Eduマガのヨミカタ
毎月発行される教育雑誌の中から、その時期にぜひ読んでほしい厳選記事をご紹介するコーナーです。
最近の記事>国語
  • 国語教育 2012年6月号
    教育zine編集部
    • 2012/5/10
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2012年6月号の特集は、「どの子も大活躍!“参観授業”面白レシピ」。新しいクラスでの初めての参観授業、子ども本人がドキドキした気持ちで迎えるのはもちろん、参観に来る保護者も、自分の子どもがクラスに馴染んでいるか…きちんと学習に取り組めて...
  • 実践国語研究 2012年4・5月号
    教育zine編集部及川
    • 2012/4/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『実践国語研究』2012年4・5月号は、水戸部修治先生、松木正子先生を新たに編集委員に迎え、この春より全面リニューアルしました。これまで以上に、実際の授業で役に立つ情報をお届けしていきます。
    新しく始まる連載は、現場の先生方に注目・必要とされている...
  • 実践国語研究 2012年2・3月号
    教育zine編集部杉浦
    • 2012/1/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『実践国語研究』2012年2・3月号の特集は、「学習の見通しや振り返り活動をどのように指導するか」。新しい指導要領でも重視されている「見通しを立てたり、振り返ったりする学習活動」の指導と、児童生徒の主体的な学びとの効果的な関連を図るための創意工夫につ...
  • 国語教育 2012年1月号
    教育zine編集部五十嵐
    • 2011/12/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2012年1月号の特集は、「新年度計画が光る“新教科書研究のツボ”」。分厚くなった教科書をこなしながら楽しい授業を発信するために、今年度の教科書を使った授業の実践報告を全国の先生方から集めました。
    特に刺激的だったコーナーは「“新教材”...
  • 国語教育 2011年10月号
    教育zine編集部五十嵐
    • 2011/9/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2011年10月号の特集は「障害児の読み書き指導の改善」。あらゆる学習の基礎となる「読み書き」が上手くできず、困難に感じる子どもたちを、どう理解し、どう寄り添うか。本特集では、そのような視点から国語教育の新たな使命としての「読み書き指導」...
  • 実践国語研究 2011年6・7月号
    教育zine編集部佐保
    • 2011/5/13
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    「説得」には、感情面に訴える説得と、論理的に訴える説得の2種類があると言います。「説得力のある表現」は大人でも難しいもの。しかし、社会に出ると必ず求められる力であり、コミュニケーションの一つの形。
    では、小・中学校の各段階で、何をどこまでどうや...
  • 国語教育 2011年2月号
    教育zine編集部五十嵐
    • 2011/1/14
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    お正月や節分など伝統行事が続いていますが、今号の特集「古典で身に付けさせたい国語学力」では、新たに導入される「伝統的な言語文化」の指導の留意点について議論が交わされています。
    多くの先生が重要視している音読・暗唱指導のポイントは、すでに成果を...
  • 向山型国語教え方教室 2010年12月号
    教育zine編集部杉浦
    • 2010/11/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    今号では、代表的教科書教材を例にしながら、「知的で、子ども達が熱中して思考する授業をするための『教材の骨格』」を分析し、発問や授業方法などの展開例を紹介しています。
    多くの先生方が必死で教材解釈をし、見出してきた「教材の骨格」と授業展開には、...
  • 国語教育 2010年10月号
    教育zine編集部
    • 2010/9/10
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    書くことが苦手、と一口に言ってもその実態は様々。整った字が書けない、書きたいことが思いつかない、書くべきことを効果的にまとめられないなどなど、書くことが苦手な子どもにとってはそれらが複合的に重なり合うことも。単純に書く量を増やすだけでは、解決で...
  • 実践国語研究 2010年9月号
    教育zine編集部
    • 2010/7/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    情報を活用するためには、前段階として情報を探すという力が必要とされます。では、情報の探し方の指導といったときにどんな具体的な方法が思い浮かぶでしょうか。山本氏があげられている具体策、「目次を読む」という指導法と、同じく目次の機能に着目させる大塚...