中学2年の学級づくり 365日の仕事術&アイデア事典

中学2年の学級づくり 365日の仕事術&アイデア事典

BEST300

好評4刷

インタビュー掲載中

理想のクラスを実現するための学級担任のネタ帳

始業式までの準備の仕方から、学級の組織づくりの手だて、体育大会・文化祭・合唱コンクールなど行事の盛り上げ術まで、中2担任の仕事術とアイデアが満載! 行事や学校生活の節目などに生徒を前にして語るときの“トークのネタ”も多数収録。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

電子版価格: 1,764円+税

Off: ¥196-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-175228-6
ジャンル:
学級経営
刊行:
4刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 160頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年3月25日
春の教育書フェア
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

Contents

もくじの詳細表示

はじめに
1章 中学2年の学級づくりのポイント 2年で生徒と学級をここまで高めたい!
1 生徒をここまで高めたい!
1 中学生らしさをさらに進化させる
2 学び合うことの価値に気付かせる
2 学級をここまで高めたい!
1 自ら学級をつくっていこうとする雰囲気がある学級
2 先を見て動くことができる学級
3 ユーモアがわかる学級
2章 中学2年の学級づくり 365日の仕事術&アイデア
1 始業式までに
担任としての心構え
教室の環境を整えよう
学級運営を円滑に行うためのルールをつくろう
2 始業式
トークのネタ 始業式の日の教室で
先輩としての自覚を促す教師のメッセージ
自分自身が目指す先輩像を発表しよう!
3 学級組織づくり
トークのネタ 学級の組織づくりを行う場面で
「当たり前のこと10か条」を決めよう!
係・当番活動の掲示物づくり
真の学級リーダーを選ぼう!
リーダー育成,学級経営のビジョンを示そう
4 健康診断・身体測定
トークのネタ 健康診断・身体測定の前に
作業を通して自分の体の成長に気付こう
5 学び方
トークのネタ 授業開きの時間に
授業中の望ましい態度について考えよう!
6 給食
トークのネタ はじめての給食の前に
担任も参加しておかわりジャンケン!
学級全員で目標にチャレンジしよう!
片づけ完了までが給食の時間
7 最初の定期テスト
トークのネタ 最初の定期テストの前に
進路学習を通してテストへの意欲を高めよう
8 部活動
トークのネタ 部活動が本格始動する前に
先輩/後輩としてするべきことを考えよう
9 家庭学習
トークのネタ 家庭学習について
家庭学習に持続的に取り組ませるためのアイデア
10 校外学習
トークのネタ 校外学習の前に
仕事を分担するよさを実感させる手だて
11 1学期の振り返り
トークのネタ 1学期の振り返りの場面で
盛り上がる反省会!?
1学期の通知表
12 夏休み
トークのネタ 夏休みの前に
“長いようで短い夏休み”を意識させるアイデア
日ごろできないことにチャレンジしよう!
トークのネタ 夏休み中の出校日に
出校日後の教師の仕事
13 2学期始業式
トークのネタ 2学期始業式の日に
リーダーとしての意識を高めよう!
14 体育大会
トークのネタ 体育大会に際して
学級の団結を強める種目決め
応援練習にICTを活用しよう!
学級の団結を強める寄せ書きづくり
15 生徒会役員選挙
トークのネタ 生徒会役員選挙の前に
“学校の柱”としてできることを考えよう
16 美術・書写競技会
トークのネタ 美術・書写競技会の前に
ほめることが担任の仕事
17 学級組織づくり(後期)
トークのネタ 学級の組織づくりを行う場面で
学級役員決めは選挙で!
18 文化祭・合唱コンクール
トークのネタ 文化祭・合唱コンクールの前に
生徒の名言が行事を成功に導く!
合唱練習のガイドライン
やる気は「表情・口の開き具合・息継ぎ」に表れる!
19 保護者面談
トークのネタ 保護者面談の前,生徒に
三者面談を親子の会話のきっかけに
2学期の通知表
20 冬休み
トークのネタ 冬休みの前に
生徒をやる気にさせる冬休みの学習法
21 3学期始業式
トークのネタ 3学期始業式の日に
写真で提示する望ましい姿
22 学年末テスト
トークのネタ 学年末テストの前に
テスト勉強に学級の力をフル活用!
23 職場体験学習
トークのネタ 職場体験学習の前に
模擬面接で職場体験学習の準備は万全!
受け入れ先で誤解を受けないために
最低限守るべきことをカードに
24 卒業生を送る会
トークのネタ 卒業生を送る会の前に
生徒中心で会の準備を進める手だて
スライドショーで感動を演出!
25 修了式
トークのネタ 修了式の日に
2年生担任としての別れの演出の仕方
3学期の通知表

はじめに

 職員室の私の前に,教員歴4年目になる青年教師の机があります。目の前にいることもあって,何気ない会話をすることがよくあります。

 2学期の始業式の朝のこと。

 「いよいよ充実の2学期開始だね。学級できっちり話しなよ」

と話しかけると,

 「わかりました!」

という元気のよい返事が返ってきました。そこで,

 「どのような話をするつもりなの?」

と質問したところ,彼は,私に次のように言ったのです。

 「2学期のはじめですから,今学期もがんばろうという話をしたいと思います。でも,『がんばろう』という言葉は出てきますが,話のネタがなかなか見つからないのです…」

 おいおい…と思いながらも,「こうした悩みをもっているのは,目の前の青年教師だけではないな」と考えたのです。

 1年間の学級づくりを考えてみるとき,学級担任として時期ごとに押さえておかなければならないポイントがいくつかあります。そこで,青年教師を育てる意味でも,それらに合わせたトーク例を示すことには大きな意義があるのではないかと考えました。これが,仲間と共にこの本を世に出そうと思う原動力となりました。


 振り返れば,私自身が青年教師だったころは,ストーブを囲んで,先輩たちから様々な学級づくりのアイデアや仕事術を伝授されていました。今ではすっかり死語となった,いわゆる「ストーブ談義」というものです。

 「学級目標を決めることを焦ってはいけないよ。まずはそれぞれが考える理想の学級像を書かせることだ。それらを発表させて,グルーピングしていくんだ。こうして徐々に徐々に,互いの思いをすり合せていく。ここが大切なんだ」

 「合唱コンクールに向かって,日に日にまとまっていく学級があれば,バラバラになっていく学級がある。その違いはどこにあると思う? 担任が様々な練習方法を知っていることもその1つだ。練習方法を変えると,生徒たちの気持ちも変わるんだよ。当然,合唱も変わってくるというわけだ」

 「君の学級の掲示物には動きがないね。動きのある掲示物というのは,学級の今が見える掲示物のことだ。例えば,行事ごとに自分の目標を色紙に書かせて,それを掲示すればいい」

 「担任が提出物を集めず,係を動かすことだ。係を鍛えると,担任は随分楽になるよ。うちの学級は,提出物は上下をそろえ,名簿順に重ねて持って来るように指示してあるから,点検はあっという間に終わっているよ」

 このように,学級づくりに際してのアイデアや押さえるべきポイント,さらには仕事術を,先輩は惜しげもなく語ってくれました。

 この本は,こうしたベテラン教師の語りを紙上に再現していることが,特長の1つになっています。


 今回の企画・編集をしていただいた明治図書の矢口郁雄さんには,『スペシャリスト直伝! 中学校数学科授業成功の極意』をはじめ,多くの拙著を担当していただいています。この本も,矢口さんの高い編集力のおかげで,とても読みやすく,使いやすい本になりました。自信をもっておすすめできる,365日活用できる学級づくり本ができました。


  2015年2月   編著者 /玉置 崇

著者紹介

玉置 崇(たまおき たかし)著書を検索»

1956年生まれ。公立小中学校教諭,国立附属中学校教官,中学校教頭,校長,県教育委員会主査,教育事務所長などを経て,現在,愛知県小牧市立小牧中学校長。

文部科学省「教育の情報化に関する手引作成検討会」構成員,「学校教育の情報化に関する懇談会」委員,中央教育審議会専門委員を歴任。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 実践的な内容で参考になった。
      2017/7/1340代・中学校教員
    • 中学二年生を1年間でどのようにサポートしていけばよいか、具体例をもとに提案されていて、イメージしやすい。
      2016/2/2320代社会科教員
    • 中学校2年生で起こりうる事柄を先取りして読める本
      2015/7/340代 中学校
    • 1年間の重要なタイミングに合わせた、指導の工夫が細かくまとまっており、教職10年未満の方にはおすすめ。
      2015/4/16
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ