体育科授業サポートBOOKS
子どもを授業にグッと引き込む!小学校体育 超オモシロ導入アイデア

体育科授業サポートBOOKS子どもを授業にグッと引き込む!小学校体育 超オモシロ導入アイデア

近日刊行予定

夢中になり、気が付いたら授業が始まっていた!

体育授業の導入、いつも同じ準備体操をしていませんか?今日の授業のメニューに合わせた導入で、体のウォーミングアップだけでなく、頭や心のウォーミングアップも図りましょう!導入の流れがイメージできる教師と児童のやり取りの具体を全領域で収録。


紙版価格: 2,200円(税込)

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-217327-1
ジャンル:
保健・体育
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 168頁
状態:
近日刊行
出荷:
2024年6月3日

CONTENTS

もくじの詳細表示

はじめに
Chapter1 導入が決まれば授業が決まる
1 導入の役割
2 導入の種類
3 導入と評価
Chapter2 子どもを体育授業にグッと引き込む導入アイデア
体つくり運動系
1 3回目前回し踏み
短なわの概念をほぐす導入アイデア
2 上下に止まるなわへGO!
いつのまにか長なわに入れちゃう導入アイデア
3 「78(なわ)」の開発
78種類の長なわ・短なわ開発する導入アイデア
4 30秒ぴったり気分「走」快
「ペース」と「上下動」に着目した導入アイデア
5 体ジャンケン必勝法!「遅出し体ジャンケン」
「気付き」と「かかわり」を育む導入アイデア
6 ペアで目隠し歩き
「不安」を「安心」に変える力を実感する導入アイデア
器械運動系
7 仰向けで手を使わず,さっと立てるかな
回転力をつくる導入アイデア
8 自分の前転,身長よりも長い?短い?同じ?
前方向への回転の系統と導入アイデア
9 どちらが支えやすい?
「腕支持」の導入アイデア
10 膝を伸ばしてトコトコトコ,できるかな?
「倒立系」の導入アイデア
11 着手よりも前に着地できるかな?
「切り返し」の動きをつくる導入アイデア
12 「2台連続跳び」止まらないようにできるかな?
「安定」した動きをつくる導入アイデア
陸上運動系
13 非常口のピクトグラムって速い?遅い?
「走り方」の導入アイデア
14 最初に動くのは前足?後ろ足?どっち?
「かけっこ・短距離走のスタート」の導入アイデア
15 ペアで直線ペーパーパス
「リレー」の導入アイデア
16 0歩助走で水たまりジャンプ!
「幅跳び・走り幅跳び」の導入アイデア
17 0歩助走でゴム跳び!
「高跳び・走り高跳び」の導入アイデア
18 投げたい!そう(投げ体操)
「投の運動(遊び)」の導入アイデア
水泳運動系
19 不安解消プログラム
「水慣れ・顔つけ・もぐる」の導入アイデア
20 映える水中写真大賞
水中での学びを可視化する ICT 利活用
21 3つの下じき実験
「浮き方」を知る導入アイデア @
22 体にある浮き輪を使って,どっちが浮きやすい?「バンザイ」or「気をつけ」
「浮き方」を知る導入アイデア A
23 沈むスイカ実験
「呼吸・浮き沈みのリズム」をつかむ導入アイデア
24 ひっぱりスイム
「抵抗のすくない姿勢」を知る導入アイデア
ボール運動系
25 あっちむいて,ポイ!
「反射的」から「意図的」な攻防へと誘う導入アイデア
26 ハンカチ落としゲーム
ベースボール型の導入アイデア
27 互いをよくみて感じて「オーダーゲーム」
「相互技能」を育む導入アイデア
28 「こっちからあっちVSおじゃま」を面白くしよう @
「自分たちのゲーム」を創る導入アイデア
29 「こっちからあっちVSおじゃま」を面白くしよう A
「ネット型」と「ゴール型」をつなげる導入アイデア
30 「強いチーム」ってどういうチーム?
「貢献」に着目した導入アイデア
表現運動系
31 ひらひらタッチ(紙あり・なし)
「恥ずかしいから踊れない」を解消する導入アイデア @
32 水かけ合いっこ
「恥ずかしいから踊れない」を解消する導入アイデア A
33 走・跳・転・みる・みる・みる
「恥ずかしいから踊れない」を解消する導入アイデア B
34 8-8・4-4・2-2・1-1-1-1
「恥ずかしいから踊れない」を解消する導入アイデア C
35 「○○が□□している」の物語化
なりきり文法「S(主語)+V(動詞)」で自由で即興的に踊る導入アイデア
36 「光と陰の世界」へGO!
踊りたくなる学習環境と発表会

はじめに

「導入」が変われば「授業」が変わる〜運動が面白くなる授業を目指して〜


 はじめの一歩。方向が1度ズレると,1m先の目的地は約1.8cmズレます。小さなズレのように思われますが,例えば,東京から直線距離にして約1万km離れたパリを目指すと,1度のズレで,パリから約180kmも遠く離れたノルマンディー地方の怪盗ルパンの家に着いてしまう計算になります。目的地へ到着するには,はじめの一歩の些細なズレに気付けるかどうかにかかっています。

 体育授業の導入もしかり。導入が変われば,授業が変わる。上質は細部に宿るが如く,目指す授業に迫るには,導入における小さな1度のズレに大きな注意が必要です。

 本書の「導入アイデア」は,小さな1度のズレに大きな注意を払いながら検討を重ねて,体育科の授業実践のフィルターにかけてきたものです。

 「導入教材」ではなく「導入アイデア」となっているのは,教材は授業の中ではじめて教材になるという考えに立っています。本書の「導入アイデア」が読者の先生方のご実践の中で採用され,授業の中で先生方と子どもたちが面白がって,遊び心をもって,教材にしていただけると幸いです。


  2024年5月   /鈴木 一成

著者紹介

鈴木 一成(すずき かずなり)著書を検索»

愛知教育大学 創造科学系 保健体育講座 准教授

愛知教育大学大学院 教育学研究科 教科指導重点コース 准教授

静岡県浜松市生まれ,1997年愛知教育大学卒業,1999年愛知教育大学教育学研究科修了,公立小学校(名古屋市立藤が丘小学校・名古屋市立柳小学校)及び愛知教育大学附属名古屋小学校に15年間勤務。在職中に体育・保健体育指導員(名古屋市教育委員会)を務める。2014年4月愛知教育大学講師,2017年4月より現職。

愛知県内を中心に保育園及び幼稚園・小学校・中学校・高等学校教員研修講師,2023年度より愛知教育大学大学院・静岡大学大学院 教育学研究科共同教科開発学専攻 後期博士課程在籍,2024年度スポーツ庁主催「体育が苦手な児童生徒のための授業づくり研究大会」体育・保健体育指導力向上研修講師。主な研究は,体育・保健体育の授業づくり・教材づくり。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ