博愛−ホワイト学級づくり
正攻法で理想に向かう!クラス担任術

博愛−ホワイト学級づくり正攻法で理想に向かう!クラス担任術

好評3刷

インタビュー掲載中

教師の「愛」で気になる「あの子」をプロデュース!

子どもが大好き!という教師になったその時の、真っ白な気持ちを覚えていますか?その思いを胸に「優しい教師であること」「面白い授業をすること」「どの子の力も伸ばすこと」を大切にしましょう。教師の「愛」で正しく理想に向かうクラスのつくり方を紹介します。


紙版価格: 1,800円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-210717-7
ジャンル:
学級経営
刊行:
3刷
対象:
小学校
仕様:
四六判 192頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年10月22日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

はじめに
プロローグ 教室の中心で愛を叫ぶ
子どもは純粋無垢に信じるものだ!
子どもは真っ白な心で「ごめん」と言えちゃう!
子どもの理想郷を創るのだ!
子どもが大好き! 教室の中心で愛を叫ぶ
第1章 「教室の中心で愛を叫ぶ」教師の創り方
大丈夫。未来はあなたの手の中に
砂糖菓子より、あなたの優しさを
好きだから、優しい
1粒の笑顔×20の優しさ
ただし○○に限って、約束を100%守ります
ピンチから、あなたを必ず救うホワイトナイト
子どものすべてを受け止めよう
全力のリアクションが私の優しさ
ホワイトライ(罪のないウソ)がその気にさせる
子どものウソをスルーできますか?
子どもへの愛が湧き出す泉を探せ
愛は思い込んで叫ぶもの
少しの距離が愛おしさを呼ぶ
第2章 光を与える学級づくり・ホワイトマジック(白魔術)
巨匠に学ぶホワイトマジック(白魔術)
「普通の子」を目に入れたら、40人がわかる
始業式には「普通の子」の名前を唱えよう
やんちゃな子には、ヒット&アウェイ
デキる子とは、遠距離恋愛
いじられやすい子のためにこそ、周りをあたためる
勉強が苦手な子をプロデュース!
たった一人の子どものためにこそ
めざせ!ポジティブ教師
叱られて伸びる子なんていない!
ポジティブ教師になれちゃうレシピ
決め手は、子どもへのあふれる「愛」
第3章 子どもを魅了する授業づくり・ホワイトプラン
子どもと仲よくなれる「さかなやのおっちゃん」低学年編
班ごとに高める「さかなやのおっちゃん」高学年編
教師のひと手間が愛・音読指導
教室の隅々まで、教師のオーラを
指名するにも愛がある
愛を巡らす机間巡指
絵心なくても、愛ある丸つけ
最強の呪文「ノビタカノビテイナイカ」
エピローグ 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
教師とラーメン屋、どこが似ている?
学ぶあなたが持っているもの、それが愛
笑顔こそが愛の始まり

はじめに

 あなたは、白からどんなイメージを連想しますか?

 軽い、軽薄、冷淡、空虚、味気ない

というようなマイナスイメージもありますが、どちらかといえば、

 博愛、潔癖、平和、祝福、勝利、威厳、可能性、純粋、神聖、正義、清潔、清純、無、無限、無垢、明るい、透明感……

など、プラスイメージの方がたくさん思い浮かびますよね。

 風水的には、白は幸せを包み込んで育ててくれる力を持っていて、人間関係を改善するパワーもあるそうです。なんかいいことばっかりですね。


 正攻法で理想に向かって進んでいく。


 白色に関して、私にはそのようなイメージがあります。

 では、学級づくりにおいて、「正攻法で理想に向かって進んでいく」とは、どのようなことでしょうか?


 クラスの子どもたちのことを一人残らず好きであること。

 優しい教師であること。

 面白い授業をすること。

 そして、子どもたちの力を伸ばすということ。


 こんな感じでしょうか。

 「そんなん全部理想やん! できたら苦労せぇへんわ。」

 おっしゃるとおり。確かに、優等生的で模範解答的な答えです。

 でも、あなたはどうして教師になろうと思ったのですか?

 多くの人が、「子どもが好きだから」というまっすぐな思いから教師を目指したのではないでしょうか。そんな初心の頃の真っ白な気持ちを忘れないでいる人、忘れたくない人は、もうしばらく本書にお付き合いください。

 ハッピーエンドが、あなたを待っています。

著者紹介

俵原 正仁(たわらはら まさひと)著書を検索»

1963年,兵庫県生まれ。

通称“たわせん”と呼ばれている。

兵庫教育大学を卒業後,兵庫県の公立小学校教諭として勤務。

「笑顔の教師が笑顔の子どもを育てる」という『笑育』なるコンセプトによるユニークな実践は,朝日新聞,朝日放送「おはよう朝日です」などマスコミにも取り上げられた。教育雑誌に執筆多数。教材・授業開発研究所「笑育部会」代表。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 子どもへの愛が溢れる内容でした。
      2016/7/2120代・小学校教員
    • 勉強になりました。
      2016/4/2330代・小学校教員
    • 見開きですぐに読めます。
      軽い読み物として楽しいですよ。
      2016/3/26ともろん
    • 俵原先生ワールド満載でした。
      2016/3/430代・小学校教員
    • 愛情を持って子供を育てることの大切さを学びました。
      2016/2/1130代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ