小学校高学年 生活指導すきまスキル72

小学校高学年 生活指導すきまスキル72

インタビュー掲載中

ハードとソフトで高学年の生活指導のつまずきを解消!

高学年の生活指導では、思春期特有の自我も芽生えて反発もある時期の為、子どもに応じた細かな配慮が必要です。指導をうまく機能させる「すきまスキル」を、理解させる規律訓練型の「ハード」とできるようにする環境管理型の「ソフト」に分けてまるごと紹介しました。


紙版価格: 1,800円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,620円+税

Off: ¥180-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-280513-4
ジャンル:
生活・生徒・進路指導
刊行:
対象:
小学校
仕様:
四六判 160頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年10月15日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

contents

もくじの詳細表示

まえがき
第1章 「手のかかる子・幼稚な子」 指導スキル32
1 友人関係を把握する/ハード編
2 友人関係を把握する/ソフト編
3 学級への所属感を把握する/ハード編
4 学級への所属感を把握する/ソフト編
5 担任への信頼度を把握する/ハード編
6 担任への信頼度を把握する/ソフト編
7 嘘をつく,ごまかす子/ハード編
8 嘘をつく,ごまかす子/ソフト編
9 見た目を気にする子/ハード編
10 見た目を気にする子/ソフト編
11 異性が気になる子/ハード編
12 異性が気になる子/ソフト編
13 不要物を持ってくる子/ハード編
14 不要物を持ってくる子/ソフト編
15 勝ち負けを気にする子/ハード編
16 勝ち負けを気にする子/ソフト編
17 勝手に進めてしまう子/ハード編
18 勝手に進めてしまう子/ソフト編
19 コミュニケーションをとらない子/ハード編
20 コミュニケーションをとらない子/ソフト編
21 担任に反抗的な態度をとる子/ハード編
22 担任に反抗的な態度をとる子/ソフト編
23 家と学校での様子が違う子/ハード編
24 家と学校での様子が違う子/ソフト編
25 担任と友だちの前で様子が違う子/ハード編
26 担任と友だちの前で様子が違う子/ソフト編
27 相手によって態度を変える子/ハード編
28 相手によって態度を変える子/ソフト編
29 他のクラスの友だちを優先する子/ハード編
30 他のクラスの友だちを優先する子/ソフト編
31 悪口・陰口を言う子/ハード編
32 悪口・陰口を言う子/ソフト編
第2章 「気になる子・やんちゃな子」 指導スキル24
1 親子関係を把握する/ハード編
2 親子関係を把握する/ソフト編
3 成育歴を把握する/ハード編
4 成育歴を把握する/ソフト編
5 前学年までのことを把握する/ハード編
6 前学年までのことを把握する/ソフト編
7 コミュニケーションがとれない子/ハード編
8 コミュニケーションがとれない子/ソフト編
9 登校しぶりの子/ハード編
10 登校しぶりの子/ソフト編
11 恥ずかしがる・表現できない子/ハード編
12 恥ずかしがる・表現できない子/ソフト編
13 自信がもてない・一人で動けない子/ハード編
14 自信がもてない・一人で動けない子/ソフト編
15 生活リズムが良くない子/ハード編
16 生活リズムが良くない子/ソフト編
17 整理整頓ができない子/ハード編
18 整理整頓ができない子/ソフト編
19 動作が遅い子/ハード編
20 動作が遅い子/ソフト編
21 じっとしていられない子/ハード編
22 じっとしていられない子/ソフト編
23 不安の強い子/ハード編
24 不安の強い子/ソフト編
第3章 「学習規律・生活規律」 指導スキル16
1 行事への意欲を高める/ハード編
2 行事への意欲を高める/ソフト編
3 校外での歩き方・並び方/ハード編
4 校外での歩き方・並び方/ソフト編
5 整列の仕方・点呼の仕方/ハード編
6 整列の仕方・点呼の仕方/ソフト編
7 公共マナーを教える/ハード編
8 公共マナーを教える/ソフト編
9 グループのつくり方/ハード編
10 グループのつくり方/ソフト編
11 係の決め方/ハード編
12 係の決め方/ソフト編
13 バス・列車の座席を決める/ハード編
14 バス・列車の座席を決める/ソフト編
15 部屋割りを決める/ハード編
16 部屋割りを決める/ソフト編
あとがき

まえがき

 再び,こんにちは。堀裕嗣です。

 「学級経営すきまスキル」に続いて,「生徒指導・生活指導すきまスキル」の刊行です。これまた,小学校低学年版・高学年版・中学校版を編集させていただくことになりました。今回もまた,宇野弘恵・大野睦仁・山下幸の三氏に編集のご協力をいただきました。心強い三氏です。

 本シリーズの最も大きな特徴は,それぞれのスキルの解説が「ハード編」「ソフト編」の二つに分かれているところです。少なくとも僕らはそう思っています。本書ではこの「ハード」と「ソフト」の書き分けが,前著の「学級経営……」よりもわかりやすいとも感じています。

 生徒指導・生活指導ならば,「ハード」は生徒指導的になりますし,「ソフト」は教育相談的になります。前者は厳しい指導で,後者は優しい指導と言っても良いでしょうし,前者は教師主導の指導で,後者は子ども主体の指導であると言い換えても良いでしょう。少し難しい言葉を使うなら,前者は「規律訓練型」の指導と言えますし,後者は「環境管理型」の指導と言えます。もちろん,学校教育の具体的な指導ですから,完全にどちらかに分けるなんてことはできません。その意味ではこの段落に多用した「的」とか「型」とかという接尾語が絶対にはずせません。

 時代は来たるべき道徳の教科化,アクティブ・ラーニング,そして「深い学び」にまっしぐらです。学校現場もそのための教育課程の整備に大忙しです。しかし,そういうときこそ,実は子どもたちが置いてけぼりになる。そんな印象があります。新学力観のときも,ゆとり教育のときもそうでした。「心の教育」のときも,「学力向上路線」のときもそうでした。長年この仕事をやっていると,その矛盾に心が痛みます。どんな理想の教育が語られようとも,どんな時代にあっても,子どもたちにとっては学校は「生活」の場であって,「理想を実現する」場ではないわけですから。

 教師が理想を追わなければならないときほど,そう焦らなければならないときほど,子どもの実態と乖(かい)離(り)しないように自らを戒めなければならない,時代に流され翻弄されるだけの自分にならないように足下に目を向けなければならない。そんなふうに思います。

 生徒指導・生活指導はまさに,そんな学校現場の足下を対象としています。子どもたちが学校生活を送るうえで最低限必要なこと,時代が変わっても生活をするうえで出てこざるを得ない現象,教育課程が変わっても必ず存在する学校定番の行事で起こり得るトラブル,そんなことを対象としています。これらをうまく裁けない,これらをうまく機能させられない,そんな教師の現実が「理想の教育」の足を引っ張ります。そんなことにならないために,少しでも力になれば……。そう思って生徒指導・生活指導の「すきま」を集めてみました。みなさまの教師生活に少しでも役立つなら,それは望外の幸甚です。


   /堀 裕嗣

著者紹介

堀 裕嗣(ほり ひろつぐ)著書を検索»

1966年北海道湧別町生。北海道教育大学札幌校・岩見沢校修士課程国語教育専修修了。1991年札幌市中学校教員として採用。1992年「研究集団ことのは」設立。

大野 睦仁(おおの むつひと)著書を検索»

1966年北海道札幌市生まれ。北海道教育大学岩見沢校卒業。「死」も扱う「いのちの授業」や,学習者主体の教室づくりを模索中。2004年より「教師力BRUSH-UPセミナー」事務局。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • ポイントをつかめました。
      2018/12/2440代・小学校教諭
    • 学級でよく直面するものの、「その場しのぎ」な対応、無目的な対応になりがちな場面について、ハードとソフトの両面から具体策を提案してくれます。
      2017/9/20げんちゃん
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ