目指せ!英語授業の達人30
絶対成功する!英文法指導アイデアブック 中学1年

目指せ!英語授業の達人30絶対成功する!英文法指導アイデアブック 中学1年

総合68位

好評6刷

難しい文法をやさしく教える指導のノウハウが満載!

英語授業の要は文法指導にあり!英語教師が文法指導方法について、最初につかむ「導入」ネタ、楽しい活動満載の「展開」、わかる!が決め手の「まとめ」の方法を、各学年の言語材料ごとに徹底解説。これさえあればすべてがわかる「文法指導の教科書」と言える1冊です!


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,890円+税

Off: ¥210-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-179324-1
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
6刷
対象:
中学校
仕様:
B5判 136頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年6月22日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

はじめに
Part1 接続期の指導アイデア
1 1日目 冠詞a / an を教えよう!
2 2日目 単数と複数を教えよう!
3 3日目 my とyour を教えよう!
4 4日目 What’s this / that? を教えよう!
5 5日目 Who’s this? を教えよう!
6 6日目 人称代名詞を教えよう!
Part2 一般動詞の指導アイデア
7 一般動詞 肯定文
8 一般動詞 疑問文
9 一般動詞 否定文
Part3 be 動詞の指導アイデア
10 be 動詞 肯定文
11 be 動詞 疑問文
12 be 動詞 否定文
Part4 人称代名詞の指導アイデア
13 人称代名詞 所有格
14 人称代名詞 目的格
Part5 疑問詞の指導アイデア
15 疑問詞what What ...?
16 疑問詞when When ...?
17 疑問詞where Where ...?
18 疑問詞how How many ...?
19 疑問詞whose Whose ...?
20 疑問詞what What time ...?
21 疑問詞which Which ...?
Part6 3人称単数現在形(3単現)の指導アイデア
22 3単現 肯定文
23 3単現 疑問文
24 3単現 否定文
Part7 命令文の指導アイデア
25 命令文 肯定
26 命令文 否定
Part8 現在進行形の指導アイデア
27 現在進行形 肯定文
28 現在進行形 疑問文
29 現在進行形 否定文
Part9 can の指導アイデア
30 can 肯定文・否定文
31 can 疑問文
Part10 過去形の指導アイデア
32 規則動詞の過去形 肯定文
33 不規則動詞の過去形 肯定文
34 過去形 疑問文
35 過去形 否定文
付録 ワークシート&カード集
参考文献
おわりに

はじめに

 中学1年生の文法指導のポイントは,「楽しさ」です。

 年間を通して,「英語がいつも楽しい!」と思わせることが大切です。

 では,「楽しさ」って何でしょうか。3つあります。

 1つ目は,「ネタの楽しさ」です。生徒の興味関心を引く楽しいネタです。ネタが楽しければ,必然的に楽しくなります。英語の授業ではまさしく,Ideas are around us.( アイデアは私たちのまわりに転がっている)ですので,身の回りから楽しいネタを探すことです。

 2つ目は,「活動の楽しさ」です。やってみて単純に楽しい活動は,必然的に楽しいです。活動自体が楽しければ,授業は楽しくなるのです。中1ではとにかくゲームです!

 3つ目は,「わかる楽しさ」です。授業はわかると面白いのです。そのためには「難しいことをやさしく」して教えなければいけません。文法という難しいことをいかにわかりやすく整理し,明確に指導できるかどうかが決め手であると同時に教師の仕事だと思います。

 要は中1の英語授業は,「ネタ」や「活動」で生徒を楽しませ,最後にはきちんとまとめをして「わから」せ,その繰り返しで英語を好きにさせるのです。

 そう考えてみると,「ネタの楽しさ」は導入で…,「活動の楽しさ」は展開で…,「わかる楽しさ」はまとめの部分で…というように,楽しさの場所を3つの段階で分けることができるのではないでしょうか。

 本書では,『英文法指導アイデアブック』と称して,中学1年の文法指導のアイデアを「導入」から「展開」,「説明(解説)」,「まとめ」とフルコースで紹介します。

 あくまでもアイデアですので,本書を読み,「ああ,そうか…。こういうアイデアもあるのか…」とそのまま参考になるものから,「そうか…。でも,私ならこうするぞ」というような新しいアイデアが湧き出てくるかもしれません。

 アイデアはないところからは生まれません。

 今あるアイデアをほんの少し変えたり,そのアイデアをヒントとして,新しいアイデアがひらめいたりすることがあれば,本書が役に立ったということになります。

 ぜひ,手元に置いていただき,ご活用いただければ幸いに思います。


  2015年4月   /瀧沢 広人

著者紹介

瀧沢 広人(たきざわ ひろと)著書を検索»

 1966年東京都東大和市に生まれる。埼玉大学教育学部卒業後,埼玉県公立中学校,ベトナム日本人学校などに勤務。中学3年生の夏に外国人と話をした経験から英語が大好きになり,将来は英語の先生になりたいと思うようになった。教師となってからは,1人でも多くの生徒が,英語を楽しいと感じてもらえるよう,著書やセミナーで学ぶ。また自らも楽しいアイデアなどを発信するようになる。ここ数年は,授業ですぐに使えるような教材を開発したり,アイデア集を提供したりしている。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 瀧沢先生の本は全て購入させていただいてます。
      2017/3/520代・中学校教員
    • 瀧沢先生のご著書はとてもわかりや
      すく現場ですぐに活用できるにでありがたいです。
      2016/10/340代・中学校教員
    • 理論に基づいた実践例で非常に良い本だと思います。
      2016/5/2340代・中学校教員
    • 文法項目別に編集されていて、非常に使いやすいです。導入からまとめまで載っているため、そのまま授業に使えます。
      2015/9/730代・中学校教員
    • 導入から展開、まとめまでの流れがわかり、とても授業の参考になりました。オールイングリッシュでの導入例などもあるとうれしいです。
      2015/8/330代・中学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ