生きていく知恵を学ぶライフスキルの基礎基本 ワークショップによるエクササイズ16

生きていく知恵を学ぶライフスキルの基礎基本 ワークショップによるエクササイズ16

ワークショップ型授業で、日常生活での実践力を身につける!

社会で生きていくうえで必要不可欠な知恵であるライフスキル(生きる力=EQ)を、授業を通して児童(生徒・学生)に身につけさせる方法について,ワークショプ形式でわかりやすく伝授。総合的学習、道徳、特別活動、その他各教科の授業で生かせるスキルを満載する。


紙版価格: 2,860円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-069445-X
ジャンル:
総合的な学習
刊行:
対象:
小・中・他
仕様:
B5判 216頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年10月17日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
トレーナーズガイド
ワークショップとは
ワークショップを始めるには
アイスブレーカー Icebreakers
1 アイスブレーキング(緊張ほぐし)とは
2 アイスブレーキング活動の実際例
エナージャイザー(元気づけ) Energizers
グループ形成活動 Grouping Game
小グループワークの管理
恐れと期待
期待と不安を確認するために計画された活動
基本ルールの設定
基本ルールを確立するための方策
コースの運営
やっかいなグループメンバーの対応法
ワークショップで使われる技法
セッションの終了
1 プロセッシング
2 評価
3 閉会
ワークショップによるエクササイズ16
[ワークショップ1]ライフスキル教育の特徴と目的
【ワークショップ1】ライフスキル教育の特徴と目的
《プリント》
1 必須ライフスキル
2 ワークシート〜状況とスキル〜
《カード》
1 行動カード
2 スキルカード
基礎知識
1 ライフとスキル
2 ライフスキル(Life Skills)という言葉
3 ライフスキルの同義語
4 ライフスキル教育の学校教育への導入
[ワークショップ2]学校教育とライフスキル
【ワークショップ2】学校教育とライフスキル
《プリント》
1 カリキュラム計画マトリックス 〜スキルと内容領域〜
2 カリキュラム導入カード
3 学校におけるライフスキル教育の行動計画(1)
4 学校におけるライフスキル教育の行動計画(2)
[ワークショップ3]なぜグループ活動か
〜大人と若者(子ども)の学習の比較から〜
【ワークショップ3】なぜグループ活動か
〜大人と若者(子ども)の学習の比較から〜
《プリント》
1 大人の学習者としての特徴
2 トレーナー・シート「大人の学習者としての特徴─正答」
3 若者(子ども)の学習者としての特徴
4 声明ポスター「なぜグループ活動か」
基礎知識
1 グループ活動の意義と目的
2 主なグループ活動の具体
3 グループ活動の特徴と留意点
4 グループ活動のメリット・デメリット
5 実施段階における留意点
[ワークショップ4]ライフスキル教育の方法
【ワークショップ4】ライフスキル教育の方法論
《カード》 方法論カード
基礎知識
1 ブレインストーミング(連想アイデアゲーム)
2 ロールプレイ(役割演技法)
3 ディベート
[ワークショップ5]効果的コミュニケーションスキルの基本モデル
【ワークショップ5】効果的コミュニケーションスキルの基本モデル
《プリント》
1 トレーナーの情報シート〜傾聴スキル〜
2 コミュニケーションの3つのタイプ
3 「しなやか」モデル
4 私の基本的権利
5 ロールプレイの状況設定リスト
6 ロールプレイのシナリオ例
基礎知識
1 傾聴 Active Listening
2 効果的コミュニケーションスキル
[ワークショップ6]対人関係スキルの基本モデル
〜「異性とのかかわり」を例として〜
【ワークショップ6】対人関係スキルの基本モデル
基礎知識
1 人間関係と対人関係
2 人間関係の発達段階の特徴
3 人間(対人)関係スキルトレーニング
4 おわりに
[ワークショップ7]情動対処スキルの基本モデル
【ワークショップ7】情動対処スキル
《プリント》
1 主な情動と一般的な情動の源
2 ロールプレイを使った情動対処のスキルトレーニング(例)
3 日常生活の中の情動の状況リスト
基礎知識
1 情動と感情〜情動は理性を凌駕する〜
2 情動対処とは
3 情動対処スキルのトレーニング法
4 情動対処の学習の必要性
[ワークショップ8]意志決定スキルの基本モデル
【ワークショップ8】意志決定スキルの基本モデル
《プリント》
1 意志決定スキルのプロセス
2 トレーナーの情報シート〜私の意志決定例〜
3 ワークシート〜私の意志決定〜
4 意志決定の状況設定例
5 意志決定の留意点
基礎知識
1 意志決定は,誰にとっても重要な課題である
2 意志決定を支える諸要因
[ワークショップ9]ストレス対処スキルの基本モデル
【ワークショップ9】ストレスマネジメント
《プリント》
1 一般的なストレス源とストレス反応
2 ストレスモデル
3 ストレスに対処するスキル
4 ステージ別ストレス対処法
5 日常生活の中のストレス状況(例)
6 いつでもどこでもリラックス法〜3分間自律訓練法〜
基礎知識
1 精神的健康(メンタルヘルス)の学習の必要性
2 ストレスということ
3 教師のストレス
4 子どものストレス
5 言葉とストレス
6 ストレスマネジメント教育の必要性
[ワークショップ10]共感性スキルの基本モデル
【ワークショップ10】共感性スキル
《プリント》
1 トレーナーの情報シート〜共感性とは〜
2 トレーナーの情報シート〜ディベート式ロールプレイの特徴と指導のコツ〜
3 ディベート式ロールプレイのルール
4 トレーナーの情報シート〜ディベート式ロールプレイのフローチャート〜
5 ディベート式ロールプレイの状況設定例
6 ワークシートと感想用紙
[ワークショップ11]ライフスキル教育の教材・資源のレビュー
【ワークショップ11】ライフスキル教育関連の教材・資源のレビュー
《プリント》
1 ケーススタディ(小学校)
2 ケーススタディ(中学校)
3 教材評価シート
4 ライフスキル教育教材開発のための行動計画
《カード》 戦略についての質問
[ワークショップ12]教材開発の戦略−1
【ワークショップ12】教材開発の戦略−1
《プリント》
1 課題の積み木
2 ライフスキル教育用教材の作成・修正を考えるための質問
[ワークショップ13]教材開発の戦略−2
【ワークショップ13】教材開発の戦略−2
《プリント》
1 良い教材づくりとは
2 主要ライフスキルのリスト
3 ライフスキル教材の系統的開発モデル
基礎知識
ライフスキル教育担当者のためのカリキュラムプランニング
[ワークショップ14]ライフスキル教育における地域社会との連携づくり
【ワークショップ14】ライフスキル教育における地域社会との連携づくり
[ワークショップ15]ライフスキルを使った子育てスキルトレーニング
〜親・保護者や教師のために〜
【ワークショップ15】ライフスキルを使った子育てスキルトレーニング
《プリント》
1 必須ライフスキル
2 ケーススタディ
3 親と教師のためのスキル〜ダイヤモンド・ナイン活動〜
4 若者の問題発言
5 "けなす"言い方
6 指導者用プリント〜肯定的な対応発言〜
[ワークショップ16]ライフスキル教育の評価
【ワークショップ16】ライフスキル教育の評価
《カード》 道徳的枠組みカード
《プリント》
1 シェルター<避難場所>
2 評価技術
3 ケーススタディ(1)
4 ケーススタディ(2)
5 ケーススタディ(3)
関連用語集
あとがき

まえがき

(ライフスキル=心理社会的能力を育て、鍛えよう)


 まず,本書は,2002年に刊行された『ライフスキル・ワークショップ エクササイズ14』を大幅に加筆改訂し『生きていく知恵を学ぶライフスキルの基礎基本 ワークショップによるエクササイズ16』としたものです。

 さて,「ライフスキル」が関係者に広く認知され,全国的に広まってくる気配です。教育関係者,保健医療関係者は,ライフスキルに関心を寄せ,好意的に受け入れているようです。そして,一部の学校や職場の教育プログラムに組み込まれつつあり,実践されてきています。

 私は,5年半前,『総合的学習でするライフスキルトレーニング』(明治図書)を出版しました。そして,その後に知ったことは,「ライフスキル」の重要性が容易に理解できたとしてもその能力を獲得するには,学習を繰り返し,体験をし,それを評価していく必要があり,一朝一夕では身につかないということでした。

 「ライフスキル」は,人生や生涯そして生活,いわゆる「ライフ」のための手段・ツール(道具といってもよいもの)であり,生きていくうえで必要不可欠な知恵と言えます。そのものは,ライフの目的にはなりえません。あらゆる道具の基本的なはたらきは,費用,時間,エネルギーなどを節約することです。例えば,算数の九九を使うこと,スピードと距離から所要時間を出すこと,自動車の運転ができること,パソコン操作ができることなどは,「ライフ」にとって有用であり,生きていくうえで必要な道具(技術的能力といってもよいもの)です。ツールとは,ものを作ったり作り直したりするために,人間が編み出した知恵の結晶です。古来,「技術は身を助ける」といいますが,まさに「スキルは身を助ける知恵であり,道具」です。

 ライフスキルは,心理社会的な道具であり,それを建設的なことに使えば,「自分」「自分と他者」そして「自分と環境」を快適なものにしてくれますが,その道具を破壊的なものに使えば武器という名に変身してしまいます。このときライフスキルは,自分や相手を攻撃し,傷つけるナイフに変わってしまいます。例えば,受動的・依存的な人たちは物事を恐れることが多いのですが,この人たちは,アサーティブネス(積極的自己主張)なるものに,まず引きつけられます。アサーティブネスの力を自分の武器にできると感じられるからです。この人たちは,アサーティブネスを少しかじって,アサーティブネスを振り回します。すると,それが武器に変身してしまいます。結果的には,自分自身の「ライフ」に不快な問題を抱え込んでしまうことになってしまいます。

 ところで,「急がば回れ」という諺があります。現代社会の病理現象を,起こってから事後処置していくことより起こる前に予防することの方が優先されはじめました。子どもに生きる力=ライフスキルをつけるために,まず,指導者自身がその力をつける必要があります。そのために,指導者がライフスキルを理解し,それを獲得し,その後その教育技術を体得し,教育活動につなげていくことが必要となります。

 そこで,本書を執筆したきっかけとワークショップのことについて記したいと思います。

まず,本書執筆のきっかけです。前述した『総合的学習でするライフスキルトレーニング』に幾人かの教育関係者が関心を示してくれ,直接私の研究室を訪問したり,ファックス,電子メールや手紙をいただきました。そこから得た教訓は,教員自身が,文字による学習もさることながら,体験的に学ぶ機会が必要であることでした。それは指導者自身の体験的研修の要求が強いからだと思われます。以下に本書を執筆するきっかけとなった出来事の中から主なものを10個あげてみます。

 出来事1:ある県総合教育センターの指導主事1人と1年間研修の研修員6人が『総合的学習でするライフスキルトレーニング』を読んで是非聞きたいことがあると,はるばる私の研究室を訪れました。話の中で,その本の1つの章「ワークショップによる教師のライフスキルトレーニング」に関心を持たれ,具体的に聞かれました。「今,教師自身のコミュニケーションスキルとかストレス対処スキルが対生徒,対教師との関係で必要とされているし,子どもたち自身に対しても必要とされているが,本を読んだだけではよく分からない。ぜひ体験的に研修したい」とのことでした。

 出来事2:ある中学校教師からの電話でやはり前述の章「ワークショップによる教師のライフスキルトレーニング」を読んで,私に来て欲しいということでした。しかし,旅費も謝礼も出せない。体験的に学びたいので,私が行けないならそのような研究をした方や手法を持っている方を紹介して欲しいとのことでした。研修会の開催は,行政サイドや大手の新聞社や出版社でないと難しいのではないかと思いますが,呼ばれれば可能な限りボランティアで出掛けるつもりであると答えました。その他に同様な出来事は数件ありました。

 出来事3:前書『総合的学習でするライフスキルトレーニング』第2版の e-mail アドレスを見て,ある県の,ある高校の生徒指導担当者から校内研修でライフスキルトレーニングの研修を受けたいので来て欲しいとのことでした。2時間程度の研修では具体的な体験的研修は難しいので,継続集中的な研修企画を組むように話しましたが,少し演習形式で体験学習を取り入れてみました。参加者は,ライフスキルの知識学習だけでなく,体験的学習の必要性を認めてくれました。

 出来事4:ある社会教育関係の研修所からライフスキル・健康教育の講演依頼を受けました。これも『総合的学習でするライフスキルトレーニング』を読んで「いま社会教育にその手法を応用してみたい」ということでした。

 出来事5:月1回小・中学校の教師15人ほどとライフスキルトレーニング研修を行いました。受講後,ワークショップ形式によるライフスキルトレーニングの必要性を望んでいました。半年間かけ,集中的に総計6回のワークショップを行いました。受講者は早速,健康教育はもとより道徳,進路指導,総合的学習に使ってみたいということでした。

 出来事6:放送大学某学習センターのセンター長からの依頼で,20〜60代までの広い年齢層の方々40名を対象に,2日間,15時間連続研修でライフスキルトレーニングのワークショップを行いました。参加者からは「このような楽しい研修会は始めてでおもしろく,また,ためになった」という感想をもらいました。

 出来事7:教育委員会が依頼した研修会請負会社の研修会に3回講師で参加したのですが,対象者は小中学校・高校の教員で,毎回60人ほど出席していました。やはりワークショップを使ったライフスキルトレーニングに強い関心があり,もっと具体的な研修を希望していました。

 出来事8:ある保健所・保健師からの依頼で,ワークショップによるライフスキルトレーニングを実施してほしいとのことで,数十回実施しました。対象は養護教諭,保健師,社会教育担当者など多様な職種でした。いずれもライフスキルを主としたワークショップの依頼でした。研修後の感想は,「実際に使ってみたい」ということでした。

 出来事9:ある企業の医務室の保健師から連続して健康教育ワークショップを年間3回するように依頼があり,中心はメンタルヘルス(メンタルタフネス)・ワークショップでした。実施後,参加者の中には日常生活の中でこのライフスキルを使ってみたいという感想を持つ人が多くいましたが,やはり参加型体験的学習を希望していました。

 出来事10:病院の看護師長の依頼で,地区の看護師研究会でライフスキル・ワークショップを,看護師対象に実施しました。みんなで楽しく学んで役に立ったという感想をいただきました。

 さて,ライフスキルトレーニングは,学んだことがその後の人間形成や対人関係のあり方・社会現象の理解など生きていく上で必要な能力としてはたらくものでなければならないということです。そのために,ライフスキルを獲得するための方法が必要であるし,その方法は現在では,学校教育においても研修会においてもワークショップが効率的であると思われるからです。

 以上のいくつかの出来事から,多くの学校関係者,社会教育指導者の,トレーナー(指導者)による,指導者のためのライフスキル・ワークショップの開催が望まれていると思われます。

 ところで,ワークショップとは,仕事場,研究会,勉強会,討論会という意味です。自然科学関連学会では20〜30年前から時折用いられてきました。そこでは,参加者全員が,ある課題について作業しながら,考え,論議し,お互いに高め合い,新しいものを開発し,理解を深め,さらに学習していくプロセスとして学問発展のために重要な位置を占めています。このワークショップという手法をライフスキルという能力と指導法の習得に使うことは有益なことであると考えられます。

 ライフスキル・ワークショップのねらいは,個々人が持っている知識・情報や体験を参加者全員で共有し,共にテーマへの理解を深め,楽しみながら実践力を身につけるものです。体験学習そのものです。それはトレーナーがマニュアル通りに訓練することではなく,参加者が中心となりテーマにあわせて知恵を出し合うものです。すなわち,トレーナー Trainer が何かを教えるということよりも,参加者をテーマに沿った事柄の学習を促進する役割をもつ人として位置づけています。したがって,ワークショップの指導者を,学びの促進・進行役という意味でファシリテーター Facilitator と呼んでいます。何かを指示する・教示するインストラクター Instructor という言葉は用いません。

 本書の特色はつぎのような点が挙げられます。

1 本書は,ライフスキルトレーナーの訓練用テキストやライフスキル演習用テキストとして編集されています。

2 本書のトレーニングモデルは,1997年スイス・ジュネーブで開催されたWHOの第1回国際ライフスキル教育ワークショップです。筆者はここに出席し,ライフスキル・トレーニングを実践的に学びました。

3 より具体的,より実践的な体験的学習を目標に構成されています。

4 個人や少人数のトレーニング学習よりも比較的大きな集団によるトレーニングを行うように構成されています。

5 写真を挿入し,視覚的にワークショップの内容と雰囲気が伝わるように配慮しました。

 本書のワークショップは,筆者が行ったワークショップ,講演,共同研究によって積み重ねた約300回を越えるものの中から,そこで蓄積されたノウハウをもととして執筆したものです。全部で16章です。全て学ぶには多くの時間を要するのですが,本書では,各ワークショップに対象者別に記されていますので,時間を考慮しながら,最低限必要な時間を確保し,できる範囲内で集中的,効率的にすすめて欲しいと思います。

 本書の公開によって多くの教育者・指導者が,ライフスキルの重要性について認識を深め,さらにライフスキルの理論とその技法について基本的,実践的学習を体得することができれば筆者の本望とするところです。

 日本でもライフスキル教育研究の進歩は早く,評価研究も盛んに行われるようになりました。それらを追加し,使いやすいものにしました。

編集の基本方針である,「精選された内容を,わかりやすく,使いやすい」に基づいて,それぞれの内容と文章を改善し,そして,古くなった内容の削除をはかり,難解,高度な内容,あいまいな言葉,長文などの改善を行いました。

 読者諸兄姉には,本書のなかで遺漏等不備な点があれば,ご指摘とご叱正をいただきたいと思います。

 最後になりましたが,本書刊行にあたり温かい励ましとご配慮をいただきました明治図書出版株式会社の樋口雅子編集長に感謝の意を表します。また,同社の江口久美子さんには大変お世話になりました。


  2005年6月 /皆川 興栄

著者紹介

皆川 興栄(みながわ こうえい)著書を検索»

〈略歴〉

新潟県衛生研究所技師,新潟大学医学部公衆衛生学教室入局,秋田大学医学部公衆衛生学講座助手,講師,秋田大学大学院医学研究科講師併任,新潟大学教育学部助教授,同大学院教育学研究科教授併任,教授を経て,現在,新潟大学教育人間科学部教授・同大学院教育学研究科教授,同大学大学院現代社会文化研究科教授併任。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ