スペシャリスト直伝! 中学校英語授業成功の極意

スペシャリスト直伝! 中学校英語授業成功の極意

好評3刷

英語授業づくりのプロが、今、その指導法のすべてを公開!

自分が中学生だった頃に受けた英語授業のような指導をしていませんか?それでは、楽しく力の付く英語授業にするのは難しいと著者は言います。フラッシュカードの活用、力の付くテストづくり、英語ゲームやビンゴまで、スペシャリストの授業の極意をすべて収録しました。


紙版価格: 1,800円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子版価格: 1,620円+税

Off: ¥180-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF EPUB
ISBN:
978-4-18-135522-7
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
3刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年8月27日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
1章 押さえておきたい英語授業の極意&テクニック
1 フラッシュカードの極意
2 指名の極意
3 単語指導の極意 その1
4 単語指導の極意 その2
5 ノート指導の極意
6 テストづくりの極意
7 ペア・グループづくりの極意
8 英会話指導の極意
9 板書の極意
10 英語の雰囲気づくりの極意
11 説明の極意
12 音読指導の極意
13 内容理解の極意
14 本文のまとめ方の極意
15 小テストの極意
16 英語ゲームの極意
17 英単語ビンゴの極意
18 文法指導の極意
19 ユーモアの極意
20 文法指導のまとめの極意
2章 英語授業の大原則
1 総合的にバランスよく
2 Learning by doing
3 大事なことは授業中に
4 授業の最初は生徒の活動を
5 理解は一発で,定着は繰り返しの中で
6 楽しい授業は,わかる授業だ!
7 塾を超える授業
8 ほめて伸ばす
9 テンポのよい授業
10 「全体」→「個人」→「全体」
3章 「今までにない」英語授業
1 教わったようには教えない
2 難しいことを易しく教える
3 トレーニングに授業の半分を
4 授業の本質をとらえる
5 学びの時間と活用の時間
6 楽しいネタで勝負する
7 ICTの活用
8 BGMをかける
9 オチのあるスキット
10 ビデオに撮って授業で見せる
4章 生徒の「学力」を伸ばす英語授業のつくり方
1 基礎・基本を確実にする
2 5つの基礎と4つの基本
3 「聞く力」を伸ばす
4 「話す力」を伸ばす
5 「読む力」を伸ばす
6 「書く力」を伸ばす
7 帯学習で力をつける
8 4技能を総合化して教える指導
9 入試力を研究して力をつける
10 楽しい授業が力をつける
5章 英語授業の基本的な進め方
1 文法指導の基本的な進め方
2 教科書本文の基本的な進め方
3 教材研究の仕方
4 学習指導案のつくり方
6章 英語授業Q&A
Q1 授業の最初に目標を示すように指導を受けました。英語授業ではどのようにしたらいいでしょうか。
Q2 初任者研修を終え,2年目の教員です。どのような点に注意して授業をしていけばいいですか。
Q3 ICTを活用して,授業を行いたいのですが,どのような点に留意したらいいですか。
Q4 コミュニケーションへの関心・意欲・態度は,どのように評価したらいいでしょうか。
Q5 英語嫌いな生徒がいます。どのように指導していったらいいですか。
Q6 文法でつまずいている生徒への指導はどうしたらいいですか。
Q7 オーラルイントロダクションはどう組み立てればよいですか。
Q8 本文の扱い方のバリエーションにはどのようなものがありますか。
Q9 話すことの表現力のテストはどのようにしていますか。
Q10 ADHD,LD,ASD 傾向の生徒に対しての指導はどのようにしたらいいでしょうか。
あとがき

まえがき

 楽しい授業がしたい……。私は教師になる前から,ずっとそう思っていました。英語が好きだった私は,文法学習や訳して終わる授業に,とても退屈していました。なんとか楽しくしたい……そんな思いが常にあったのです。

 教育実習では,生徒との人間関係を築けるようにと教育実習生でありながら,学級通信を発行しました。英語の授業では,発問・指示を明確にした指導案を作成し,楽しいネタを探しながら,授業を行いました。

 教師になってからは,文法を身につけるための練習も楽しくしたいという思いから,ゲームを研究し,工夫すればするほど,生徒が授業で楽しんでいる様子が見られました。また本文の導入では,OHPを用い,BGMをかけながら,ナレーション風に自分の声を録音したものを聞かせ,絵を提示しながら,生徒の興味関心を引きだす努力をしました。その音声作成には,時間を要しました。何度も録音しては聞き直し,再度録音するというようなことをやりながら,5月のゴールデンウィークを過ごした記憶があります。肝心のそのときの授業での生徒の反応はまったく覚えていないのですが,とにかく楽しくしたいという一生懸命さはあったのだと思います。

 さて,本書は「英語授業成功の極意」ということで,私が授業をしてきた中から,そのエッセンスの部分だけを紹介しています。見開き2ページで進みますので,関心のあるところから,読むこともできます。また本書では伝えきれないところは,紹介している著書を参照いただければと思います。

 振り返ってみると,「楽しい授業」というのは,「がはは……」という楽しさもあれば,「できた!」「やれた!」という楽しさ,また,「あっそうか……」「わかった!」という楽しさなどいろいろあります。でも,その「楽しい授業」を支えている陰には,教師の指導技術であったり,授業規律であったり,また,生徒との人間関係づくりや教師の仕事術,指名の仕方や板書など多岐にわたった教師力が求められます。本書がその一翼を担えたら幸いに思います。どうか,たくさんラインマーカーを引きながら,授業で活用してください。


   /瀧沢 広人

著者紹介

瀧沢 広人(たきざわ ひろと)著書を検索»

 1966年東京都東大和市に生まれる。埼玉大学教育学部卒業後,埼玉県公立中学校,ベトナム日本人学校などに勤務。中学3年生の夏に外国人と話をした経験から英語が大好きになり,将来は英語の先生になりたいと思うようになった。教師となってからは,1人でも多くの生徒が,英語を楽しいと感じてもらえるよう,著書やセミナーで学ぶ。また自らも楽しいアイデアなどを発信するようになる。ここ数年は,授業ですぐに使えるような教材を開発したり,アイデア集を提供したりしている。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • すぐに使えるスキルがたくさん載っていてよかったです。
      2019/1/1030代・中学校教員
    • 著者の今までの授業実践が、ダイジェストで紹介されていて、わかりやすい。イラストも好感!
      2017/4/29ヨッシー
    • 授業に役立つ内容でした。
      2017/4/940代・中学校教員
    • とても参考になりました。
      2016/10/2540代・中学校教員
    • 瀧沢先生の著書のエキスが詰まっていると思います。繰り返し読んで身につけたいと思います。
      2015/7/450代・中学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ