自らの意思で判断・決定していく子ども
―問題解決学習×自覚×教師支援―

自らの意思で判断・決定していく子ども―問題解決学習×自覚×教師支援―

子どもが主体的に問題解決学習に取り組む10の事例を収録

アクティブ・ラーニングの源流ともいえる、子どもが生活のなかでの経験を通して、生活をよりよいものにしていく姿を追究する「生活教育」。その理念をもとに、子どもの自覚する場面に着自し、自らの意志で判断・決定していく力を育む授業づくりの理論と実践事例を紹介。


紙版価格: 1,852円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-144912-4
ジャンル:
授業全般
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年9月25日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

巻頭
「生活教育」か「NOT生活教育」か
漫画
未来に伝えていきたい 市民の願い みんなでつくりあげたい 新しい岡崎のかたち@〜B
愛知教育大学附属岡崎小学校の教育
第T章 自らの意思で判断・決定していく子ども
第1節 なぜ,今,「判断・決定」なのか
第2節 求める子どもの姿
第3節 自らの意思で判断・決定していく子どもを育む授業を求めて
1 判断・決定につながる「自覚」とは
2 よりよい判断・決定につながる教師支援
3 求める子どもの姿を具現する問題解決学習の展開
第U章 自らの意思で判断・決定していく子どもを育む授業づくり
第1節 子どもをとらえ,単元を構想する
1 美花をとらえ,願いをかける
2 教材を模索・選定する
3 求める子どもの姿を具現する社会科の問題解決学習の展開
4 単元を構想する
第2節 子どもの問題解決と教師支援
1 問題意識を明確にし,見通しをもって追究に向かう姿を引き出す教師支援
2 追究の自覚を促し,よりよい判断・決定につながる教師支援
3 自分の追究に対して充実感や達成感を感じ,自己の成長の自覚を促す教師支援
第V章 各教科・くすのき学習の授業 ―実践―
国語科(1年)
ともだちってなんだろう みつけたよ ほんとうにたいせつなもの
−『たからものみつけた!』くすのきしげのり・作 重森千佳・絵−
社会科(3年)
未来につなげていきたい ドラゴンにかける花火職人の思い
算数科(5年)
グラフではっきり伝えるよ みんなでなっとく 附小給食ビッグデータ
理科(4年)
太陽の光をあびて 大きくふくらめ 天高く昇れ ぼくらの熱気球
音楽科(4年)
曲にこめられた「決意」と「感しゃ」みんなで気持ちを伝えるよ『10才のありがとう』
図画工作科(6年)
色も形も本物そっくり!? おいしさいっぱい!! 附小の給食サンプルづくり
家庭科(5年)
手早く作るよ アイデアたっぷり ペアのための手作り弁当
体育科(2年)
とんで まわって ころがって つないでつくるよ −エアマットランド−
英語科(6年)
Introduce Hatcho Miso 世界に発信 岡崎ブランド
くすのき学習(3年)
みんなのいいところ いっぱい見つけるよ
−附属特別支援学校 いっしょに楽しく お友だち交流−
資料編
・「話したい」「聴きたい」気持ちを育むスピーチの取り組み
・各教科・くすのき学習 単元構想図
あとがき
愛知教育大学附属岡崎小学校の研究のあゆみ
研究同人

巻頭

  「生活教育」か「NOT生活教育」か


 生活教育は,まさにわが国のアクティブ・ラーニングの源流といえる。そこには,近代国家形成の画一教育・詰め込み教育・形式主義に対抗する教師の熱き思いが込められている。思いの根底にあるものは,子どもたちのリアリティ(生活現実)を超越する「驚き」が含まれる。リアリティなき学びは「生活教育」ではなく「NOT生活教育」になってしまう。

 社会科では,12歳の子どもたちが,18歳選挙権の意味について追究した。ジュラルミン製の本物の投票箱を使ったり,18歳の高校生に聞き取りをしたりして学んだ子どもたちは,最後に〇組憲法なる草書を,校長室まで届けにきた。

 図画工作科での給食サンプル作りは,逆リアリティなのかもしれない。本物みたいに,おいしそうにと,完成度を上げたいという気持ちは,子どもたちを制作に没頭させる。

 空気は熱で膨張する。理科は理屈だけを学ぶのではない。風船ならまだしも,炎を焚いた気球で,校庭上空を舞った。膨張した空気で,市内を見渡す素敵な眺望を味わうことができた。

 イルカは,ジャンプしてボールを蹴る。2年生の女子も1回転してボールを蹴る。環境を工夫することによって,アクロバティック体育も実現する。

 「驚き」「おもしろい」も,生活には欠かせない。


「リアリティなき授業はNO」子どもの顔から虚実を見れば,「生活教育」か「NOT生活教育」かがわかる。


  平成29年11月   愛知教育大学附属岡崎小学校 校長 /森 勇示

著者紹介

愛知教育大学附属岡崎小学校著書を検索»

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 漫画で描かれた表紙で思わず手に取りました。内容にも漫画を用いられていて、読みやすいなと思いました。私もこのような子供たちが生き生きした表情を見せる授業をいつかやってみたいと思います。
      2017/11/1940代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ