すぐ使える!
体育学習カード資料集 4〜6年編

すぐ使える! 体育学習カード資料集 4〜6年編

好評10刷

学習カードの活用で「指導と評価の一体化」を効果的に行う。

授業と評価のための「学習カード」の活用例を学年別に合計で37事例を示した。基本の運動4事例、器械運動7事例、ゲーム2事例、水泳3事例、表現運動4事例、体づくりの運動2事例、陸上運動3事例、ボール運動5事例。


紙版価格: 2,000円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-593106-9
ジャンル:
保健・体育
刊行:
10刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 104頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月25日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

刊行のことば
第1章 よりよい学習カードと評価を求めて
1 「学習カード」って何?
(1) 「学習カード」で失敗しないために
(2) 「学習カード」はどのような役割を果たせるのでしょう?
(3) 「学習カード」と「評価」とのかかわりは?
2 体育の授業における「評価」を考える
(1) 体育の評価で勘違いをしないために
(2) 子どもを評価し,授業を評価する
(3) 教師の評価活動と評定の関係を考える
3 授業をする教師が知っておきたい「評価」
(1) 何のために「評価」するのか
(2) なぜ目標に準拠した評価への転換が示されたのか
(3) 評価規準の作成
(4) 評価のための評価にならないように
4 学習カード作成の方針
(1) 目標・単元の指導計画・カードの使い方を合わせて示した
(2) 指導の意図に対応したカード例を示した
(3) カードの記入をどう読みとって評価したり指導に生かしたりするか事例を示した
(4) カード集の構成と見方
第2章 体育学習カード資料集
4年
4年@−1 器械運動
1 鉄ぼう運動と竹馬・輪を使った運動(1)
4年@−2 器械運動
鉄ぼう運動と竹馬・輪を使った運動(2)
4年A ゲーム
2 かんたんバスケットボール
4年B 基本の運動・器械運動
3 体を支える運動とマット運動
4年C 水泳
4 クロールと平泳ぎ
4年D 基本の運動
5 友だちと競走しよう
4年E 表現運動
6 レッツリズムダンス
4年F 基本の運動・器械運動
7 押す引く運動と跳び箱運動
4年G ゲーム
8 ハンドベースボール
4年H 基本の運動
9 なわ跳びと幅跳び・高跳び
4年I 表現運動
10 まとまりのある動き
【カルタカード】
4年J ゲーム
11 ラインサッカー
4年K 基本の運動
12 かけ足とハードル走
5年
5年@ 体つくり運動
1 体ほぐしの運動
5年A 陸上運動
2 短距離走・リレー
5年B 器械運動
3 マット運動
5年C 表現運動
4 イメージをふくらませて
5年D 水泳
5 クロールと平泳ぎ
5年E 器械運動
6 鉄棒運動
5年F 表現運動
7 まとまりのある動き
5年G 陸上運動
8 走り幅跳び
5年H 体つくり運動
9 なわ跳びと持久走
5年I ボール運動
10 バスケットボール(ミニバスケットボール)
5年J ボール運動
11 サッカー
6年
6年@ 体つくり運動
1 体ほぐしの運動
6年A 陸上運動
2 ハードル走
【情報カード・技能カード・態度カード】
6年B 器械運動
3 跳び箱運動
6年C 表現運動
4 リズムにあわせて
6年D ボール運動
5 ソフトバレーボール
6年E 水泳
6 平泳ぎとクロール
6年F 陸上運動
7 走り高跳び
6年G 器械運動
8 マット運動
6年H 表現運動
9 思いのままに
6年I 体つくり運動
10 なわ跳びと持久走
6年J ボール運動
11 サッカー
6年K ボール運動
12 バスケットボール

刊行のことば

 「先生,こんなことができるようになったよ」「次は,こんなことがやりたい」といったときの子どもたちの目の輝きには,言葉では言い表せない素晴らしいものがあります。

 私たち教師は,こんな子どもたちの無限の可能性を求めて,一人一人に頑張りや伸びを実感させ,新たな意欲につながるような指導を心掛けていきたいものです。また,子どもたちが自分の学習活動に手応えを感じることができるような効力感を高める評価も大切にしたいものです。

 ところで,現行学習指導要領でも,その内容に基づく指導とともに,指導したことを適切に評価することが求められています。その中での基本的な考え方は,指導したことを評価し,その評価を次の指導に生かしていく「指導と評価の一体化」です。さらに学びを重視すれば,学びの方法を工夫し,子どもたちが学びの成果を実感していく「学びの指導・学びの評価の一体化」が重要ということになります。

 本書に携わりました,私たち名古屋市体育研究会は,「よりよい授業をめざして」これまで30年余りにわたる体育指導法や評価法の研究によって,児童生徒に効果的に運動技能を高めさせ,運動の楽しさや喜びを味わわせる方法を究明してきました。

 本書は,上記の課題の一つである評価の一方法として「学習カード」にスポットを当て,評価の在り方について検討を重ねた結果をまとめたものです。内容的には研究の余地が多々残っていますが,ぜひ本書をお手元に置いていただき,先生方の授業意図にそって,そのままコピーして使っていただいたり,児童生徒の実態に応じて修正して使っていただいたりすれば幸いです。

 終わりになりましたが,本書を編集するにあたり,日夜,努力を重ねていただいた名古屋市体育研究会の仲間の編集委員や執筆者の皆様に多大なご尽力をおかけしたことにお礼申し上げます。

 なお,本書を刊行するにあたって,明治図書の石塚嘉典氏には格別お世話いただいたことを併せてお知らせするとともに,心より感謝申し上げます。


  平成16年1月   名古屋市体育研究会会長 /渡邉 佑

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ