改訂英語科新授業の実践モデル20

改訂英語科新授業の実践モデル20

新しい中学英語教育の方向を示し、授業実践のモデルを提供

改訂学習指導要領・中学校英語科はどのようにして誕生したのか。その背景にある願いや関係から、その本質を追究し、新実践の方式を提案したのが本書である。英語教育界の重鎮の鋭い分析と提言が新たな方向を示す。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-746310-0
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
対象:
中学校
仕様:
A5判 128頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月12日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
T 新しい英語教育の方向
1 社会の要請から見てどう考えるか
2 英語教育観から見てどう考えるか
3 改訂の歴史から見てどう考えるか
U 英語力を高める指導の新しい課題
1 時数増
2 「運用力」と「発信力」
3 言語力の育成
4 小学校における外国語活動との関連
5 目標
6 「聞くこと」の言語活動
7 「話すこと」の言語活動
8 「読むこと」の言語活動
9 「書くこと」の言語活動
10 コミュニケーションを円滑にする方法
11 言語材料の取り扱い
12 言語材料と言語活動
13 教材
14 辞書の活用
V 中学生の英語力の課題は何か
1 英語が嫌い
2 英語が嫌いなわけ
3 転移の効く指導を行う
4 つなぎ言葉を上手に使う
5 英文の内容を正しく聞き取る
6 英語らしく話したり音読したりする
7 英文の内容を正しく読み取る
8 まとまった英文を書く
9 英語の発想に慣れる
W 英語力をつける授業実践モデル
1 英語の音声に慣れる
2 概要や要点を聞き取る
3 幾つかの情報を整理しながら聞き取る
4 英語を聞いて内容を理解する
5 英語の音声の特徴を生かして話す
6 英語による問答を通して英語を話す
7 Show and Tellで話を創造する
8 話のあらすじを読み取る
9 話の内容を楽しみながら読む
10 Q&Aであらすじをまとめる
11 聞き取ったメモを英文に広げる
12 対話文を説明文へ転換する
13 英文創作への段階的な試み
14 言い換えで表現力を豊かにする
15 語順を認識する
16 語彙力を増やす
17 対話文の行間を補う
18 対話文の続きを創造する
19 話の転換になる表現を生かして英文を創造する
20 絵を見て話を創作する

はじめに

 今回の学習指導要領の改訂は,生徒の「生きる力」を育むことを基盤とし,これを支える基礎的・基本的な知識・技能の習得を重視した上で,観察・実験やレポートの作成,論述など知識・技能を活用する学習活動を充実し,思考力・判断力・表現力等を育成することをねらったものである。そのために,国語,社会,算数・数学,理科や外国語の時数の増加が図られた。

 外国語教育の視点から今回の改訂を見ると,大きく四つの点が変わることになる。第1点は,小学校5・6年生に外国語活動を導入し,我が国の公立学校における外国語教育史上初めての試みを行おうとする点である。第2点は,昭和52(1977)年の改訂以来中学校において外国語の時数が105時間となり,全国的に大きな議論を巻き起こしたが,その時数を外国語として140時間に戻す試みである。第3点は,4技能のバランスを取り,言語の運用力を高めようとする試みである。第4点は,高等学校における科目を全面的に見直し,コミュニケーション能力の育成を重視し,発信力を高めようとする試みである。

 これらの新しい試みが十分に成果を発揮し,英語を学習する生徒が英語のコミュニケーション能力を身に付けて,これからの国際社会で活躍できるようにするためには,指導する教師が学習指導要領の内容を十分に理解し,実際に授業で実践することである。

 本書は,今回の改訂の意義や内容を分かりやすく詳しく解説し,英語の授業実践のモデルを提供しようとするものである。授業実践モデルの事例として東京書籍のNew Horizonを利用させていただいた。また,那覇市教育委員会の下地さとみ先生と那覇市立松城中学校の棚原歩先生にも資料を提供していただいた。お礼を申し上げる次第である。


  平成21年1月   著者 /影浦 攻

著者紹介

影浦 攻(かげうら おさむ)著書を検索»

【現職】宮崎大学名誉教授。鹿児島純心女子大学 国際人間学部長・教授。

【経歴】鹿児島県立高等学校及び広島大学附属中/高等学校教諭,鹿児島県教育庁指導主事,文部科学省教科調査官,宮崎大学教授を経て現職。

【委員等】文部科学省「教育研究開発企画評価委員会」委員,

文部科学省「Super English Language High School(SELHi)企画評価委員会」座長,中央教育審議会外国語専門部会委員。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ