子どもたちの対話が激変する「質問力」アップワーク 中学年

子どもたちの対話が激変する「質問力」アップワーク 中学年

インタビュー掲載中

書評掲載中

「質問力」で話合い活動がみるみる変わる!

子どもの質問力に焦点を当てた初の書!聴く力と訊く力で友だちの言葉をしっかり受け止め、質問と応答を繰り返す中で気持ちよく共通理解し、話し合い、合意形成に向かう力を育てよう。短時間で、楽しく、効果的に「質問力」を鍛えるトレーニングワークを多数開発した。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-078231-4
ジャンル:
国語
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 88頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年5月22日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに …質問力がなぜ求められるか
T 一から分かる中学年質問力育成の方略
(村松 賢一)
1 質問力を意識すると国語の授業が変わる―子どもがイキイキと話す・聞く授業―
2 子どもに身に付けさせたい質問力とは
3 質問力を育てる授業作りの重点
U 3年生の「質問力」アップワーク&活用アイデア
(黒田 英津子)
(1) モデル型ワーク
[1] 昔話の主人公に変身! 誰になったかを質問であてよう
あなたはだあれ?
[2] 台本(よい例・悪い例)を読み,体験談を聞き出す術を学ぶ
修学旅行の思い出を聞かせてください
[3] とっておきの質問で他己紹介
なかよしインタビュー「となりの友だちしょうかいします」
(2) 基本スキルのドリル型ワーク
[4] 質問で友だちの生活時間表を完成させる
何時間ぐらいねていますか?
[5] 特徴をとらえた椅子当てゲーム
どんないす?
[6] 質問で気の合う旅行相手を見つけよう
友だちと初めて子どもだけの旅行「どこに行きたい?」
[7] 好きな理由を集めて「なぜ」質問をマスター
どっちがいい?
(3) 活動型のアイデアワーク
[8] さまざまな質問を繰り出して自分の正体に迫る
わたしは何?
[9] 質問が引き出す写真のヒミツ
小さいころのこと おしえてね「写真で話そう」
[10] 相手の答えから次の質問を見つけるコツが分かる
お悩み相談室
V 4年生の「質問力」アップワーク&活用アイデア
(佐伯美穂子)
(1) 基本スキルのドリル型ワーク
[1] さあ! 何でも聞いて
わたしの宝物は◯◯です
[2] 落とし物発見ゲームで質問力を鍛える
財布を見つけてください
[3] 質問ビンゴが心と心を結びつける
ビンゴでトーク―君は質問王になれるか!―
[4] 情報交流における聞き手の責任を自覚させる
聞き手主導型 絵描きゲーム
[5] 目的の場所へ行けるも行けないも質問力次第
病院の場所を教えてください
[6] 友だちの気持ちに寄り添う質問のコツが分かる
その時の気持ちは◯◯ですね
(2) 活動型のアイデアワーク
[7] 質問合戦で「読み」を深め合おう
どこで変化したのでしょう?
[8] 知りたい答えから質問を発想する逆算型質問訓練法
台本を作ろう
[9] これでもう調べ学習はこわくない
質問を決めよう
[10] では,「ごん」さんにインタビューしてみましょう
登場人物の気持ちを読み取ろう
W 質問力を高める実践事例
1 町じまんレポーターになろう(3年生) /黒田 英津子
2 インタビュー名人になろう(4年生) /半田 真人
あとがき

はじめに

   質問力がなぜ求められるか


質問力は生きる力

 「ジャングルブック」の著者として知られる英国の作家,ラダヤード・キプリングは次のように語ったと言われる。

 「私は人生の全てを次の6人の正直者から教わった。彼らの名前は,What,Why,When,How,そして,Where,Whoである。」

 いわゆる5W1Hだ。インタビューの仕事に30年近く携わってきた経験に照らしても,この言葉は決してオーバーでないと言える。中でも,What,How,Whyの3つはマジックワードと言ってもよく,状況により,目的に応じて,これらの質問を適切に操れれば,人生無敵と言っても過言ではない。単に,会話上手になったり,必要な情報を獲得できたりするだけではない。その人は,丁寧に人の気持ちに寄り添い,気持ちをほぐし,本音を引き出すことができるので,自ずとまわりに友人と信望とを集める。自分の意見を押しつけることなく,気がついたら,対立していた相手が「わかった」と歩み寄る。なぜか。彼(彼女)は,言い張る前に,まず,相手の考えをしっかり受けとめる(聞き出す)ことに努める。そして,言葉のもとになった考えを理解すべく,あれこれ質問を繰り出しながら,自分の考えとの相違点と共通点を相手と共に見つけようとする。やがて,2つの円が重なり合う領域がはっきりしてくると,合意形成は時間の問題である。こうして,どんな人とでも,気持ちよく共通理解が築けるからどんどん仕事が進み可能性が広がる。これを生きる力と言わずして何と言おう。


長年無視された質問力

 それほどに大切な質問は,しかし,国語教育の世界で長いこと不遇をかこってきた。試みに,現行(平成10年改訂)の学習指導要領をひもといてみよう。「話すこと・聞くこと」の指導事項のどこにも「質問」という言葉は見つからない。学習指導要領上,長い間,「話すこと」は表現領域,「聞くこと」は理解領域に分けられ,両者の中間に位置する「質問」は居場所を与えられてこなかった。その影響が,「話すこと」と「聞くこと」が統合されても,尚,残っているのである。だが,ようやくその重要性が認識され始めた。新学習指導要領では,初めて,「尋ねたり応答したり」(小学校,1・2年,言語活動例)とか「話の中心に気を付けて聞き,質問をしたり」(同,3・4年,指導事項)という言葉が登場したのである。これから,である。これから,私たちは,「質問力」ときちんと向き合い,その可能性を追究していかなければならない。


質問力育成の具体的手立て

 質問力に限らず,言語技能の習得には2つのアプローチのバランスをとることが大切である。1つは,「質問力」自体を学習目標とする取り立てた指導である(基礎・基本)。もう1つは,そうして鍛えた「質問力」を「読むこと」や「書くこと」,更には,他教科の学習に生かすことである(活用)。どちらか一方に偏した指導では,十分な質問力を身につけさせることはできない(本書に,ワークだけでなく,巻末に実践事例を載せたのもそのためである)。学習指導要領上はどうあれ,質問力の重要性に気付いた指導者は,これまでも,さまざまに工夫された実践を通してその育成に心をくだいてきた。しかし,残念ながら,その多くは活用型であり,基礎・基本を取り立てて指導するノウハウの確立は大きく立ち遅れているのが現状である。私たちが,本シリーズを世に問う理由はそこにある。短時間で,楽しく,効果的に質問力を鍛えるワーク,という高いハードルをあえて掲げて力を尽くしたつもりである。能書きはこれくらいにして,本書を活用していただく一助として,最小限度のキーワードを説明させていただきたい。


本書のキーワード

 私たちは,質問を,その機能から大きく次の3つの系統に分けた。

 @ 知らないことやわからない点を尋ねる(WHAT系)。これを「なに」質問とする。

 A より詳しい様子や状態を聞き出す(HOW系)。これを「どう」質問とする。

 B 理由や根拠を質す(WHY系)。これを「なぜ」質問とする。

 これらの質問は,言語活動の類型(心情交流型・情報交流型・意見交流型・合意形成型)によって,求められる主な機能が異なる。

 また,ワークは難易度によって,以下の3種類に分けた。すなわち,あらかじめ用意された質問を声に出すだけの「モデル型」。質問の3類型のどれかに焦点を合わせ,それを集中的に練習する「ドリル型」。そして,達成すべき目的を明確にしたミニ活動を通して,すべての質問類型を学ぶ「活動型」である。各ワークの冒頭に,これらの種別を記したので参考にしていただきたい。

 ワークは,@「アイデアとねらい」,A「活動の手順」,B「指導上の留意点」,Cワークシート(振り返りカードを含む。そのままコピーして使えるよう配慮した)から構成されている。配列は,モデル型,ドリル型,活動型の順に並べたが,子どもの実態に応じて,いつ,どこから始めていただいても構わない。

 最後に,そもそもの企画から数次にわたる原稿の手直し,脱稿に至るまでの全ての段階で深く関わってくださった明治図書の佐保文章さんに心から感謝の意を表したい。本シリーズがかくある形になったのは佐保さんの的確なアドバイスがあってこそである。

 本書が,子どもたちが,「6人の正直者」と出会うきっかけになればこれ以上の喜びはない。


  2011年2月   著者を代表して /村松 賢一

著者紹介

村松 賢一(むらまつ けんいち)著書を検索»

1941年,神奈川県に生まれる。一橋大学卒業。NHKアナウンサー,お茶の水女子大学教授をへて,2003年よりスピーチコミュニケーション教育研究所を主宰。現在は,「児童・生徒のコミュニケーション能力育成」をテーマに,全国の小・中学校で「話すこと・聞くこと」の授業作りのアドバイザーを務める傍ら,日本教育大学院大学で教員養成にも携わっている。小中学校の国語教科書編集委員。NHK高校講座「国語表現T」講師。

黒田 英津子(くろだ えつこ)著書を検索»

静岡県下田市立浜崎小学校教諭。静岡県に生まれる。千葉大学卒業後,静岡県公立学校に勤務。静岡県賀茂郡東伊豆町在住。

佐伯 美穂子(さえき みほこ)著書を検索»

愛知県名古屋市立稲生小学校教諭。「相手の考えを理解して聞く力」の育成を基盤に,「書くこと」「話すこと」「聞くこと」を関連させた自己表現の授業展開の方法を模索している。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 授業ですぐに使える活動が載っている。質問力は児童につけたい力であることから、とても参考になる一冊である。
      2016/2/650代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ