最近の記事>国語
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A (7)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2014/10/16
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    秋の公開研究会のテーマや内容に「21世紀型能力」や育成すべき資質・能力といったキーワードを掲げている学校がいくつかあるようです。どんなことを目指すのか興味があるのですが、なんだか難しそう…。研究会に参加を申し込むに当たって、「21世紀型能力」のことを...
  • 国語教育 2014年11月号
    教育zine編集部
    • 2014/10/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2014年11月号の特集は、「授業が上手い人が使う“板書の法則”」。何年も前につくった板書計画を、そのまま使い続けていませんか? クラスが変われば子どもの実態も変わるはず。板書計画も、ぜひ見直してみてはいかがでしょうか。
    今号では、ビギナ...
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A (6)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2014/9/18
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    全国学力・学習状況調査の結果が返ってきました…。クラスの子供たちは、特にB問題の「科学に関する本や文章などを効果的に読む」問題に課題がありました。この課題を改善したいのですが、説明文をもっと段落ごとにしっかり読み取らせた方がいいのでしょうか?
    その...
  • 東京都青梅市立第四小学校教諭村野 聡
    • 2014/8/26
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は村野 聡先生に、新刊『書く力がぐんぐん伸びる! ピックアップ式作文指導レシピ33』について伺いました。
    村野 聡(むらの さとし)
    1963年東京生まれ。青梅市立第四小学校教諭。TOSS青梅教育サークル代表。東京向山型社会研究会所属。著書に、『圧...
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A (5)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2014/8/13
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    1学期の授業では、「本の紹介リーフレットで、心に残る登場人物の気持ちの変化を説明しよう」という単元を貫く言語活動にチャレンジしてみました。子供たちは一生懸命取り組みました。でも、言語活動をすると個人差が大きくなってしまって大変でした。これから取り組...
  • 埼玉県立所沢高等学校教諭山本 純人
    • 2014/8/5
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は山本純人先生に、新刊『今日から使える!いつでも使える! 中学校国語授業のネタ&アイデア99』について伺いました。
    山本 純人(やまもと すみと)
    1977年埼玉県生まれ。
    埼玉県富士見市立小学校教諭、川越市立中学校教諭を経て、現在埼玉県立所沢高...
  • 横浜市小学校国語教育研究会課題研究部部長阿山 美香
    • 2014/8/2
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は横浜市小学校国語教育研究会を代表して、阿山美香先生に、新刊『小学校国語 6年間でみるみる「思考力」がつく!「書くこと」の授業プラン&ワークシート』について伺いました。
    横浜市小学校国語教育研究会(よこはまししょうがっこうこくごきょういくけん...
  • 青森県藤崎町立藤崎小学校教諭弥延 浩史
    • 2014/7/26
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は弥延浩史先生に、新刊『小学校国語 クラス全員が熱中する!話す力・書く力をぐんぐん高めるレシピ50』について伺いました。
    弥延 浩史(やのべ ひろし)
    1980年東京都日野市生まれ。弘前大学教育学部を卒業後、弘前市立時敏小学校教諭を経て、現在、藤...
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A (4)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2014/7/18
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    1学期は、子供たちが主体的に学習に取り組んでくれたことが一番の成果でした! でも、1学期を振り返ると、評価が難しかったことが課題としてあげられます。もうすぐ夏休み。2学期に向けてどんな準備を進めていけばいいのでしょう。
    「子供たちが主体的に学習に取り...
  • 向山型国語教え方教室 2014年7・8月号
    教育zine編集部大西
    • 2014/7/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『向山型国語教え方教室』2014年7・8月号の特集は、「国語研修のイノベーション=向山型の提案」です。長谷川博之先生が実施されたアンケートの回答から見えてきた、全国の国語教師のお悩みに、向山型国語の実践家が明快な助言を加えるスタイル。漢字、音読、説明...