中学校新学習指導要領の展開 保健体育科編
平成20年版

中学校新学習指導要領の展開 保健体育科編平成20年版

投票受付中

新学習指導要領のねらいを具体化する完全ナビ&ガイド!

保健体育科では、話し合う力や論理的思考力を養いながら、勝敗や技術の向上を楽しめるように配慮した実践例を多数紹介しています。新内容の詳細な解説と、具体的な授業展開例も掲載し、今後の保健体育科の授業づくりには欠かせない1冊です。


復刊時予価: 2,640円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-843718-6
ジャンル:
学習指導要領・教育課程保健・体育
刊行:
3刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 208頁
状態:
絶版
出荷:
復刊次第
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 保健体育科の改訂のねらいと要点
1 改訂の経緯
2 保健体育科の改訂の基本方針
(1) 改善の基本方針
(2) 改善の具体的事項
3 保健体育科改訂の要点
(1) 目標について
(2) 内容及び内容の取扱いについて
(3) 指導計画の作成と内容の取扱いについて
4 改訂のポイントの解説
(1) 小学校,中学校及び高等学校を見通した学習指導の進め方
(2) 校種の接続を踏まえた学習指導の進め方
(3) 学習した結果としてより一層の体力の向上を図る学習指導の進め方
(4) 体育理論の学習指導の進め方
(5) 体育理論と各領域との関連した学習指導の進め方
(6) 保健
U 新しい保健体育科の目標
1 目標の考え方
2 目標の解説
V 新しい体育分野の目標と内容
1 体育分野の目標の考え方
2 体育分野の目標の解説
(1) 第1学年及び第2学年
(2) 第3学年
3 内容の考え方
(1) 内容の構成
(2) 各領域の特徴
4 各運動領域の内容
【A】 体つくり運動
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(2/ 7)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【B】 器械運動
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(6/8)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【C】 陸上競技
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(4/6)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【D】 水泳
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(4/9)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【E】 球技
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 内容の取扱い
<ゴール型>
○バスケットボール
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(2/15)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○ハンドボール
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(9/12)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○サッカー
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(8/11)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
<ネット型>
○バレーボール
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(4/16)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
○テニス
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(6/12)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○卓球
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(4/15)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○バドミントン
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例
<ベースボール型>
○ソフトボール
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(7/15)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
【F】 武道
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
○柔道
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(7/14)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○剣道
(1) 学習内容とその指導の要点
(2) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(12/15)
(3) 学習指導上の留意点・工夫例
○相撲
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(7/15)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【G】 ダンス
(1) 特性とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(5/10)
(5) 学習指導上の留意点・工夫例
【H】 体育理論
(1) 具体的な性格とねらい
(2) 内容の考え方
(3) 学習内容とその指導の要点
(4) 指導と評価の計画と展開例
@ 単元名/ A 学習のねらい/ B 指導と評価の計画の例/ C 本時の展開例(2/3)
W 新しい保健分野の目標と内容
1 目標の考え方
2 目標の解説
3 内容の考え方
(1) 内容の構成
(2) 各領域の内容の特徴
4 各領域の内容
【A】 心身の機能の発達と心の健康
(1) ねらい
(2) 学習内容とその指導の要点
(3) 具体的な指導計画と展開例
@ 単元名/ A 目標/ B 単元の指導計画/ C 本時の展開例(3/3)
(4) 評価及び指導上の留意点
【B】 健康と環境
(1) ねらい
(2) 学習内容とその指導の要点
(3) 具体的な指導計画と展開例
@ 単元名/ A 目標/ B 指導観/ C 単元の評価規準/ D 指導と評価の計画/ E 本時の目標/ F 学習指導過程
(4) 評価及び指導上の留意点
【C】 傷害の防止
(1) ねらい
(2) 学習内容とその指導の要点
(3) 具体的な指導計画と展開例
@ 指導計画/ A 本時の展開例(5/8)
(4) 評価及び指導上の留意点
【D】 健康な生活と疾病の予防
(1) ねらい
(2) 学習内容とその指導の要点
(3) 具体的な指導計画と展開例
@ 単元名/ A 目標/ B 単元の指導計画/ C 本時の展開例(2/2)
(4) 評価及び指導上の留意点
X 指導計画作成上の留意事項
1 保健体育科の授業時数
2 保健体育科における年間計画の作成
3 総則「体育・健康に関する指導」との関連
付録 中学校学習指導要領「保健体育」

まえがき

 学習指導要領は,ほぼ10年に1回の割合で改訂が行われてきている。学習指導要領の改訂に先だって,中央教育審議会答申(平成20年1月17日)は,@基礎的・基本的な知識・技能を習得すること,A知識・技能を活用する学習活動,B問題解決的な学習や探究活動という方向性を示し,これを受けて改訂が行われている。

 これらのことを踏まえ,保健体育科においては,生涯にわたって健康を保持増進し,豊かなスポーツライフを実現することを重視して改善が図られた。その際,心と体をより一体のものとしてとらえ,健全な成長を促すことを重要視し,引き続き保健と体育を関連させて指導することとして改訂が行われている。

 したがって,保健体育科の学習においては,生涯にわたって健康を保持増進し,豊かなスポーツライフを実現することができるよう,発達段階に即して指導内容を明確にし,知識を活用する学習活動などにより思考力・判断力等を身に付けることができるようにすることが求められる。

 このような改善は,体育分野では,それぞれの運動が有する特性や魅力に応じて,基礎的な身体能力や知識を身に付け,生涯にわたって運動に親しむことができるようにすることが重要であり,併せて体育における各運動が,情緒面や知的な発達を促し,集団的な活動や身体表現などを通じてコミュニケーション能力を育成することや,筋道を立てて練習や作戦を考え,改善の方法などを互いに話し合う活動などを通じて論理的思考力をはぐくむことにも資することを踏まえていると考えられる。また,保健分野では,生活習慣の乱れやストレスなどが健康に影響することを学ぶことが重要であり,健康の概念や課題,心身の発育・発達と健康,生活習慣病などの疾病の予防,保健医療制度の活用,健康と環境,傷害の防止としての安全などの内容について学ぶことにより,自らの健康を管理し改善していく資質や能力を育成していくことを踏まえてのものと考えられる。

 本書は,中学校保健体育科の授業が,従前の考え方と改善の方向性を踏まえつつ,体力及び運動の技能から構成される身体能力とそれにかかわる知識及び保健にかかわる内容を明確にした指導の方向性についてのアイデアを提供しようとするものである。

 新学習指導要領保健体育科が示している理念と指導内容を踏まえて,子どもたちが運動の特性や魅力に応じて学習することにより,体力の向上につながり,実生活で生かすことができるようにすること,健康の保持増進のための資質や能力の育成を図ることができるよう願ってやまない。

 終わりに,本書の発行に当たり,石塚嘉典氏・五十嵐裕氏に大変お世話になったことに対し厚くお礼を申し上げる次第です。


  平成20年10月   /今関 豊一 /品田 龍吉

著者紹介

今関 豊一(いまぜき とよかず)著書を検索»

順天堂大学准教授

品田 龍吉(しなだ りゅうきち)著書を検索»

宮崎大学教授

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ