改訂版 教師のためのExcelVBA活用法
Excelを200%活用する!初級者のステップアップ読本

改訂版 教師のためのExcelVBA活用法Excelを200%活用する!初級者のステップアップ読本

好評2刷

校務の情報処理能力を飛躍的にアップする教師必読書!

学校ですぐ役立つ基礎的なデータ処理のテクニックが身につく手引書。増補改訂版では、成績票や調査書の作成マクロ、提出物チェックシステム、体育館のスケジュール管理をより詳しく解説し、データ転送マクロ、教科研究会の会計管理(応用)、サンプルマクロなども追加。

*本書籍の電子書籍版(PDF)はサンプルマクロをコピー&ペーストいただけます。


紙版価格: 2,600円+税

送料・代引手数料無料

電子版価格: 2,340円+税

Off: ¥260-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-204024-5
ジャンル:
教師力・仕事術
刊行:
2刷
対象:
小・中・高
仕様:
B5判 136頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年12月17日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

contents

もくじの詳細表示

まえがき
第1章 教育の情報化とExcelVBA
1-1 教育の情報化
1 2つの情報化
1-2 学校現場に直結したパソコン利用
1 パソコン活用とExcel VBA
1-3 VBAマクロによる処理体系の刷新
1 Excelの先にあるもの
2 求められる簡潔明瞭なマクロ
1-4 シンプル イズ ベスト
第2章 ExcelVBAの概要
2-1 VBA・マクロの基礎知識
1 プログラミング言語としてのVBA
2 マクロ
プログラムとしてのマクロ/VBE(Visual Basic Editor)によるマクロ作成
2-2 VBAマクロでできること
1 生徒(児童)名簿から個人情報を取り出すマクロ
2 データを転送するマクロ
3 集計表から個票を作成するマクロ
2-3 VBAマクロ作成の手順
1 「成績票作成マクロ」の作成手順
どのようなマクロを作ればよいのか考える/Excel画面の設計(デザイン)/ VBEを使ってマクロを作成/マクロ実行ボタンを配置/テストラン
第3章 マクロ作成の実際
3-1 マクロ作成のための準備
1 開発メニューの追加
Excel2010・2013の場合/Excel2007の場合/Excel2003の場合
2 列番号の変更
Excel2010・2013の場合/Excel2007の場合/Excel2003の場合
3-2 マクロ基本例題
1 データ転送マクロ1
処理内容/処理の手順
2 データ転送マクロ2
3 データの連続転送マクロ
処理手順/VBEのコードウィンドウにマクロを貼り付ける/ボタンを配置し,マクロを割り当てる
4 DVDレンタル料金算出マクロ
「1日以内」のレンタル料金を求めるマクロ
3-3 ステートメントの意味と役割
1 Ifステートメント
2 Do until 〜 Loop ステートメント
3 For 〜 Next ステートメント
4 Set ステートメント
5 Printout ステートメント
第4章 実践的マクロ作成
4-1 部員照会システム
シートの設計/マクロの作成/コードウィンドウへのコード貼り付け/ボタンの配置とマクロの割り当て
4-2 部員表示システム
シートの設計/マクロの作成
4-3 成績表示システム
シートの設計/マクロの作成
4-4 成績票作成システム
シートの設計/マクロの作成
4-5 教科研究会の会計管理
シートの設計/マクロの作成
4-6 教科研究会の会計管理(応用)
シートの設計/マクロの作成
4-7 出席点呼のマクロ
1 班員表示のマクロ
2 点呼確認処理のマクロ
4-8 提出物チェックシステム
1 提出者登録マクロ
シートの設計/コードの記入
2 未提出者表示のマクロ
4-9 体育館利用のスケジュール管理
1 予約実行のマクロ
2 予約確認のマクロ
4-10 調査書作成システム
シートの設計/マクロの作成
4-11 調査書作成のマクロ(指定印刷)
マクロの作成
4-12 マクロ作成の留意点
システム設計について/誤り対策について
4-13 総合問題(運動会の得点集計マクロ)
システムの概要/処理条件/標準的なマクロ
4-14 サンプルマクロ
1 出張旅費の精算マクロ
処理の概要
2 図書館の蔵書管理のマクロ
処理の概要
あとがき
注)Microsoft Windows,Office,Word,Excelおよびその他本文中に記載されているソフトウェア製品の名称は,すべて関係各社の商標または登録商標です。
本書は著者が実際に操作した結果を慎重に検討し,著述・編集しています。但し,記載内容に関わる運用結果につきましては,責任を負いかねますので,ご了承ください。
本書はExcel2003/2007/2010/2013に対応しています。本書で紹介している各操作の画面は,Windows7(日本語版)とExcel2010(日本語版)を基本にしています。他のOSや旧および最新バージョンのExcelをお使いの環境では,画面デザインや操作が異なる場合がありますので,ご了承ください。

まえがき

 パソコンに象徴される情報化の進展により,社会環境は勿論として,取り巻く生活環境の隅々までが今大幅に変わろうとしています。私たちは18世紀「産業革命」に対峙する「情報革命」の真っ只中に身を置いていることを,まず自覚しなくてはなりません。前者が今日に続く「資本主義社会」を生み出したように,後者は未来につながる「情報社会」を生み出し始めたようです。ところでこの情報化は,情報技術の発展とそれを活用する人々のスキルアップによって実現されるものです。企業においては,「利潤追求」という明白な目標のもと,まさに存亡をかけた真剣さで情報化に取組んできました。「システム課」等の新しい部署を立ち上げるなど,大掛かりな組織再編を通じて,情報専門職の人材育成を積極的に行ってきました。その成果として,専門職がシステムを開発し,一般社員がそれを利用していく,いわば「情報活用の分業体制」が確立され,効率的な情報処理体系が定着しました。

 それに対して学校現場はどうなのでしょうか。企業における「専門職がリードする分業体制」と同様なものは,学校現場においては確認することはできません。許容の範囲を広げて「似たもの」にしたところで,見つけ出すことは不可能です。個別の研修等はあったものの,組織としてコンピュータ専門職を育てるような施策はまったくなかったからです。「パソコンが得意な先生」が,あくまで個人的に業務を遂行していく,こうした善意の積み重ねの上に,学校現場の情報化は成り立っているのです。パソコンが得意な先生の多くいる学校では情報化がスムーズに進展するのに対し,そうでない学校では遅々として情報化が進まない現状が,そこにはあります。いわゆる情報格差の問題です。さらに,A先生がいなくなったらシステムは利用できなくなる等,企業では考えられないような事態が当たり前のように見られるのです。もちろん,教育を行う場としては,効率だけを優先して何から何までIT化する必要はないことは,言うまでもありません。ただ業務の効率化を通じて得られる果実も多いはずで,それが最終的には児童・生徒に還元されることを考えると,簡単に看過できない問題になっています。

 本書はそうした現状の改善を目指し,1人でも多くの教職員を情報専門職の側に組み入れることを考え企画しました。つまり情報化の恩恵を,どの学校でも等しく受けられるように,「分かりやすさ」と「身近さ」にとことんこだわり,広く教職員のIT活用能力の向上を目指したものです。学校業務に関わる例題を多く配置するなど内容の精選を通じ,すぐに役立つ知識・技術の習得を目指しました。よって,本書は少数のパソコン上級者を対象にした専門性を高める本ではありません。より多くの教職員に対して,基礎的なデータ処理のテクニックを身につけていただくことを目標にした手引書であります。各学校が等しく情報化の恩恵を受けることを強く願いつつ,本書の執筆にとりかかったことをご理解ください。


  2015年12月   /井上 豊

著者紹介

井上 豊(いのうえ ゆたか)著書を検索»

第一種情報処理技術者 元国際医療福祉大学准教授

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 必要な技術が学べた
      2017/3/2530代・小学校教員
    • 具体例があり、理解しやすい
      2016/2/1240代・小学校教員
    • サンプルデータをダウンロードできるサービスなどがあるとなおよい。
      2016/1/2730代・小学校管理職
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ