板書&イラストでよくわかる
365日の全授業 小学校国語 1年上

板書&イラストでよくわかる365日の全授業 小学校国語 1年上

好評2刷

インタビュー掲載中

国語の授業づくりをマルッと1年フルサポート!

年間306時間もある国語だからこそ、日々の授業を充実させたい!そう願いつつ、多忙な先生に。子どもに伝わる授業づくり、苦手さのある子への配慮点等を凝縮して紹介。「おむすびころりん」や「くじらぐも」等有名教材だけでなく全授業をサポート。【光村図書版】


紙版価格: 3,300円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-276113-3
ジャンル:
国語
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 320頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年11月22日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
本書の使い方
第1章 授業づくりのポイント 1年
これからの時代に求められる学力,及び国語の力
特別な支援を要する子も包み込む授業づくり
1年生の実態×指導内容×配慮事項
第2章 365日の全授業 1年上
あさ
さあ はじめよう なんて いおうかな/どんな おはなしかな/どうぞ よろしく/こえの おおきさ,どう するの/うたに あわせて あいうえお/ことばを つくろう
えを みて はなそう
かきと かぎ
あさの おひさま
はなの みち
ぶんを つくろう
ねこと ねっこ
わけを はなそう
おばさんと おばあさん
くちばし
おもちやと おもちゃ
おもいだして はなそう
あいうえおで あそぼう
おおきく なった
おむすび ころりん
たからものを おしえよう
はをへを つかおう
すきな こと,なあに
おおきな かぶ
ほんは ともだち
こんな ことを したよ
いちねんせいの うた
はなそう,きこう なつやすみの ことを はなそう
ひらがな あつまれ
おはなしを たのしもう ゆうやけ
かたかなを みつけよう
よんで たしかめよう うみの かくれんぼ
かんじで かこう かずと かんじ
※本書の構成は,光村図書出版株式会社の教科書を参考にしています。

はじめに

 現行学習指導要領で小学校の国語科の授業時数は,1年で306時間,2年で315時間,3・4年で245時間,5・6年で175時間と定められており,時間割を見れば毎日のように国語の授業があるはずです。

 日々の授業の積み重ねが子どもを伸ばします。これだけの時間を使って子どもたちに国語の力を身に付けさせることが求められています。しかし,忙しい中,ゼロから教材研究を重ね,毎単元・毎時間の授業を組み立てていくのは至難の業です。特に,若い教師にとっては学校生活すべてが初めてのことばかりでしょう。

 そこで,下記を目指して本書を企画しました。


 ・朝,授業前にパッと目を通すことでいい授業ができるようになる本

 ・365日,国語の全授業が詰まっている本

 ・この1冊さえ手元に置いておけば安心! と思っていただける本


工夫したのは,下記の3点です。


授業の流れを4コマのイラストでビジュアルに!

〜@導入→A展開1→B展開2→Cまとめが一目で分かる〜


板書例を実物イメージのまま掲載!

〜実際の板書イメージを大切に授業が見通せる〜


今日の授業のポイント/苦手さのある子への対応 など

〜ちょっと先輩が「今日はココが注意」とささやくようなアドバイスを〜


 まずは本書から,国語授業の楽しさやコツを知っていただき,先生方の日々の授業の一助となれば幸いです。


  編著者一同

   /岩崎 直哉(1年)・宍戸 寛昌(2年)・藤井 大助(3年)

   /山本 真司(4年)・小林 康宏(5年)・弥延 浩史(6年)

著者紹介

岩崎 直哉(いわさき なおや)著書を検索»

神奈川県横浜市生まれ。

東京学芸大学教育学部卒業。

新潟県内の公立小学校に勤務。

上越教育大学教職大学院において、専門職学位課程修了。

国語“夢”塾著書を検索»


※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ