絵心がない先生のための図工指導のコツ50

絵心がない先生のための図工指導のコツ50

BEST300

インタビュー掲載中

50のコツで、苦手だった図工指導が得意になる!

「絵心がない先生のための図工指導シリーズ」第2弾!今回の書籍では、より実践的に指導のコツに内容を特化しました。「作品選びから授業計画を始めない」「粘土の授業では、乾燥対策を万全にする」など、どんな先生でも明日からできる楽しいコツが満載です。


紙版価格: 2,000円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子版予価: 1,800円+税

2/27刊行予定

ISBN:
978-4-18-158718-5
ジャンル:
図工・美術
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年12月17日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

Contents

もくじの詳細表示

はじめに
1章 絵心がなくても大丈夫! 楽しい図工授業のコツ
1 絵心がなくてもいい本当の理由
コツ1 教科の重要性を知る
コツ2 大人の絵に近づけようとしない
コツ3 ハプニングを楽しむ
コツ4 資質・能力が育つか自問する
2 図工で養う資質・能力を知ろう
コツ5 知識は体験で身につけさせる
コツ6 発想を広げるための手立てを用意する
コツ7 得意でない子も楽しめる授業をめざす
Column ほめようとしないで話を聞く
2章 苦手分野も克服! まずは押さえたい図工授業のコツ
1 造形遊びの指導
コツ8 おおげさに考えすぎない
コツ9 どうするかは子どもに任せる
コツ10 失敗させる
コツ11 材料準備は造形遊びではないと考える
2 絵や立体,工作に表す指導
コツ12 作品選びからスタートしない
コツ13 同じことを繰り返さない
コツ14 めあてを板書する
コツ15 発達段階と経験を考える
コツ16 基本と創造的な技能を分けて考える
コツ17 無駄な努力をさせない
3 鑑賞の指導
コツ18 導入時に鑑賞でイメージを広げる
コツ19 相互鑑賞では子ども同士で交流させる
コツ20 鑑賞の視点を明確にする
コツ21 言語活動を重視する
コツ22 ゲーム性を取り入れる
Column 作品を大切にしてもらうこと
3章 使い方だって上手に教える! 用具指導のコツ
1 紙粘土・軽量粘土
コツ23 乾燥対策を万全にする
2 ローラー・練り板
コツ24 個人持ちえのぐにはのりと霧吹きを用意する
3 金づち
コツ25 金づちは柄を下げないよう気をつける
4 釘抜き
コツ26 テコの原理で釘を抜く
5 ペンチ・針金
コツ27 ペンチを釘抜きとして使う
6 きり・ドリル
コツ28 きりは持ち運び方に気を配る
7 のこぎり・万力・クランプ
コツ29 しっかり固定する
Column グロテスクな表現にどう対応するか
4章 押さえどころがわかれば安心! 発達段階を考えた授業のコツ
1 低学年の指導
コツ30 完成度を高めすぎない
事例1 紐につるそう(造形遊び)
事例2 チョークの優しい色で(絵)
事例3 モールアイランド(工作)
事例4 こすり出して鑑賞(鑑賞)
2 中学年の指導
コツ31 種類と内容の2面から経験を積ませる
事例1 新聞紙の棒で(造形遊び)
事例2 流れる墨から生まれる形(絵)
事例3 光の城(工作)
事例4 アートカードクイズ(鑑賞)
3 高学年の指導
コツ32 子ども自身に知識・技能の活用を考えさせる
事例1 点と線で表そう(絵)
事例2 墨模様の立体造形(工作)
事例3 感情の鑑賞(鑑賞)
Column 残念な教材キット
5章 指導が得意な教科に変える! レベルアップのコツ
1 題材設定のコツ
コツ33 材料の違いで難易度を考える
コツ34 教材キットにたりないものを補う
コツ35 画一的な部分が必要か検討する
2 学習指導のコツ
コツ36 準備に力を注ぐ
コツ37 大きく描くという呪縛から抜け出す
コツ38 失敗を成功に変える
コツ39 待つ
コツ40 線を消さない
コツ41 アクリル系えのぐで輪郭線を描く
コツ42 洗い流す
コツ43 蓋を開けっぱなしにする
コツ44 木工用ボンドにグルーガンを併用する
コツ45 スポンジで塗る
コツ46 壊す時のエネルギーを甘く見ない
3 材料・用具管理のコツ
コツ47 廃物を利用する
コツ48 端材をとっておく
コツ49 色をきらさない管理方法を工夫する
コツ50 用具は終わった時にそろえる
Column 指導上有利に働く要素
6章 コツがひとめでわかる資料集
図工の用具
はさみ・のり・ボンド
えのぐ
カッターナイフ
彫刻刀
電動糸のこ
金づち・釘ぬき
のこぎり
ペンチ
きり
資料集の使い方
おわりに

はじめに

●子どもは楽しいが教師は楽しめない?

 材料を前に歓声を上げたり,目を輝かせて活動したり,中には授業終わりに,「やっぱり図工は楽しいなぁ」と言いながら図工室を出て行ったりする子どももいます。

 このように図工は,子どもになかなか人気のある教科です。しかし,「絵心がないのでうまく教えられない」「どういった作品がよいか判断できない」「図工はとにかくわからない」というように,先生からは難しい教科のように思われていることがよくあります。他の教科のように,これといった正解がある訳ではなく,様々な表現を認めるところに難しさがあるのかもしれません。


●迷いようのない二つのこと

 確かに,私自身,20年以上も専科教員を務めながら,未だに迷いながら図工を教えています。この材料で子ども達は十分活動できるだろうか,資質・能力を伸ばすためには本当にこの授業内容でよかったのか,子どもの思いを尊重することができたのか,考え始めるときりがありません。

 しかし,そんな中でも,当初から迷いようのないこともあります。それは,図工が「教師にとってやりがいのある教科であること」と「子どもに学習させる価値のある教科であること」の二つです。


●教師も楽しむ

 子どもの発想をうまく引き出したり,感性を十分発揮させたりするのは,簡単ではありません。しかし,迷いや困難さを抱えていながらでも,教師が楽しめる魅力が図工にはあります。せっかくですので,子ども達だけではなく,教師も図工を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 そのためのお手伝いとして本書では,図工を指導する上で役立つ情報をコツという形でまとめています。教科の捉え方から廃物利用の話題まで,内容は様々ですが,実際の授業にお役立ていただける情報を厳選しました。


●前著と本書の関係

 本書は私の2冊目の本になります。前著『絵心がない先生のための図工指導の教科書』では,図工の題材設定から年間計画,授業の流れなど指導に関して多くの紙面を割いて説明させていただきました。これで図工指導の全体的なイメージはつかんでいただけたかと思います。

 そこで本書では,子どもの活動の様子や発達段階による違いなどを詳しく取り上げることで,より具体的で実践的な内容になるよう心がけました。一部どうしてもやむをえない部分や再度取り上げる必要のある部分以外は,内容が重複しないように気をつけましたので,前著をお読みいただいた方にも楽しんでいただけると思っています。


●本書の構成

 さて,本書の構成ですが,1章では,絵心がなくていい理由を図工がめざしていることから説明し,また,図工で養う資質・能力をどう捉えるかについて書いています。この章を読んでいただければ,図工は「教師にとってやりがいのある教科であること」と「子どもに学習させる価値のある教科であること」がわかっていただけると思います。

 2章では,造形遊び,絵や工作,鑑賞に分けて,授業の流れの中でどのように子ども達を見取り,指導するのかについて述べています。ここで取り上げた内容については,できるだけ4章の授業案でも取り上げ,実践される場合にもお力になれるように配慮しました。そして,4章は授業案を低・中・高学年に分けることで,発達段階を意識した指導をしていただけるように考えています。

 図工で扱う用具は,基本をしっかりと教えないとうまく扱えないだけでなく,危険を伴うことがあります。そこで,3章では,前著で取り上げていない用具を詳しく解説しました。6章に用具の指導をする際に個人用プリントや掲示物として使える資料をつけておりますので,あわせてご活用下さい。

 そして5章では,題材設定,学習指導,材料・用具管理に分けてレベルアップに役立つコツを紹介しています。


●お役に立てることを願って

 本書はほとんどのページで,見開きで内容が完結するようにしていますので,どこからお読みいただいてもかまいません。授業に困った時,用具の基本を知りたい時,新しい方法はないかと探している時などに,参考になりそうなページを開いていただくような使い方ができるでしょう。もちろん,最初から丁寧に読んでいただければ,これほど嬉しいことはありません。ページのそこかしこに参考になる情報を詰め込んでいますので,必ずや読了していただく価値があるに違いないと信じています。

 では,どうぞ図工の授業に役立つ情報がぎっしり詰まった本編にお進み下さい。この本が,手に取っていただいた方のお役に立てることを心より願っています。

著者紹介

細見 均(ほそみ ひとし)著書を検索»

兵庫県公立学校勤務。

普通学級担任として十数年勤務後,1995年より図工専科教員になり現在に至る。2006年より5年間,市の造形教育研究会の代表を務めた。図工に関する情報発信のため,2009年からは,図工作品アイディア集「図工人」を運営。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 一つ一つのコツがわかりやすいのはもちろんですが、コラムもまた、かゆいところに手が届くというか、とても大切な考え方を教えていただくことができました。図工指導が苦手な私にとって、バイブルとなりそうです。
      2018/10/2930代・小学校教員
    • すぐに手に取り参考にできるのがよい。
      2018/9/2140代・中学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ