教育オピニオン
日本の教育界にあらゆる角度から斬り込む!様々な立場の執筆者による読み応えのある記事をお届けします。
最近の記事>学級経営
  • 子どもたちの期待があふれる3学期にしよう!
    ヒミツキチ森学園 グループリーダー青山 雄太
    • 2021/1/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    冬休み明けの学級開きはどうしたらいいのか…
    夏休み明けと同じ感じでいいかな…
    明日が冬休み明けの最初の登校日、先生であるボクにできることはないだろうか…
    様々な理由でこの記事にたどり着いたあなたは、子ども想いの素晴らしい先生だと思います。冬休み明...
  • 正しい「笑い」は学校で教えなければならない
    FUNBEST代表矢島 ノブ雄
    • 2020/12/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    なぜ「笑い」を子どもたちに教えているのか
    私は現在、お笑いコンビ「オシエルズ」として活動する傍ら、週に一度、大学の非常勤講師として働いています。
    また、コンビとしては、年に100件以上の学校でのご依頼をお受けし、出前授業をさせていただいています。
    授...
  • 大阪市立大学健康科学イノベーションセンター水野 敬
    • 2020/8/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    ◆睡眠不足から慢性疲労へ
    夜中まで子どもたちの声が響く。夜中でも明るい街灯の下に子どもの姿が見える。この状況に違和感を覚える方も少なくないと思います。一日の疲れをとり、そして、翌朝すっきりとした目覚めから、活力ある一日をスタートさせるためには、十...
  • 一般財団法人 日本交通安全教育普及協会大木 裕史
    • 2020/6/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    雨の日は、歩行者にとっても、車の運転者にとっても視界が悪く、その上、道路が滑りやすいので、転倒したり、車の停止距離が長くなったり、大変危険です。雨天時の登下校指導のねらいとしては、前方が見通せる傘の差し方、明るい目立つ色のレインコートなどの服装...
  • 大阪府箕面市教育委員会日野 英之
    • 2020/5/15
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    新型コロナウィルスの感染状況を踏まえ、休校期間を延長する都道府県や政令市が相次いでいます。子どもたちは外出の自粛、変化のない環境下での生活、何より“したいこと”ができないことに対するストレスが溜まりに溜まっている状態です。
    「こんなはずではなか...
  • 大阪市立みどり小学校村上 仁志
    • 2020/4/20
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    4月下旬は参観や懇談会が終わってゴールデンウィークが目の前になり、ようやく一息つける時期です。新しい学級の人間関係に慣れ始めた子どもの実態(本性)も見えてきます。年間を通した目標を定め、日々の実践に取り組みましょう。
    本稿では、お休み前・中・明け...
  • 山口県下関市立一の宮小学校福山 憲市
    • 2020/4/15
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    ● 子どもたちが進んで取り組む自主学習のためのステップ ●
    ステップ1 前年度の自主学習システムを生かす
    前年度「自主学習システム」を行っていた場合、次のことを確認します。初日から自主学習をさせて、子どもたちの現状をつかみます。可能なら、前年度の自...
  • 鳥取県米子市立福米西小学校吉田 温子
    • 2020/4/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    私は、小学校1年生の担任を今の勤務校で連続7年、他校での経験も合わせると15回やっています。(令和2年2月現在)いつの頃からか、他の先生方から「魔法使い」と言われるようになりました。1年生に魔法をかけるこつを少しお教えしましょう。
    1 表情豊かに「すご...
  • 日本ペップトーク普及協会 講演・研修講師三森 啓文
    • 2019/10/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    1 ペップトークとは…
    皆さんは、ペップトークという言葉を聞いたことがありますか? 講演・研修で各地を回っていますが、多くの会場で知っている人が、1割以下が現状です。
    ペップトークは、「目の前の大切な人を、ポジティブで、分かりやすい言葉で、その気に...
  • 熊本県熊本市立龍田小学校笹原 信二
    • 2019/7/1
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    学級通信は手間がかかるかもしれませんが、子どもと保護者と教師の架け橋になります。毎日出すと「今日の学級通信は?」と保護者と子どもの会話のキッカケとなり、忘れ物が少なくなる等の成果もありました。私は学級経営のキーポイントに学級通信を位置づけていま...