どの子も楽しく書ける! イラスト「一〇〇マス作文」ワーク 3・4年

どの子も楽しく書ける! イラスト「一〇〇マス作文」ワーク 3・4年

ロングセラー

好評6刷

インタビュー掲載中

子どもがどんどん書きたくなる!作文指導、おススメの1冊

短い時間でできる作文の基礎トレーニング「一〇〇マス作文」。3・4年編では、「題材選択の幅を広げ、書き慣れさせること」「段階相互関係に注目して書く力を身に付けること」に重点を置いたワークを、指導のヒントとともに紹介。コピーしてすぐに使える原稿用紙付き!


紙版価格: 1,500円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,350円+税

Off: ¥150-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-031425-6
ジャンル:
国語
刊行:
6刷
対象:
小学校
仕様:
B5横判 80頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年7月22日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
T 中学年書く力を高める「一〇〇マス作文」指導の基礎基本
1 「一〇〇マス作文」について
(1)一〇〇マス作文の誕生
(2)一〇〇マス作文のルールについて
2 「一〇〇マス作文」で中学年の書く力を高める視点
(1)題材選択の幅を広げ多作を心がけて書き慣れさせること
(2)段落相互の関係に注意して書くためにもナンバリングを使うこと
3 中学年の「一〇〇マス作文」―楽しみながら書く力を高める指導のポイント
(1)段落を意識して書かせるためのポイント ーナンバリングー
(2)相手や目的に応じて書く指導のポイント
(3)題材選択の幅を広げさせるポイント ーその子だけのとらえ方をほめるー
(4)書けない子(苦手な子)への指導のポイント1 ースリーキーワードー
(5)書けない子(苦手な子)への指導のポイント2 ー書き出しー
(6)書けない子(苦手な子)への指導のポイント3 ー文末ー
(7)書くことの楽しさや喜びを感じさせるポイント1 ー肯定実践ー
(8)書くことの楽しさや喜びを感じさせるポイント2 ー一〇〇点満点ー
(9)書くことの楽しさや喜びを感じさせるポイント3 ー見える化・可視化ー
(10)苦手な子の指導のポイント ーこだわりを利用ー
(11)よりよく書くための指導のポイント ー読書と辞書引きー
U どんどん書ける! イラスト「一〇〇マス作文」ワーク
1 ナンバリング編
@めあて(がんばりたいこと)を書こう
A自己紹介をしよう/ 好きなものを紹介しよう!
B強く心に残ったことを書こう!
C四年生に向けて/ 高学年に向けて
2 スリーキーワード編32
@学習後の感想(学んだこと)を三つのキーワードを使って書こう
A学校行事後の感想を三つのキーワードを使って書こう
Bうそ作文(想像作文)を三つのキーワードを使って書こう
3 見たこと作文編
@先生が箱を開けたら/ 先生が袋から出したものは
A見たままを書こう
B見て考えたことを書こう
4 色に着目編
@【A】プール(水泳)で覚えている色を使って書こう/ 【B】運動会で覚えている色を使って書こう
A空の色を三つ書こう!
5 数に着目編
@【A】記録を残そう/ 【B】何個?何冊?何ページ?
A生活の中にある数を思い出して書こう
6 ハラハラドキドキ(ハラドキ作文)編
@「こわかった!」を書こう
7 聞いたこと作文編
@担任発表の日、家族の言葉を書きとめよう
A運動会でよかったことを三つインタビューしよう
B【A】生活の中に言葉を拾おう/ 【B】生活や自然の中に音を拾おう
8 実況中継作文編
@〇〇先生を実況中継しよう
9 5W1H作文編
@したことを5W1Hで書こう
10 失意落胆編
@だれもいない寂しさを書こう
11 いろいろな言葉編
@次の言葉が使えたら一〇〇点満点です
12 結論なぜから作文編
@自分の意見をはっきりと書こう
A自分の意見をはっきりと書こう
13 比較(対比)作文編
@にたところやちがったところを書こう
14 ローマ字を意識した作文編
@【A】ローマ字を見つけた/ 【B】学校文集の作文をローマ字打ちで入力する
巻末資料 中学年用一〇〇マス作文原稿用紙
おわりに

はじめに

 二〇〇七年十一月に刊行した拙著『書く力を高める小学校「一〇〇マス作文」入門』(以下『一〇〇マス作文入門』)は、四年間で九版を数えるに至りました。大変多くの先生方や学校に関心を持っていただけたことが分かります。本当にありがとうございます。

 さて、拙著を出した後、明治図書の佐保文章氏より続刊の誘いをずっと受けていました。「題材選択能力を自分自身で高めていければよいのだが、全国の先生方が指導したり子どもたちが自分で見つけたりできるヒントとなるようなワークを……」というものでした。確かに『一〇〇マス作文入門』の本には、いろいろな視点や方法を載せたつもりではありました。しかし、題材を選択するという一番要のところでの説明が足りないことを指摘されたのです。

 私はいくつかのことを考えました。

 まず、題材を想起させるための方法についてです。どれにも共通するような方法は思いつきません。そこで、私は次のように考えました。「子どもたちに原稿用紙に向かわせる前、題材を想起させたいとき、家で日記を書かせたいときなど、今まで、私は一体どんなことを言い続けてきたのだろう?」例えば、「運動会のことを書かせたいときどう言ってきただろうか?」「意見文を書かせたいときは?」「考えを整理させたいときは?」―このように三十二年間の作文実践を振り返ってみますと、いろんなことを言ってきたことに気づかされました。それを素直に書けばいいのではないか、そう考えたのです。そして、そのことを「◆指導にあたって」に書きました。

 次に考えたのは、題材選択のヒントや作品の生かし方についての方法です。ずいぶんあるものです。これは「◆発展」に書きました。

 また、注意や配慮すべきことは「◆留意点」に書きました。

 そして、今回、全く新しく「◆書き出しや文末のヒント」、もう一つは「これができたら一〇〇点満点!」のコーナーを設けさせていただきました。詳しくは後述します。

 このように、題材選択能力や一〇〇マス作文で書く力を高めるためのヒントをまとめることにしました。

 実は、この本を書くにあたりもう二つこだわったことがあります。

 一つは、題材のヒントに関してです。ヒントは「◆発展」のところに載せましたが、できるだけ子どもの実態から離れないものにしたということです。しかも学校生活が中心です。うそ作文(想像作文)のヒントは少ないかもしれません。それは他書を参考になさってください。さらにいつも念頭に置いて書いたのは、今まさに小学校の現場で教育実践にあたっておられる先生方の役に立つ作文ワークでありたいということです。ですから、この作文ワークは、ご家庭や学習塾では扱いにくいかもしれません。あしからずご容赦ください。

 もう一つは、次の世代を担っていかれる若い先生方へ是非とも伝えておきたいという気持ちで書いたということです。私の教員人生は後わずかしか残っていません。ですから、この機会を生かしたいと考えました。この本の本文を、敬体ではなく常体で書いたのも少し強い調子で書いたところがあるのもその気持ちからです。ですから、読者の皆様に傲慢な感じを与えたかもしれません。それは、年がいった者の戯言とお許しください。

 お世話になった教育という世界に少しでも恩返しができればと考えています。皆様のこれからの教育実践に役立ちそうなことが一つでもあれば幸いです。


  二〇一二年一月   /三谷 祐児

著者紹介

三谷 祐児(みたに ゆうじ)著書を検索»

1957年 鳥取市生まれ

1979年 立命館大学文学部卒

    中学校教師をめざしたが山口県の小学校教師として採用される。

    豊田町立三豊小学校・柳井市立阿月小学校勤務

1984年 小学校教師をめざしたが鳥取県の中学校教師として採用される。

    鳥取市立湖東中学校国語科教師

1989年 思うところあって再び小学校教師となる。

    鳥取市立浜坂小学校勤務

1995年 兵庫教育大学大学院修了

    岩美町立岩美北小学校勤務

2006年 鳥取市立富桑小学校勤務

2008年 鳥取市立富桑小学校教頭

2010年 再び中学校へ。

    鳥取市立高草中学校教頭 現在に至る。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 作文が苦手な4年生子どもに1、2年生版を使っています。ヒントが載っているので、子どもが書きやすく、これなら学年をあげてみても大丈夫そうだと思って購入しました。
      2019/6/2330代・小学校教員
    • 書く力の弱さを実感し、短い時間でテーマにそって書く練習をさせる目的で購入しました。「これなら書くのもいやじゃないかも」という児童の声もあり、今後活用していきたいと思います。
      2019/6/1240代 教員
    • 短時間で集中して取り組むことができる課題で、クラス一同楽しんで取り組んでいます。
      2016/8/3030代・小学校管理職
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ