特別支援学校新学習指導要領・授業アシスト2
日常生活に生きる算数・数学

特別支援学校新学習指導要領・授業アシスト2日常生活に生きる算数・数学

ロングセラー

好評6刷

担任する子どもにぴったりな指導・教材・授業がわかる!

特別支援学校学習指導要領の内容に則り、個別の指導計画を盛り込み、学校現場で活用できる授業事例を「数と計算」「量と測定」「図形・数量関係」「実務」の観点別に幅広く掲載。学習内容は指導要領で示された段階を表記、個々の児童生徒の知的障害の状況を考慮できる。


紙版価格: 2,560円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-090226-2
ジャンル:
特別支援教育
刊行:
6刷
対象:
小・中・高
仕様:
B5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年7月23日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

監修のことば
まえがき
第1章 日常生活に生きる算数・数学の授業づくり
1 日常生活に生きる算数・数学の授業づくり
2 子どもの発達段階に合わせた指導の実際
第2章 日常生活に生きる算数・数学の授業事例
1 数と計算
(1) 小学部
1 パン屋さんをしよう(1対1対応)
2 劇遊びで数えよう!「てぶくろのお家にいるのはだあれ?」
3 「かずのみち」「かずのやま」をつくろう
4 減法の意味
(2) 中学部
5 たし算とひき算の違いを理解し,計算する方法を学ぼう
6 仲良く分けよう
7 部分と全体をみよう!
8 4/8 は 1/2 とおんなじだ!
(3) 高等部
9 数える教材の工夫
2 量と測定
(1) 小学部
10 プラレールを使って電車を走らせよう
11 どちらが高い?「背の高さに箱を積み上げて比べよう」
12 大きさとしての角
(2) 中学部
13 どちらが重い?
14 はかってみよう
15 やりとりを楽しみながら学習する「重さ」の学習
(3) 高等部
16 地図の縮尺について考えよう
3 図形・数量関係
(1) 小学部
17 いろんなかたちをさがして積もう!
18 自分のいる場所を表にあらわしてみよう
19 正しくはかろう/きれいなかざりをつくろう
(2) 中学部
20 ゲームを通して楽しみながら行える表やグラフの学習(生活単元学習)
21 表にあらわしてみよう
22 オリジナルパズルに挑戦しよう!
(3) 高等部
23 表を読み取ろう・グラフを書こう
4 実務
(1) 小学部
24 とけいのはりが○○になったらおしまい
25 買い物をしよう!
26 正しくお金を数えよう
(2) 中学部
27 こづかい帳をつけよう
28 「特価○×パーセントOFF!」って何だ?
(3) 高等部
29 視覚支援により課題を明確にした買い物学習の工夫
30 どこに行って何を食べる?

まえがき

 盲学校,聾学校および養護学校学習指導要領が10年ぶりに全面的に改訂され,平成21年3月に「特別支援学校学習指導要領」として告示された。

 今回の改訂においても,「生きる力」を育むことが継承されており,すべての児童生徒について,各教科等にわたって「個別の指導計画」を作成するとともに,適切に評価し,指導の改善に努めることが示された。障害の重度・重複化,多様化に対応し,一人一人に応じた指導をいっそう充実させることも求められている。さらに,領域・教科を合わせた指導を行う際にも,各教科等の内容を基に,児童生徒の知的障害の状態や経験等に応じて,具体的に指導内容を設定することが規定された。しかしながら,日々の教育活動においてこれらの改訂のポイントを具現化することは,決して容易なことではない。

 また,昨年度から教員免許更新制が開始され,先生方によりいっそうの資質向上と専門性が求められるようになった。先生方の真骨頂は授業でこそ発揮されるもの,と大いに期待をしている。さらには,団塊の世代の大量退職は学校教育の世界においても同様であり,各地の特別支援学校においても,多くの新採用の先生方が児童生徒の指導にあたっていらっしゃる。このような状況に対応するためには,何らかの指針が必要だ。一方で,系統的で,しかも生きる力につながる算数・数学の授業は,一般的には難しいと考えられがちである。そこで,豊富なご経験をおもちで,しかも日々特別な教育的ニーズのある児童生徒の支援にご尽力されている先生方を全国から選りすぐって,ご執筆いただき,本書をまとめあげることができた。同じ学部で,同じ題材を扱ったとしても,対象となる児童生徒の実態が異なれば,当然のことながら指導方法や支援の仕方が異なる。また,高等部の生徒であっても,その実態から,目標や内容の一部を,中学部の数学,または小学部の算数に替えて指導する必要がある場合もある。本書は,このような点でも参考にしていただけるものと自負している。

 今日の特別支援教育においては,前述したように,一人一人に応じた指導をよりいっそう充実させることが求められている。初めて特別支援教育に携わり,日々の算数・数学の授業に悩んでいらっしゃる初任の先生方にとっても,また研究授業のよりよい展開を考えていらっしゃるベテランの先生方にとっても,本書がアシストとして多くのアイデアやヒントを提供できることを願っている。

 最後になるが,本書をまとめるにあたって,明治図書出版教育書編集部の佐藤智恵さんにはたいへんお世話になった。この場を借りて,お礼を申し上げる次第である。


   編者 /関戸 英紀

著者紹介

宮ア 英憲(みやざき ひでのり)著書を検索»

東洋大学文学部・大学院文学研究科教授。文部科学省中央教育審議会委員等を務める。

関戸 英紀(せきど ひでのり)著書を検索»

横浜国立大学教育人間科学部教授。

文部科学省知的障害教育用教科書(算数・数学)編集協力者。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ