図解でかんたん 養護教諭のための保健室ICT入門

図解でかんたん 養護教諭のための保健室ICT入門

新刊

総合43位

保健室業務の効率化で子供たちの笑顔を守ろう

日々の業務に追われている先生必見!健康観察や水質検査、来室対応といった【保健室経営】から【健康診断】【保健教育】といった保健のプロとしての業務までICTでサクッと効率化するためのノウハウを豊富に収録。保健室登校の子供との上手な関わり方もまるわかり。


紙版価格: 2,266円(税込)

送料・代引手数料無料

電子版予価: 2,039円(税込)

12/25刊行予定

ISBN:
978-4-18-255829-0
ジャンル:
その他教育
刊行:
対象:
小・中・高
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫あり
出荷:
2024年7月16日

CONTENTS

もくじの詳細表示

はじめに
Chapter 0 本書で活用する ICT
Google Classroom
Google フォーム
Google Meet
Google スライド
iMovie
Padlet
Kahoot!
ChatGPT
Canva
column Canva for Education
Chapter 1 保健室経営×ICT
ルーティン
欠席連絡
健康観察
水質検査
在庫管理
調査・アンケート
応急処置に悩んだ時の相談窓口
来室対応
来室記録
離席時対応
コミュニケーションボード
痛み・心のスケール
便利カード集
保健室のルールづくり・共有
保健だより
簡単に作成する技
さらに手軽に作成する技
かわいくカラーに再編集する技
Canva の便利機能
column 救命サポーター
Chapter 2 健康診断×ICT
検診前ミニ保健教育
尿検査のお知らせ
健診待ち時間表示ボード
検診・検査結果の直接入力
離れた検診会場を遠隔チェック
視力検査が苦手な子供への対応
column 差し込み印刷
Chapter 3 保健教育×ICT
授業の導入
授業の準備と進行
疑問・質問・意見出し
授業の復習
遠隔での TT 授業
健康診断のデータの共有
小3 健康的な生活「手洗いチェッカー」
小4 体の発育・発達
小5 けがの防止 @
小5 けがの防止 A
小6 病気の予防「歯の赤染め」
column 災害時に私たちがICTでできること
Chapter 4 保健委員会・校務分掌×ICT
保健委員会
グループ作成
委員会始め・年間活動計画
ポスター作成
在庫管理などの常時活動
オリジナルイラストの生成
発表活動
1年間のまとめ
その他の分掌
エピペン研修会
オンラインカウンセリングの設定
支援員等の配置の共有
プレゼンテーションの自動作成
研究会などでの受付業務
保健目標のたたき台作成・教育計画の添削
column ホケモン GO
Chapter 5 季節・学校行事×ICT
WBGT の周知
体育着・服のレンタル状況の把握
シャトルランの不調者チェック
宿泊行事での看護師との記録の共有
就学時健診混雑表示ボード
教育実習生の記録
卒業生への身長体重カード
column 手洗い FES
付録 保健室で過ごす子供との関係づくり裏ワザ集
デジタル健康すごろく
デジタルスクラッチアート
桃太郎電鉄 教育版
column 色のシミュレータ
おわりに

はじめに

 私たち養護教諭は日々,子供たちと接する中で様々な課題に直面しています。その中でも,日々の業務の効率化は重要な課題の1つです。


 この本は,そうした課題に対処するために,ICT の活用方法を紹介しています。

 ICT を上手に活用することで,保健室業務はスムーズになり,子供たちへの新しいアプローチの方法も生まれます。


 しかし,パソコンを含む ICT 機器を使うことに苦手意識をもつ方もいらっしゃるかもしれません。そういった方々も,この本を読めば ICT の基本から応用まで,ステップバイステップで理解できるようになっています。ページをめくるだけで,やり方が自然と頭に浮かんでくるはずです。


 第1章では,欠席連絡や健康観察,水質検査などの日常的な業務の効率化について説明しています。調査やアンケート結果の集約なども取り上げています。


 第2章では,デジタルサイネージ(タブレットなどの電子機器を使った情報発信のシステム,電子看板など)を使ったミニ保健教育や尿検査のお知らせ,それぞれの検診の待ち時間の表示など,健康診断の効率化に焦点を当てています。


 第3章では,授業の教材準備から導入,復習,遠隔授業など,保健教育における ICT の活用方法について解説しています。


 第4章では,保健委員会の運営や校務分掌における ICT の利用方法を紹介しています。オリジナルイラストの生成,スクールカウンセラーとのオンラインカウンセリングの設定,発表スライドの作成なども含まれています。


 第5章では,季節ごとの学校行事や健康関連イベントでの ICT の活用を紹介しています。WBGT(暑さ指数)のデジタル表示や体育着のレンタル状況の管理・発信,宿泊行事での看護師との記録の共有などを取り上げています。


 最後に,この本を手に取ったすべての養護教諭の皆様が,ICT を活用して業務の効率化を図り,子供たちの健康と安全を守るための一助となることを願っています。


 ぜひ,この本を通じて,保健室業務の新たな可能性を見つけていただければと思います。


  2024年5月   /キジ

著者紹介

キジ著書を検索»

公立小学校養護教諭。保健室での ICT 実践についてX(旧 Twitter)や Instagram にて発信している。自治体の養護教諭研究会や大学での講師活動,執筆活動も行っている。養護教諭がICT を活用することで,保健室登校や不登校,特別な支援を必要とする子供たちの支援に繋がると考え,活動している。モットーは,「すべての養護教諭が ICT を活用できるように」。好きな言葉は「かわいい」。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ