中学校道徳サポートBOOKS
未来のための探究的道徳 「問い」にこだわり知を深める授業づくり

中学校道徳サポートBOOKS未来のための探究的道徳 「問い」にこだわり知を深める授業づくり

新刊

BEST300

問い直すことで新たな問いが生まれ学びが深まる

「笑いとは」「仲間とは」「優しさとは」−日常生活に切り込み、道徳的価値に対する 自らの「当たり前」を問い直す知的な授業づくりを紹介。「考え、議論する」道徳授業をつくるための新手法を理論と実践で学べます。実践は学習指導案やワークシート付。


紙版価格: 2,200円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-299710-5
ジャンル:
道徳
刊行:
対象:
中学校
仕様:
B5判 128頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年9月17日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

はじめに
第1章 理論編
考え,議論する道徳をつくる知の探究的な学習に基づいた道徳教育
国際バカロレア(IB)と社会課題解決
TOKと教育
知の探究的な学習と道徳教育
第2章 実践編
考え,議論する道徳をつくる道徳的知の探究的な学習に基づいた授業モデル
道徳的知の探究的な授業の進め方
指導案でよくわかる!道徳的知の探究的な授業モデル
A 主として自分自身に関すること
もし,言葉がなかったら……
競争は学校に必要か
大人と子どもの境界線はどこか@
大人と子どもの境界線はどこかA
B 主として人との関わりに関すること
優しさとは何か
仲間になるためには何が必要か
〇〇中学校の生徒として大切にしたいこと
C 主として集団や社会との関わりに関すること
本当の優しさとは何か
この世の中に笑いは必要か 〜あなたは何を笑いますか〜@
この世の中に笑いは必要か 〜あなたは何を笑いますか〜A
D 主として生命や自然,崇高なものとの関わりに関すること
環境危機を人類は止めることができるのか
奇跡とは何なのか 〜奇跡は偶然起きるのか〜
第3章 評価編
考え,議論する道徳をつくる道徳的知の探究的な学習に基づいた評価
道徳科の評価と道徳的知の探究的な学習での取り組み
COLUMN
道徳的知の探究的な学習におけるファシリテーション
「ふりかえり」はなぜ大切なの?
中学生を「モヤモヤ」させよう
おわりに

はじめに

 「知の理論」(Theory of Knowledge:TOK)について知ったのは2017年の春。本書でも執筆していただいている立命館宇治中学校・高等学校の西田透先生より電話をいただいたことがきっかけでした。立命館宇治中学校・高等学校は,日本でもまだ数の少ないIB教育(International Baccalaureate:国際バカロレア)認定校で,その手法を道徳教育にも活かしたいのだが,どうすればいいのでしょうか?という内容だったと記憶しています。当時の私はIBという言葉は知っていたものの,その中で取り組まれているTOKなどについてはまったく無知で,電話を聞きながらパソコンで「IB TOK」と検索したことを思い出します。


 その後,実際に授業を見せてもらう中で,今までの道徳の授業とは異なった,道徳的知の探究的な学習に魅力を強く感じることになります。まず,この道徳ではいわゆる「読み物教材」をほぼ使わずに,授業のテーマに基づいた映像や小話といった題材を用いて授業をおこなっている点(こうすることで,考えたり他者と交流したりする時間をより多く確保できます),次いで,自分でしっかりと考える時間を確保しながら,他者との対話の中で道徳的価値観を揺さぶっている点,そして何より最大の魅力は,自分の当たり前,自分たちの思考の前提を徹底的に問い直すということを教員と生徒の「共通了解」として授業を成立させている点です。


 道徳的知の探究的な学習では,批判的に考えること(クリティカル・シンキング)が推奨されますが,この際の「批判的」とは,他者の否定あるいは非難という意味ではなく,自分(あるいは自分たち)の考え方そのものを検証し,問い直していくことを意味しています。私たちは「思い込みや前提」に基づいて話を進めていく傾向がありますが,この思い込みや前提によって他者との分断や争いが生じたりすることもあります。道徳的知の探究的な学習とは,「笑いとは」「仲間とは」「優しさとは」といったテーマから,私たちの何気ない日常生活に切り込んでいくことによって,道徳的価値に対する自らの当たり前を問い直していく道徳の実践です。


 また,道徳的知の探究的な学習では,問い直すことから新たな問いが出てくることをねらっています。問いがあることによって,私たちは考えることができます。探究のプロセスには問いが欠かせません。問い直すことによって新たな疑問が生じること,この連続的な営みが思考を活性化させていきます。


 折しも,2019年度より「特別の教科 道徳」が中学校でも完全実施を迎えるという時期的なこと,とりわけこの教科化によって「考え,議論する道徳」への転換が図られていることもあり,道徳教育において,知の探究的な学習を用いた手法が日本全国の先生の目に留まれば,「もう一つの道徳の教育方法」としてお役に立つのではないかと考えました。というのも,多くの学校で研修をさせていただく中で,「考え,議論する道徳」とは一体どんな実践を表すのか,具体例を示してほしいというリクエストが多々あったからです。もちろん,さまざまな手法を用いて「考え,議論する」ことは可能ですが,その中の選択肢の一つとして道徳的知の探究的な学習を位置づけることができます。


 本書は,第1章において,道徳的知の探究的な学習の理論面についてわかりやすく解説をしています。第2章では,指導案を12本掲載しています。また,第3章では道徳教育の評価について論じてあります。まずは実践を知りたいと思われる方は第2章から読んでいただいて,その後別の章に目を通していただいてもかまいません。「批判的に物事を考えるとはどういうこと?」「今どういう力を育成していくことが国際的には目指されているの?」ということに関心がある方は,第1章から目を通していただいた方がわかりやすいかもしれません。


 本書を通じて,多くの先生が道徳的知の探究的な学習を実践することを願ってやみません。これからの時代を担っていく子どもたちが,自分,そして他者と真摯に向き合う中で,これからのよりよい生き方やあり方を探究していくことができる,本書がその一助になれば幸いです。


  2019年4月   著者を代表して /荒木 寿友

著者紹介

荒木 寿友(あらき かずとも)著書を検索»

立命館大学大学院教職研究科教授

1972年宮崎県生まれ,兵庫県育ち。2003年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了(博士)。NPO法人EN Lab.代表理事。

専門は道徳教育,教育方法学,国際教育,ワークショップなど。対話やワークショップを核とした研究とともに,国内外(ミャンマー)の教育支援活動をおこなう。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 答えのない問い、と言うコンセプトがよかった。またIB校でどのような道徳授業が構想されているのかもわかった。一方で、授業で使われている動画や画像の詳細がもう少しあれば、自分の教室でも再現が可能なのでその点は残念。
      2019/8/25ちょび
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ