中学校教師のためのポジティブ言葉かけ大全
ネガ→ポジ変換でガラッと変わる!

中学校教師のためのポジティブ言葉かけ大全ネガ→ポジ変換でガラッと変わる!

近日刊行予定

ついついネガティブな言葉かけに陥ってしまう先生必読!

日常生活の中でついネガティブに捉えがちな生徒の側面をポジティブに捉え直す視点と、生徒の心にスッと入っていく柔らかいフレーズを、対人関係、行動、性格などのジャンルに分け、たくさん集めました。学級経営、生徒指導における言葉かけがガラッと変わります。


紙版価格: 2,310円(税込)

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-257132-9
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
中学校
仕様:
四六判 224頁
状態:
近日刊行
出荷:
2022年8月29日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

はじめに
第1章 ネガポジ変換で言葉かけがガラッと変わる!
役に立つ場合を考えてみる
プラスの価値を見いだす
言葉の意味を言い換える
因果関係を考える
第2章 生徒の心にスッと入るポジティブ言葉かけ100
1 対人関係【友人】
001 いつも同じメンバーで固まる生徒
気の置けない友だちと一緒にいるって,安心感があるよね
002 友だちが少ないことに悩む生徒
友だちの数とその人の価値は関係ないんだよ
003 独りでいることが好きな生徒
独りが好きなのも個性だよ
004 友だちに感情をぶつける生徒
自分の思いを伝えるのに一生懸命だったんだね
005 周囲とのトラブルが多い生徒
自分の考えをしっかりもっているね
006 まわりの意見に左右されやすい生徒
まわりの人の意見を素直に受け入れることができる人だよね
007 小さなことを気にし過ぎる生徒
気配りの達人になれるかもしれないね
008 空気が読めない生徒
雰囲気に流されないで自分らしくいられるのもいいことだよ
009 自分勝手な生徒
みんなの意見も聞きながら,自信をもってできるといいね
010 友だちに辛辣な生徒
伝え方だけちょっと工夫できるといいね
011 自分から話をしない生徒
聞き上手だね
012 人の意見を聞かない生徒
みんなに新たな気づきを与えてくれる存在だね
013 聞く耳をもとうとしない生徒
気づかってくれる友だちに気持ちを理解してもらえる伝え方を考えてみて
014 他者を気にし過ぎる生徒
気にし過ぎじゃなくて,人より心配りができるってことだよ
015 友だちとの距離感がつかめない生徒
だれとでも物怖じしないでつき合えるのは,すばらしいね
016 人づき合いが苦手な生徒
相手の気持ちを思いやることができる,細やかな人だね
017 下級生にいばる生徒
責任を果たそうという気持ちはとても立派だよ
018 友だちにちょっかいを出す生徒
だれとでもすぐに打ち解けることができるのは才能だね
2 対人関係【教師】
019 反抗的な態度の生徒
強制はしないから,自分でよく考えて
020 改善する意思を示さない生徒
先生と一緒に考えてみよう
021 揚げ足を取ろうとする生徒
目のつけどころがいつも鋭いね
022 教師の服装をチェックする生徒
先生に関心をもってくれてうれしいよ
023 教師によって露骨に態度が変わる生徒
それだけ意欲高く取り組めることがあるのはすばらしいね
024 教師に判断を委ねる生徒
たまには自分の気持ちに素直になってみるのもいいんじゃないかな
3 行動
025 持ち物が多い生徒
きっちり管理したいんだね
026 ものの扱いが大ざっぱな生徒
こだわり過ぎないことが大切な場合もあるよね
027 片づけができず身の回りが乱雑な生徒
このロッカーで困ることがないのなら,視野が広いんだね
028 声が大き過ぎる生徒
大きい声が役に立つ場面は,たくさんあるんだよ
029 言葉がきつい生徒
凛としていて,気持ちが引き締まるときもあるよ
030 喧嘩っ早い生徒
怒りたくなったら,テンカウントしてみよう
031 夜更かししてしまう生徒
それでもやるべきことを,ちゃんとやれるのは立派だよ
032 ものが捨てられない生徒
先のことまで考えられるのは立派だね
033 提出物がなかなか出せない生徒
時間はかかっても,中途半端で終わらせない姿勢は立派だよ
034 動作が荒っぽい生徒
大胆なところも,あなたの魅力の1つだね
035 いたずら好きの生徒
あなたらしい遊び心を,他のことで発揮してほしいな
036 けじめがない生徒
その集中力はすごいね
4 性格
037 感情的になりやすい生徒
その感性を表現活動で生かしてみるといいよ
038 わがままな生徒
バランスも考えられるようになるといいね
039 自己肯定感が低い生徒
謙虚な人は,たくさんのよい学びや人間関係に恵まれるんだよ
040 無口な生徒
みんなの話をよく聞いている分,思慮深いね
041 無愛想な生徒
正直で信頼できる人だということだよ
042 忘れっぽい生徒
嫌なことも忘れられて,くよくよしないというよさがあるね
043 話し方やしぐさが幼い生徒
ずっと純粋でいられるのは,うらやましいくらいのことだよ
044 素直に謝れない生徒
芯が強いことは,自立した生活をするには大事だね
045 気が弱い生徒
まずはそういう自分に自信をもってみるといいよ
046 暗い印象の生徒
落ち着いているとか控えめと考えれば,それはよさだよ
047 はずかしがり屋の生徒
相手がどう受け取るかを想像できるのは,すばらしいことだよ
048 うっかりが多い生徒
そういうおおらかなところは,あなたのよさでもあるね
5 朝の活動
049 活動に取りかかれない生徒
いろいろなことに気づいて,先の見通しをもとうとしていてすごいね
050 すぐに飽きてしまう生徒
さっと切り替えられるのは,頭の回転も速いからだね
051 朝が苦手な生徒
脳が活動してくれば,やる気も右肩上がりだね
6 授業・学習
052 話を聞いていない生徒
声が耳に入らないほど集中できるのは,すばらしいことだよ
053 おしゃべりが多い生徒
なんでそう思ったのか,クラスのみんなに教えてもらえますか
054 意見や考えを発言できない生徒
考えをノートに書いて,まとまったら,後で聞かせてください
055 声が小さい生徒
みんながよく聞くようになるから,小さい声もいいものだよ
056 聞きながら書けない生徒
同時にできないなら,分けてやってみよう
057 屁理屈が多い生徒
頭の回転が速いね,先生の負けだ
058 字が乱暴な生徒
文字を素早く書こうとがんばっているんだね
059 話合いで発言しない生徒
話合いでは,意見のまとめ役も大切な存在なんだよ
060 教科の好き嫌いが激しい生徒
興味関心のある分野をもっているのは強みだよ
061 集中力がない生徒
1つに集中しにくいのは,気づきの範囲が広いということでもあるね
062 発表が少ない生徒
先生や友だちの話をよく聞いているよね
063 間違いが多い生徒
何度も間違うってことは,あきらめずに挑戦してるってことだよね
064 がんばっても結果が出ない生徒
がんばって取り組むこと自体に,大きな価値があるんだよ
7 テスト
065 テストを心配し過ぎる生徒
慎重に準備を重ねてきたからこそ心配になるんだよ
066 点数にこだわり過ぎる生徒
1点にこだわるということは,1点を大事にできるということだね
067 よく考えないで答える生徒
瞬間的に判断して決断する力が必要なときもあるんだよ
068 迷って書けない生徒
迷って書けないんじゃなくて,慎重に判断していると考えてみて
069 うっかりミスが多い生徒
先生になって採点をするつもりで見直してみるといいよ
070 覚えることが苦手な生徒
忘れやすいということは,新しいことを吸収しやすいということだよ
071 結果を過度に気にする生徒
努力した分だけ結果は気になるものだよ
072 結果に過度に落ち込む生徒
がっかりするのは,真摯に結果と向き合っている証拠だね
8 給食
073 食べるのが遅い生徒
食事は味わって食べるのが一番なんだよ
074 偏食の生徒
もやし1本でも,がんばって食べているんだね
075 食べる量が多い生徒
しっかり食べられる人は,食べ物を大事にしている人だよ
076 食べる量が少ない生徒
自分の食べる量がわかっていて,無理をしないことも大事だよ
077 片づけが雑な生徒
他の人のやり方をよく見て,真似してみよう
9 清掃
078 不器用な生徒
一生懸命さは伝わってくるよ
079 ふざける生徒
意外な一面を知られてよかったよ
080 清掃の必要性を感じていない生徒
物事を合理的に考えられるんだね
081 遅れて来る生徒
遅れてでも参加していることは立派だね
082 取りかかりが遅い生徒
道具を持つところまでは意識しているから,やる気は十分だよね
083 班員に命令してしまう生徒
時には優しさやほめることも有効だよ
10 放課後
084 部活動に悩みを抱える生徒
努力家で忍耐強い自分に,もっと自信をもっていいんじゃないかな
085 いつまでも教室に残っている生徒
教室で安心してくれる人がいて,先生もうれしいです
11 服装・容姿
086 名札をつけ忘れる生徒
存在感100%を目指してね
087 外見を気にし過ぎる生徒
よく気づかいができるなって,関心しているよ
088 制服を着崩す生徒
ルールの中でちょっとした遊び心を発揮できるといいね
089 だらしなく見られがちな生徒
そういうおおらかなところもあなたのよさだよ
090 容姿に自信がもてない生徒
友だちと比べてしまうのは,「こうなりたい」という目標をもっているということ
091 化粧をして登校した生徒
どんなことでも研究熱心だね
12 行事
092 おしゃべりが多い生徒
みんなも知らず知らず助かっているときがあると思うよ
093 つまらなそうにしている生徒
気が進まないことにもちゃんと取り組めるのは,あなたのよさだね
094 何をすればよいかわからない生徒
視野が広いから,いろんなところが見えるんだね
095 何でも教師に確認しに来る生徒
物事を丁寧に進められるのは,あなたのよさだね
096 いいかげんな生徒
おおらかなあなたは,グループのムードメーカーにもなっているね
097 本番であがってしまう生徒
心配になるほどがんばったんだから大丈夫だよ
098 みんなをまとめられない生徒
納得するまでみんなの意見を聞いてみよう
099 自己主張が過剰な生徒
大事なのはタイミングだね
100 カッとなってしまう生徒
本気でがんばっているからこそ,納得できないことがあるんだね

はじめに

 生徒を見ていると,どうしても不足しているところや不十分なところが目についてしまう。

 生徒が作業や活動をしているのを見ていると,いらだってきてついひと言言いたくなってしまう。

 生徒のネガティブな面ばかり探しているようで,自分が嫌になる。


 そんな先生は多いのではないでしょうか。

 しかし,ご心配には及びません。

 それが普通だからです。


 人は,ポジティブな面よりも,ネガティブな面により多く気づくようにできているそうです。その方が,生きていくうえで便利なのです。ネガティブな面にいち早く気がつくことによって,危険を避けることができるからです。


 とはいえ,ネガティブな面にばかり着目したり,指摘されたりしていては,楽しくありません。チャレンジする意欲も減退してしまいます。

 特に学校では,生徒の意欲を高めて,主体的な活動を促すことも大切ですから,ネガティブな面よりもポジティブな面を認めて励ましていく必要があります。

 そこで有効なのが「ネガポジ変換」です。

 生徒を見ていて目についたネガティブな面をポジティブな面に変換して伝えます。

 ポジティブな面を認め励ますことは,生徒の自己肯定感を高め,活動の意欲を高めることにつながるでしょう。


 もちろん,目についたネガティブな面をことごとくポジティブな面に変換して伝えることは難しいと思います。また,そうすることが必ずしもよい結果を招くとは限りません。そうではなく,

 生徒の心が疲れているなと思われたとき,

 自信を失っているなと感じられたとき,

 ネガティブな言葉かけが多いなと気づいたとき,

 学校生活の中で,そのような「ここぞ」というときに,意識してポジティブな言葉をかけることができたら,その言葉は生徒の心に染み込むように響いていくのではないでしょうか。


 本書の「ネガポジ変換」を有効に活用されることで,先生方と生徒との間に良好な関係が築かれ,生徒の自己実現に少しでもお役立ていただくことができれば,大変ありがたいことと思います。


  2022年8月   /山中 伸之

著者紹介

山中 伸之(やまなか のぶゆき)著書を検索»

1958年栃木県生まれ。宇都宮大学教育学部卒業。栃木県公立小中学校に勤務。

●研究分野

国語教育,道徳教育,学級経営,語りの教育

日本教育技術学会会員,日本言語技術教育学会会員

日本群読教育の会常任委員,「実感道徳研究会」会長

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ