わかる!楽しい! 中学校数学授業のネタ100 1年

わかる!楽しい! 中学校数学授業のネタ100 1年

BEST300

好評7刷

インタビュー掲載中

普段の授業で活用できるネタ満載!

負の数の乗法を見える化する説明ネタ「負の数と負の数の積を教師が歩いて説明」から、様々な視点からデータを見る必要性を感じさせる課題ネタ「テスト結果の言い訳を考えよう」まで、中学1年の数学授業でフルに使える100のネタを収録!


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,674円+税

Off: ¥186-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-113111-1
ジャンル:
算数・数学
刊行:
7刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 128頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年1月19日
『新学習指導要領の展開』
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
毎日の授業で本当に役に立つネタ
優れた数学授業は「ABCDの原則」を守ることで生まれる
1 優れた数学授業は「ABCDの原則」を守ることで生まれる
1 「ABCDの原則」とは?
2 授業準備に時間がかからない「ABCDの原則」
3 数学教師としての「ABCDの原則」
2 「説明ネタ」「課題ネタ」「習得ネタ」「教具ネタ」で構成
1 説明ネタ
2 課題ネタ
3 習得ネタ
4 教具ネタ
3 1年のネタづくりのポイント
1 数と式
2 図形
3 関数
4 資料の活用
わかる!楽しい! 中学1年の数学授業のネタ100
正の数・負の数
1 0より小さい数 [課題] 生活経験から数学の世界へ
2 絶対値と数の大小 [説明] 負の数の大小は小数や分数と連動
3 絶対値と数の大小 [習得] 神経衰弱ゲームで数の感覚を磨こう
4 絶対値と数の大小 [課題] −2<3>1はダメ?
5 正の数・負の数の加法,減法 [説明] 綱引きをイメージしよう
6 正の数・負の数の加法,減法 [習得] 「4−(−5)」を声に出して読んでみよう
7 正の数・負の数の加法,減法 [習得] 正の項,負の項を異なる枠で囲んで計算
8 正の数・負の数の加法,減法 [習得] 和・差のわかっている計算式を完成させよう
9 正の数・負の数の加法,減法 [教具] トランプを使って素早く計算
10 正の数・負の数の乗法,除法 [課題] 習ったことから考えよう
11 正の数・負の数の乗法,除法 [説明] 負の数と負の数の積を教師が歩いて説明
12 いろいろな計算 [説明] 袋に入った果物は種類別に数えよう
13 いろいろな計算 [習得] 3回連続ヒットで合格
14 いろいろな計算 [習得] ミスをしやすい箇所を話し合おう
15 いろいろな計算 [課題] 乗法の交換法則・結合法則で鮮やかに計算
16 数の世界のひろがりと四則計算 [課題] 計算ができないというロボット
17 数の世界のひろがりと四則計算 [説明] 負の数(新しい数)が出てきたときに
文字の式
18 数量を文字で表すこと [説明] 必要なマグネットの個数を求めよう
19 数量を文字で表すこと [説明] 2けたの自然数を10円玉と1円玉で説明
20 文字式の表し方 [習得] 文字を使うときの約束違反を探し出そう
21 式の値 [教具] 文字ポケットに数字を入れる
22 式の値 [課題] 2aと3aではとちらが大きい?
23 式の値 [習得] 式で表された文字の値を求めよう
24 式の値 [課題] どんな数を代入しても負の数になる式をつくろう
25 文字式の加法,減法 [説明] 二次,三次を知ってこその一次
26 文字式の加法,減法 [説明] 文字式の計算は記号化と仲間分けで説明しよう
27 文字式の加法,減法 [説明] 式を簡単にするとは?
28 文字式の加法,減法 [説明] かっこをはずして簡単に
29 文字式と数の乗法,除法 [課題] どこで間違えているの?
30 関係を表す式 [習得] 不等号を表す言葉をまとめて表にしよう
31 関係を表す式 [説明] x≦5はどう読む?
32 関係を表す式 [課題] 等式,不等式どちらで表す?
方程式
33 方程式とその解 [課題] 方程式を見つけよう
34 方程式とその解 [説明] もしも人間が上皿天秤にのったら…
35 方程式とその解 [説明] 「等式の性質」の“性質”の意味
36 方程式とその解 [説明] 方程式の「答」ではなく「解」という理由
37 方程式とその解 [課題] 同じ解をもつ方程式をつくろう
38 方程式とその解 [習得] 方程式の定義を改めて確認しよう
39 方程式の解き方 [習得] 念頭操作で解くべき方程式
40 方程式の解き方 [習得] 分数のある方程式を解いた後に
41 方程式の解き方 [習得] ミスしやすい箇所を話し合おう
42 方程式の解き方 [説明] 解の意味にもう一度戻ろう
43 比と比例式 [習得] 比例式から等式をつくろう
44 方程式の利用 [説明] 方程式の解が題意に合っているか確かめよう
45 方程式の利用 [課題] …分けると余り,…分けると足りない
46 方程式の利用 [課題] 3倍のときは126歳?
47 方程式の利用 [課題] 方程式を使って魔方陣を解こう
比例と反比例
48 関数 [課題] 関数ブラックボックス
49 関数 [習得] 表はいつも横(変化)と縦(対応)で見よう
50 変域 [課題] 導入から変域を意識できるように
51 変域 [習得] 不等号の使い方をふり返ろう
52 変域 [習得] 変域の表し方を表で整理しよう
53 変域 [説明] 変域はいつでも付けるもの
54 座標 [習得] 座標とりは原点スタート
55 座標 [習得] 座標を使って暗号を解こう
56 座標 [習得] グラフは一から自分でつくろう
57 比例のグラフ [説明] 直線と階段を結び付けて
58 比例のグラフ [教具] グラフの傾きと比例定数の関係の視覚化
59 反比例の式 [習得] 面積が12p^2になる長方形をつくろう
60 反比例の式 [説明] x=0のときのyの値
61 反比例のグラフ [教具] 反比例のグラフの形と比例定数の関係の視覚化
62 いろいろな関数 [教具] 比例や反比例とは違う関数との出会い@
63 いろいろな関数 [教具] 比例や反比例とは違う関数との出会いA
平面図形
64 直線と角 [説明] 直線をイメージしよう
65 直線と角 [課題] 1点を通る線をかこう
66 直線と角 [説明] 直線と直線の位置関係を整理しよう
67 直線と角 [習得] 垂直と直角をしっかり区別しよう
68 直線と角 [説明] 図形を点と直線からつくろう
69 直線と角 [説明] 図形って何?
70 図形の移動 [課題] 家紋と図形の移動
71 基本の作図 [教具] 作図の前にコンパスの使い方を復習
72 基本の作図 [課題] ひし形を作図しよう
73 基本の作図 [課題] 垂線の作図を角の二等分線の作図と連動させる
74 円とおうぎ形の性質 [説明] 円と直線の位置関係を整理しよう
75 円とおうぎ形の性質 [説明] 弓の字に注目!
76 円とおうぎ形の計量 [教具] おうぎ形はいつも「円の何分の何」で考えよう
77 円とおうぎ形の計量 [習得] おうぎ形のもつ値の比を統合しよう
空間図形
78 空間内の平面と直線 [説明] 空間図形の始まりは平面図形と連動
79 空間内の平面と直線 [説明] 「位置関係」って何?
80 空間内の平面と直線 [教具] ねじれの位置「百聞は一見にしかず」
81 立体のいろいろな見方 [課題] 1点から一定の距離にある点の集合はどんな図形?
82 立体のいろいろな見方 [習得] 立体の頂点や辺の数の求め方を説明しよう
83 立体のいろいろな見方 [習得] 直方体の見取図をかこう
84 立体のいろいろな見方 [課題] 図形を見せないで説明しよう
85 立体のいろいろな見方 [説明] どちらの長さが短い?
86 立体のいろいろな見方 [教具] 円柱に巻いたひもの様子を展開図に表そう
87 立体のいろいろな見方 [課題] 立方体の切り口の形は?
88 いろいろな立体 [説明] 正四面体を2つ組み合わせた立体も正多面体?
89 いろいろな立体 [課題] 正三角錐は正四面体?
90 立体の体積 [説明] 水槽の中の水はどんな立体?
91 立体の体積 [教具] 1/3をかけるのはなぜ?
資料の活用
92 資料の傾向を調べる [説明] 資料の「整理」から資料の「活用」へ
93 資料の傾向を調べる [教具] ICTを活用しよう
94 資料の傾向を調べる [課題] 「ありがとう」の回数調べは可能?
95 度数分布 [説明] データの数え上げはスモールステップで
96 度数分布 [説明] ヒストグラムと棒グラフの違いは何?
97 度数分布 [説明] 度数分布多角形はなぜ必要?
98 代表値とちらばり [説明] 2つのヒストグラムを見比べよう
99 代表値とちらばり [課題] テスト結果の言い訳を考えよう
100 近似値 [説明] 有効数字をマスターしよう
おわりに

はじめに

 私は,常々,授業に向かう教師に対して,「ABCDの原則を守りなさい」と言っています。

 もともと「ABCDの原則」は,生徒に学校生活の基本として伝えていることです。

 A=当たり前のことを

 B=バカにしないで

 C=ちゃんと

 D=できる人

 授業に向かう教師も,この「ABCDの原則」を守るべきだと思っています。

 A=当たり前のことを

 B=バカにしないで

 C=ちゃんと

 D=できる教師

 特に若い先生方には,厳しく伝えています。


 数学教師としての「A=当たり前のこと」は,しっかりとした指導言(発問・助言・説明・指示)を発することができることです。とりわけ,数学的に豊かで深みがある説明がきちんとできることが,最重要だと考えています。

 では,なぜ「説明」なのでしょうか。それは「発問・助言・指示」がない授業は存在しても,「説明」がない授業は存在しないからです。

 ところが「発問研究」はよく耳にしますが,「説明研究」は聞いたことがありません。そのため「発問」の方が重要と考えがちになりますが,授業の土台をつくっているのは「説明」です。数学教師らしく,論理的で説得力がある「説明」は,生徒の興味・関心を高め,数学の世界に誘います。

 こうした「説明」を,自分自身がどこで学んできたのかふり返ってみました。すると,教科書や指導書の行間を埋めるような「説明」は,諸先輩方から,折々に学んできたことに気付きました。ベテラン教師の口伝で身に付けたと言っても過言ではありません。自分の教師生活を冷静にふり返り,自分が受け継いできた事柄を伝えようとしていない己を反省しました。


 さて,本書では「説明ネタ」「課題ネタ」「習得ネタ」「教具ネタ」の4つを明記し,100のネタを紹介しました。ベテラン教師が自信をもっておすすめできる授業のネタを整理し,若い先生方にお伝えしたいという思いを込めて書きました。

 どれも,単なるネタ紹介にとどまらず,どのように説明して提示するのか,何に留意して説明するのか,生徒の発言をどう受け止め,どうまとめたらよいかといったことを添えています。特に「説明ネタ」という項目がある書籍は,他にないと自負しています。まさにベテラン数学教師の口伝書なのです。

 以上のことから,本書は明日からの授業にすぐに役立ち,また数学教師としてより力量を高めるための指南書としても愛読していただけるものと思います。


 発刊にあたっては,明治図書の矢口郁雄さんから,実に的を射たご助言をいただきました。細部にわたって神経の行き届いた編集もしていただき,おかげさまで,とても親しみやすく,活用しやすい書籍となりました。改めて感謝申し上げます。


  平成26年2月   著者代表 /玉置 崇

著者紹介

玉置 崇(たまおき たかし)著書を検索»

1956年生まれ。愛知教育大学数学科卒業。

公立小中学校教諭,愛知教育大学附属名古屋中学校教官,教頭,校長,愛知県教育委員会指導主事,教育事務所長等を経て,現在,小牧市立小牧中学校長。

ICTを活用した数学授業や学校経営において実績があり,文部科学省発行の「教育の情報化に関する手引」を執筆。また文部科学省「学校教育の情報化に関する懇談会」委員,「中央教育審議会」専門委員歴任。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 授業にすぐ使える内容でした。
      2017/4/1830代・中学校教諭
    • とても見やすかった。
      2016/4/720代・中学校教員
    • すぐに使えるネタがたくさん載っているので、実際に授業に使ってみたいと思った。
      2015/5/650代 中学非常勤講師
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ