板書&写真でよくわかる 365日の全授業 小学校社会 3年
令和2年度全面実施学習指導要領対応

板書&写真でよくわかる 365日の全授業 小学校社会 3年令和2年度全面実施学習指導要領対応

近日刊行予定

毎日の社会授業の超強力サポーター!

3年の社会の全単元、全時間の授業を網羅。板書と活動写真で毎時間の授業内容がパッとつかめます。2色刷りにより授業の工夫やアイデアがひと目でわかる!「つかむ」「調べる」「まとめる」学びの過程からの授業解説も充実した必携の1冊です。【ダウンロード特典あり】


紙版価格: 2,700円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-426313-0
ジャンル:
社会
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 184頁
状態:
近日刊行
出荷:
2021年2月26日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
本書の使い方
第1章 授業づくりのポイント
1 学習内容とポイント
2 主体的・対話的で深い学び・学び合いのポイント
3 社会が苦手な子どものための支援のポイント
第2章 365日の全授業 3年
1 わたしのまち みんなのまち 全16時間
学校のまわり 全1+3時間
単元計画
導 入 社会科ではどんなことを学ぶのだろうか
第1時 学校のまわりは,どんなまちなのだろうか
第2時 学校のまわりには,どんなものがあるのだろうか
第3時 学校のまわりでいろいろな様子が見られるのはなぜか
市の様子 全12時間
単元計画
第1時 空から見た○○市の様子
第2時 ○○市で知っている場所はどこか
第3時 学習の進め方を確認しよう
第4時 市の土地の高さや広がり
第5時 市の土地の使われ方
第6時 市の交通の様子
第7時 市の公共施設
第8時 市に古くから残る建物
第9時 市の特徴やよさをまとめよう@
第10時 市の特徴やよさをまとめようA
第11時 市の特徴やよさをまとめようB
第12時 こんな時どうするか
2 はたらく人とわたしたちのくらし 全25時間
【選択】農家の仕事 全1+11時間
単元計画
導 入 まちには,どのような仕事をしている人がいるのか
第1時 市でつくられている野菜や果物はどんなものか
第2時 特産品「あまおう」はどのようにつくられるのか
第3時 農家では,1年間どのような仕事をしているのか
第4時 特産品「あまおう」について,どのように調べていくか
第5時 どうしたら,おいしい「あまおう」ができるのか
第6時 おいしい「あまおう」をつくるための工夫は何か
第7時 どうしたら,たくさん「あまおう」ができるのか
第8時 たくさん「あまおう」をつくるための工夫は何か
第9時 どのようにいちごを収穫するのか
第10時 収穫した「あまおう」はどうなるのだろうか
第11時 「あまおう」の宣伝シールをつくろう
店ではたらく人 全12時間
単元計画
第1時 学校のまわりには,どんな店があるのだろうか
第2時 買い物に行く人が多い店の秘密は何だろうか
第3時 家の人は,なぜその店に行くのだろうか@
第4時 家の人は,なぜその店に行くのだろうかA
第5時 人が多く来るスーパーマーケットの秘密は何だろうか@
第6時 人が多く来るスーパーマーケットの秘密は何だろうかA
第7時 商品はどこからやってくるのだろうか
第8時 店で働く人は,どのような思いで働いているのだろうか
第9時 「消費者の願い」と「販売者の願い」の関係
第10時 売り上げにはつながらないのに,なぜスーパーマーケットは環境に優しい取り組みをするのだろうか
第11時 スーパーマーケットは地域の□□□?
第12時 スーパーマーケットで働く人に感謝状を書こう
いかす 全1時間
単元計画
第1時 自分たちがくらす地域にスーパーマーケットをつくるならどのような工夫をしたらよいか考えて,広告に表そう
3 くらしを守る 全17時間
火事からくらしを守る 全1+8時間
単元計画
導 入 わたしたちのくらしを守るために働く人たち
第1時 火災時の様子の絵から気づいたことを話し合おう
第2時 消防署の人はどのようにして町を守っているのだろうか
第3時 消防署見学の計画を立てよう
第4時 消防署の人はどのような活動をしているのだろうか
第5時 火事が起きた時の仕組みはどのようになっているのだろうか
第6時 私たちの周りにはどのような消防施設があるのだろうか
第7時 消防団の人はどのような活動をしているのだろうか
第8時 自分にできることは何だろうか
事故や事件からくらしを守る 全7時間
単元計画
第1時 学区にある危険な場所を見つけよう
第2時 警察官は多くの事故・事件を解決できるのか
第3時 警察官はどのような仕事をしているのだろうか
第4時 警察官の仕事を詳しく調べよう
第5時 安全なまちづくりはどのように行われているのか
第6時 安全なくらしができるのか,自分の意見をまとめよう
第7時 わたしたちは安全なくらしをしていくことができるのか
いかす 全1時間
単元計画
第1時 安全なまちづくりの実現をめざそう
4 市のうつりかわり 全12時間
市の様子と人々のくらしのうつりかわり 全12時間
単元計画
第1時 変わってきたわたしたちの広島市@
第2時 変わってきたわたしたちの広島市A
第3時 道路や鉄道の移り変わり
第4時 土地の使われ方の移り変わり
第5時 人口の移り変わり
第6時 公共施設の移り変わり
第7時 道具とくらしの移り変わり
第8時 広島市の移り変わりをまとめよう@
第9時 広島市の移り変わりをまとめようA
第10時 広島市の発展のために
第11時 「デルタ(三角州)のまち広島市」の様子の移り変わり
第12時 土地の広がりとともに変わってきた福岡市
おわりに

はじめに

 『板書&写真でよくわかる 365日の全授業 小学校社会』は,2019年6月に明治図書から出版された木村博一編著『「わかる」社会科授業をどう創るか−個性のある授業デザイン−』が縁となって生まれました。『「わかる」社会科授業をどう創るか』は,木村を中心とする3つの社会科サークル〈岡崎社会科授業研究サークル(愛知県岡崎市)〉〈広島社会科サークル(広島県広島市)〉〈教職人の会(広島県三原市)〉に集まった教員の実践記録集です。“社会科が好きで好きでたまらない”教員が集まり,各教員のこだわりを大切にしながら編集した本です。

 『「わかる」社会科授業をどう創るか』が出版されてから数ヶ月後のこと,明治図書編集部の及川誠様から『板書&写真でよくわかる 365日の全授業 小学校社会』の編集依頼がありました。「3つの社会科サークルに集まっている教員は,分担執筆者の22名だけではないでしょう。あのように個性ある実践記録を書くことのできる先生方を集めて執筆していただきたい」という依頼でした。このように嬉しい依頼は滅多にあるものではありません。私は快諾しました。

 全4冊の本書の編集にあたっては,学年ごとに編集責任者をお願いしました。各冊の執筆者については,3つのサークルに属する教員はもちろんのこと,広島市の社会科同好会の教員にも声をかけ,各学年の編集責任者4名と関わりの深い教員にも執筆をお願いしました。そして,私を含む5名で本書の基本方針を立てていきました。3つの基本方針は,次のとおりです。

 @若手の小学校教員が本書の板書と授業計画をモデルとしながら授業を展開できる汎用的な構成を心がける。

 A若手の小学校教員が本書の板書と授業計画をモデルとしながらも自ら創意工夫をして授業改善を試みていく端緒となる構成をめざす。

 B事例地については,いずれかの社会科教科書の事例地を取り上げることを基本とするが,独自の事例地を取り上げることをも可とする。ただし,他の地域の事例地を取り上げて授業を構想してもモデルとなり得るように汎用的な記述を心がける。

 その上で,学習指導要領と教科書を踏まえた汎用的な構成にすることを前提としながら,一人ひとりの教員が「自ら創意工夫をして授業改善を試みていく端緒となる構成をめざす」ことに心を砕きました。言いかえれば,本書は,社会科の苦手な若手の教員が一定の標準的な授業を展開できるようになるための入門書であり,社会科の授業づくりに興味・関心をもちはじめた若手教員がよりよい授業を模索していく際の手がかりとなる指針の書でもあります。皆様が,社会科授業に対する自身の見方・考え方を働かせながら,一歩ずつ個性ある授業ができるように創意工夫を重ねていく手がかりとして,本書がお役に立てば幸いです。


  2021年2月   /木村 博一

著者紹介

木村 博一(きむら ひろかず)著書を検索»

1958年和歌山県生まれ。

愛知教育大学助手・同助教授,広島大学学校教育学部助教授,広島大学大学院教育学研究科教授などを経て,現在は広島大学大学院人間社会科学研究科(教育学系)教授。広島大学附属三原幼稚園・小学校・中学校長(併任)。

博士(教育学)。

新谷 和幸(にいや かずゆき)著書を検索»

1974年広島県生まれ。

広島市公立小学校教諭,広島大学附属東雲小学校教諭などを経て,現在は長崎大学大学院教育学研究科准教授。

博士(教育学)。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ