加藤宣行の道徳授業 考え、議論する道徳に変える話し合い&道徳ノートの鉄則45

加藤宣行の道徳授業 考え、議論する道徳に変える話し合い&道徳ノートの鉄則45

総合83位

好評2刷

インタビュー掲載中

充実した話し合い&道徳ノートで授業は大きく変わる!

「考え、議論する道徳」を実現するには、話し合いの充実と、道徳ノートの効果的な活用が欠かせません。シャープな発問で常に話し合いを活性化させ、教科化以前からずっと道徳ノートの活用に取り組んできた著者が、そのすべてを公開!大好評シリーズ第3弾です!


紙版価格: 1,900円+税

送料・代引手数料無料

電子版価格: 1,710円+税

Off: ¥190-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF EPUB
ISBN:
978-4-18-244319-0
ジャンル:
道徳
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年12月9日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

Contents

もくじの詳細表示

はじめに
1章 「考え,議論する道徳」に変える話し合い&道徳ノート
01 道徳授業における「主体的・対話的で深い学び」とは
02 話し合いを変えると授業が変わる
03 道徳ノートを変えると授業が変わる
―道徳ノートの必要性と活用法―
2章 「考え,議論する道徳」に変える話し合いの鉄則30
01 話し合いたい気持ちに火をつける
02 話し合いの単位(全体,グループ,ペア)を押さえる
03 全体での話し合いを授業の根幹に据える
04 テーマ・スタート・ゴールを明確にする
05 教材の本質を話し合いのテーマにする
06 教材の性質によって話し合うテーマを決める
07 ファシリテーターだけに徹しない
08 教師と子どもの1対1の応答にならないようにする
09 話し合いのルールを確認する
10 子どもの発言を教師がやさしく言い換える(低学年)
11 子ども同士の意見交流を組織する(中学年)
12 子どもが考えを言いやすい空間をつくる(高学年)
13 意図的指名を活用する
14 ペアでの話し合いを有効活用する
15 意見をもちやすいテーマで話し合いをする
16 グループでの話し合いは教師が仕切る
17 固定観念を崩す発問で話し合いをスタートする
18 ときには相互指名を活用する
19 子どもの「ぎもん」を大切にする
20 問い返しで本質に迫らせる
21 道徳ノートを話し合い場面に生かす
22 ねらいに沿っていない発言は問い返す
23 一面的な意見しか出ないときは教師から別視点を与える
24 誰も手を挙げないときは意図的指名を活用する
25 思いもかけない発言はチャンスととらえ広げる
26 心情メーター・心情図を活用する
27 ネームプレートでの意見表明を活用する
28 AorBの対立グループでの話し合いを行う
29 思考ツールを活用する
30 今までのタブーを深い学びにつなげる観点で見つめ直す
3章 「考え,議論する道徳」に変える道徳ノートの鉄則15
01 道徳ノートを活用する意味を押さえる
02 授業と授業後,授業と授業をつなぐ役割を押さえる
03 様々な「つなぐ役割」を押さえる
04 オリエンテーションで明るい展望を示す
05 黒板の丸写しではないノートづくりをさせる(低学年)
06 自由に使いこなすための土台をつくる(中学年)
07 ノートを使いこなせるようサポートする(高学年)
08 ノートを書きながら考えさせる
09 思考ツールを活用する
10 ノートへのコメントは具体的な言葉で書く
11 子どもの無限大の意欲につなげる
12 道徳ノートを評価に活用する
13 道徳ノートを自己評価に活用する
14 ノートを介在とした交流の場を仕組む
15 道徳ノートを媒介として学びを広げる
4章 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想
01 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(1年生)
02 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(2年生)
03 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(3年生)
04 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(4年生)
05 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(5年生)
06 話し合い&道徳ノートを生かした授業の構想(6年生)

はじめに

 小学校で「特別の教科 道徳」がスタートしました。それに続いて中学校も,考え,議論する道徳科学習が始まります。これまでも,子どもたちにとって学びの多い授業とはどのようなものかが問われてきましたが,いざ実践するとなってはじめて見えてきた課題や疑問も多々あることと思います。

 私が講演や授業で全国を周り,先生方と話をさせていただく中で出される話題で多いのは,やはり授業のバリエーションと評価のことです。

 深く考え,議論させるためにはどのような発問をしたらよいのか,議論を深めるための授業形態はどうか,評価はどうしたらよいのか,評価に関連して道徳ノートの活用が謳われているがノートづくりのポイントは何か,等々です。

 そこで,今回は「深く議論するための話し合い活動のあり方」「子どもたちが主体的に取り組む道徳ノートのあり方」についてスポットを当ててまとめることにしました。

 話し合いも,ノート活用も,どの教科・領域の学習でも行われていますが,道徳の場合はその特質性からも,ちょっと違った観点でのアプローチが可能であり,そのような特質を理解した上での活用は,「特別の教科 道徳」としてとても重要なポイントとなります。そのポイントを項目ごとに見開きですぐに把握できるように,なるべく具体的に書きました。

 本書を活用していただきながら,道徳科の授業をより一層充実させ,子どもたちの学びが深まり,ついでに子どもたちの顔が見える評価ができたら最高ですね。子どもも先生も,楽しんで授業をしていただけることを願いつつ,あいさつの言葉とさせていただきます。


  /加藤 宣行

著者紹介

加藤 宣行(かとう のぶゆき)著書を検索»

筑波大学附属小学校教諭,筑波大学・淑徳大学講師。

スタントマン,スポーツインストラクター,公立小学校教諭を経て現職。

日本道徳基礎教育学会事務局長

KTO道徳授業研究会代表

光文書院道徳教科書「ゆたかな心」監修

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 話合いにおける教師の役割、また、ノートをどのように活用し、適切に指導に位置付けるか、詳しく書いてあり勉強になりました。また、加藤先生の授業が見たくなりました。
      2019/11/2830代中学校教諭f
    • さすが加藤先生。大事なポイントがわかりやすく説明されていて、実践しやすかったです。
      2019/10/11アツシ
    • 見開きで、1つの内容という構成がとても分かりやすかったです。また、授業にタブーをつくらない柔軟さには励まされました。
      2019/5/450代・小学校教員
    • 道徳が教科になり1年が過ぎようとしています。話し合いが盛り上がって終わりのような日が多く、これでいいのだろうかと悩む日々です。この本を見つけて、少しずつ話し合いの仕方が変わってきました。評価につながる道徳ノートも今年はうまく使えなかったので、来年はこの本を参考に頑張りたいと思います。
      2019/3/550代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ