対話的で深い学びの実現─

   「菊地道場」道場長 /菊池 省三


 本シリーズは,多様な子どもの学びを引き出す算数科指導のヒントが,具体的に示されている画期的なシリーズである。大江氏は,既存の特別支援教育における指導法を20年以上の実践から丁寧に見直し,子どもたちが将来,自分の居場所をつくっていける教育のあり方を自分たち教師に示している。

 平成28年の秋,大江氏から本シリーズに対して「解説を書いてもらえないだろうか」と連絡があった。数日後,大江氏から,シリーズの分厚い本が届いた。すぐに開封して読むとともに,大江氏から直接話を聞いた。私は,「この本は,特別支援教育の現場で結果が出せる素晴らしい本である」と痛感し,本書の解説執筆を快諾した。

 本シリーズに関する率直な感想は,下記の7点である。


@結果が出る本である。また実際,結果を出している。

A多様な指導法やプリント集,アプリの活用法を紹介している。

B詳細な指導カリキュラムをつくっているので,系統的に取り組める。

C特別支援教育の算数科において,何をどのように教えるべきかを明確に掲載している。

D教科書に沿っている。

E主体的・対話的で深い学びの視点に立った指導がされている。

F家庭と連携して取り組める。


 学校現場はもちろん,保護者の方々にも,ぜひ活用していただきたいシリーズである。

著者紹介

大江 浩光(おおえ ひろみつ)著書を検索»

1963年10月1日 和歌山県東牟婁郡串本町古座で生まれる

1987年4月 鹿児島県の小学校教諭になる

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ