絶版検索:シリーズ「授業改革理論双書」の一覧

これまでに刊行したシリーズの中から、長期に渡ってご支援をいただいたシリーズを厳選しました。

シリーズ名:

授業改革理論双書

全9件(1〜9件)

授業改革理論双書1発問と集団思考の理論 第2版

吉本 均 著
復刊時予価:2,640円+税

人間学としての教授学構想と知のモデル/学習集団と指導過程/授業の成立と媒介的指導/発問と集団思考/学習集団研究の展望と課題/新学力観

刊行:
1995年
仕様:
A5判 208頁
対象:
小・中・高
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと29票

授業改革理論双書2思考し問答する学習集団―訓育的教授の理論(増補版)

吉本 均 著
復刊時予価:2,620円+税

授業づくり(陶冶)と学級づくり(訓育)とを統一的にとらえ,両者の相互的な交流・関連を図り「活動し問答」することで学習集団が成立する。

刊行:
1995年
仕様:
A5判 206頁
対象:
小・中
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書3新学力観に立つ学習支援システム

井上 正明 著
復刊時予価:2,690円+税

子どもの学力の育成と学習支援,学習支援システム論と教師の支援,学習支援システムに基づく授業実践,学習支援の実際例を詳細に説いた労作。

刊行:
1995年
仕様:
A5判 216頁
対象:
小・中
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書4
国語教育・カウンセリングと一般意味論

授業改革理論双書4国語教育・カウンセリングと一般意味論

井上 尚美・福沢 周亮 著
復刊時予価:2,690円+税

一般意味論と国語教育の関連を指導計画,展開例,教材開発など詳細に論じ,一般意味論が心理学やカウンセリングにどう影響するか具体例で解説。

刊行:
1995年
仕様:
A5判 216頁
対象:
小・中・他
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと20票

授業改革理論双書5新学力観に立つ支援力量システム

井上 正明 著
復刊時予価:2,640円+税

新学力観と教師の支援の力量/教師の自己評価による力量の評価/校長の他者評価による力量の評価/支援力量システム化と構想と具体化の実践。

刊行:
1996年
仕様:
A5判 208頁
対象:
小・中
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書7支援システム論に立つ授業の改善

井上 正明 著
復刊時予価:2,740円+税

支援システム理論を創り出し,一斉授業の中で個を生かす方法,生きる力をつけるための自己評価,相互評価の活用など実践検証例で問題提起する。

刊行:
1996年
仕様:
A5判 224頁
対象:
小・中・他
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書8モラルジレンマ授業の教材開発

荒木 紀幸 著
復刊時予価:2,690円+税

コールバーグ理論に基づくモラルジレンマ授業のための教材開発を具体的に示した。ジレンマ資料が道徳的判断力を鍛えるのにいかに有効か示した。

刊行:
1996年
仕様:
A5判 216頁
対象:
小学校
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書9評価言の人間化―自律を促す理論と方法―

山下 政俊 編
復刊時予価:2,640円+税

評価を管理から脱皮させるために「スタートからの加点法的評価」にどう切り換えるか。評価言の生きる条件を明らかにし新しい評価法を示した。

刊行:
1996年
仕様:
A5判 208頁
対象:
小・中
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票

授業改革理論双書10「生きる力」の育成と自己評価の方法

井上 正明 著
復刊時予価:2,690円+税

生きる力を子どもたちに育成するために「自己評価」の活用が肝要であるという理論的裏づけを主張するとともにその実験・実践例を多く紹介した。

刊行:
1997年6月
仕様:
A5判 216頁
対象:
小・中
紙版:
絶版
出荷:
復刊次第
復刊投票状況: あと30票