中学校英語サポートBOOKS
英語教師のためのICT&1人1台端末「超」活用法・応用編

中学校英語サポートBOOKS英語教師のためのICT&1人1台端末「超」活用法・応用編

新刊

50のICT活用法を活動アイデアとセットで分かりやすく解説!

生成AI(教師利用・生徒利用)、帯活動、アウトプット活動、ライティング・スピーキング活動、語彙指導、学習評価などの場面別活用法と活動アイデアを分かりやすく解説し、ICTの活用ポイントやツール別活用ガイドも収録。応用的な1人1台端末活用法が分かります!


紙版価格: 2,486円(税込)

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-429629-9
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
対象:
中学校
仕様:
A5判 160頁
状態:
在庫あり
出荷:
2024年5月27日

目次

もくじの詳細表示

まえがき
Chapter 1 英語授業での ICT &1人1台端末活用のポイント―応用編
ICT &1人1台端末で授業改革
1 英語の授業観を見直そう
2 英語授業の最終ゴール
3 授業と家庭学習の使い分け
4 協働的に学ぶ教室での授業
教師の効率化のための ICT
5 教材共有で業務削減
6 自身の教材の使い回しで業務削減
7 生徒に任せて業務削減
ICT の落とし穴にハマらない
8 ICT 活用が目的化していないか振り返ろう
9 ICT は他者に頼ろう
10 完璧主義から脱却しよう
Chapter 2 ツール別 ICT &1人1台端末活用ガイド
Google for Education
1 個別最適な学びを実現する Google フォーム
2 予定を共有し合う Google カレンダー
Microsoft Teams for Education
3 個別最適な学びを実現する Microsoft Forms
4 音読を日常化する Reading Progress
FigJam
5 Google Jamboard の代替以上の FigJam
6 協働学習を促進させる共同編集機能
Canva
7 新時代のなんでも作成ツール Canva
ゲーム性を取り入れた学びツール
8 主体的な語彙学習を引き出す Quizlet
9 学習のモチベーションを上げる Kahoot!
ChatGPT
10 世の中を変えた ChatGPT
11 ChatGPT 活用で大切な prompt
Chapter 3 場面別 ICT &1人1台端末の英語授業アイデア
ICT ×生成 AI(教師利用)
1 授業準備のアイデアを考え合う仲間としての生成 AI
2 授業準備の壁打ち相手としての生成 AI
3 授業準備の作業補佐としての生成 AI
4 評価の場面で活用できる生成 AI
5 投影スライド作成で活躍する生成 AI
ICT × 生成 AI(生徒利用)
6 個人チューターとしての ChatGPT
7 英会話の相手として最適な ChatGPT
8 英作文添削者としての ChatGPT
9 問題演習時の指導者としての ChatGPT
10 英語授業以外でも大活躍な ChatGPT
ICT × 帯活動
11 コミュニケーションを引き出す information gap
12 2分間chatの新たな相手 ChatGPT
13 ロールプレイ相手としての ChatGPT
14 発音矯正の個別指導講師としての Google
15 ICT 時代の小テスト
ICT × information gap
16 information gap で生徒の思考を深めよう
17 自らにある偏見や偏った見方に気づかせよう
18 二人で力を合わせて犯人捜しをしよう
19 英語の授業をアクティブにしよう
20 動画を活用して生徒の心を揺さぶろう
ICT × 協働的な学び
21 匿名での意見の出し合いで使える Padlet
22 新時代の学び方を実現する Slido
23 常に生徒が主役になる Mentimeter
24 生徒の脳が常にフル回転する Mentimeter
25 意見の整理や分析を行う思考ツール
ICT × output 活動
26 プレゼンの原稿を同時編集する Google ドキュメント
27 新時代のプレゼン共同編集 Canva
28 AI が自動でスライドを作成する Canva
29 ディベートで活用する ICT
30 誰もが発信者になる時代における output 活動
ICT × writing・speaking 活動
31 これからの時代のライティング指導
32 自動翻訳機を使用したライティング指導
33 生徒のライティング比較を容易にするツール
34 ChatGPT を活用したパフォーマンステスト・振り返り
35 ChatGPT を活用した検定試験のスピーキング対策
ICT × 語彙指導
36 語彙学習の動機づけを高めるQuizlet
37 生成 AI に作成してもらう語彙リスト
38 生徒が自宅で夢中に学習する Kahoot! 再利用
39 ゲーミフィケーションを実現する Blooket
40 楽しくて単語学習がやめられない Blooket
ICT × 学習評価
41 自らの学びを調整する力の育成
42 生徒も参加する評価を活かした指導
43 自己伸長を把握するポートフォリオ
44 目一杯活用する CAN-DO リスト
45 観点別評価の本当のねらいと ICT
ICT × 授業術・仕事術
46 板書 vs デジタルの使い分け
47 紙 vs デジタルの使い分け
48 コピー機や印刷機の意外な便利機能
49 指導場面ごとのツールのまとめ
50 ICT を活用した授業改革

まえがき

 本書は以下のような読者を想定して執筆した。


@ 少しずつ ICT の活用は始めているが,十分に1人1台端末を活かしきれていないように感じている方。

A ICT は決して得意ではないけど,もっと発展的に使えるようになりたい方。


 1人1台端末の普及が小中学校では100%達成され,授業内での使用もどんどん進んでいる。高等学校においてもこの後,「高等学校 DX 加速化推進事業(DX ハイスクール)」が始まり,学校内でのデジタル技術に関連した教育は一気に加速していくことが予想される。

 『英語教師のための ICT &1人1台端末「超」活用法・基本編』を刊行したのが2022年10月。その後,ChatGPT の登場により世の中には大きな変化が訪れた。まるで人とやり取りしているような自然な対話を行う ChatGPT をはじめとした生成 AI は,これからさらに大きく進化をすることが予想される。そのような中,学校現場における教員の生成 AI の活用,また生徒が生成 AI を使いこなせるようになる教育の DX 化は喫緊の課題である。

 なお,基本編の出版から本応用編の作成の間にはすさまじいまでの変化が起きた。あまりの変化の速さにより,何度も書いた原稿をそのまま削除せざるを得なかった。それくらい多くの変化がこの数年で起きたのだ。


本書の構成は,基本編同様以下のようになっている。


・Chapter1 英語授業での ICT &1人1台端末活用のポイント─応用編

・Chapter2 ツール別 ICT &1人1台端末活用ガイド

・Chapter3 場面別 ICT &1人1台端末の英語授業アイデア


 構成は基本編と同じである。しかしながら,応用編においてはさらに実践的かつ具体的な事例を多く紹介するようにした。特に ChatGPT 等の生成 AI における具体的な prompt も多く取り上げた。以下各章の概要を紹介する。


 Chapter1では次期学習指導要領の中心的な考えになることが予想される「個別最適な学び」と「協働的な学び」について基本的な考え方を述べた。特に1人1台端末をどう効果的に使うかを改めて検討している。

C hapter2ではツールを多く取り上げた。今回は Google や Microsoft に限らず,様々なツールをそれぞれの場面で使い分けることを目標としている。

 またChapter3において,ChatGPT をはじめとする生成 AI の英語授業における活用法を多数紹介している。特に生徒が自ら使う ChatGPT についてはまだまだ事例は多くないので,参考にしていただき,勤務校の生徒にも使うことを推奨していってもらいたい。


 本書の執筆に当たっては,筆者の勤務校が Microsoft Teams を利用していないため,筑波大学附属中学校の高杉達也先生から多くの知見と実際の事例を紹介してもらった。なお,高杉先生は2024年6月に『思考力,判断力,表現力を育てる 中学校・高等学校 「タスク×言語活動」英語授業デザイン』という書籍を刊行する。こちらも是非読んでみていただきたい。

 また,妻と義父母,そして息子2人には,日ごろからたくさんのサポートと元気を与えてもらった。原稿の執筆がうまく進まない際に,焦ったり悩んだりしている中,家族からの支えがいつも心の支えとなった。皆がいなければやり抜くことができなかっただろう。

 皆に感謝の気持ちを込めてまえがきを終わりにしたい。


  2024年5月   /岩瀬 俊介

著者紹介

岩瀬 俊介(いわせ しゅんすけ)著書を検索»

学校法人石川高等学校・石川義塾中学校(学法石川)教諭・イノベーション推進部主任。東京都立高等学校,千代田区立九段中等教育学校を経て,現職。ELEC 同友会英語教育学会副会長・評価研究部会部長。中学校・高校で教鞭を執る傍ら,ICT を活用した授業の在り方について,授業の進め方から評価方法まで幅広く研究。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ