最近の記事>国語
  • 今回は立石泰之先生に、新刊「国語科重要教材の授業づくり」シリーズ『たしかな教材研究で読み手を育てる「ごんぎつね」の授業』『たしかな教材研究で読み手を育てる「大造じいさんとガン」の授業』について伺いました。
    立石 泰之(たていし やすゆき)
    1972...
  • 千葉大学教授寺井 正憲
    • 2015/7/28
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は、編者を代表して寺井正憲先生に、新刊『国語科重要用語事典』についてお話を伺いました。
    寺井 正憲(てらい まさのり)
    1959年、徳島県生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得満期退学。文教大学講師、筑波大学附属小学校教諭を経て、現職。平成20年...
  • 大妻女子大学家政学部児童学科准教授樺山 敏郎
    • 2015/7/24
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は樺山敏郎先生に、新刊『実践ナビ!言語活動のススメ 教科書授業Wプラン 低学年編』 、『実践ナビ!言語活動のススメ 教科書授業Wプラン 中学年編』、『実践ナビ!言語活動のススメ 教科書授業Wプラン 高学年編』について伺いました。
    樺山 敏郎(...
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A(16)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2015/7/17
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    前回の質問で、グループ学習のコツが分かりました。もっと効果的に交流することができるような手立てとして、話型の指導を取り入れたいのですが、話型とはどのようなものか、改めて教えて下さい。
    話型とは、子供たちが話し合い(交流)の学習を進めるための手掛か...
  • 島根県安来市立島田小学校教諭広山 隆行
    • 2015/6/25
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は広山隆行先生に、新刊『今日から使える!いつでも使える! 小学校国語授業のネタ100』について伺いました。
    広山 隆行(ひろやま たかゆき)
    島根県安来市立島田小学校教諭。
    1972年島根県生まれ。道徳や国語の教材開発を通して、心と言葉の教育に...
  • 京都女子大学発達教育学部教授井上 一郎
    • 2015/6/23
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は井上一郎先生に、新刊『読解力を育てる!小学校国語定番教材の発問モデル物語文編』『同 説明文編』について伺いました。
    井上 一郎(いのうえ いちろう)
    奈良教育大学助教授、神戸大学教授、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、国立教育...
  • 水戸部先生に聞く!「単元を貫く言語活動」Q&A(15)
    文部科学省教科調査官水戸部 修治
    • 2015/6/18
    • 単元を貫く言語活動Q&A
    • 国語
    単元を貫く言語活動の授業にチャレンジしてみたら、グループ学習を取り入れる機会が多くなりました。でも、なかなか話し合いがうまくいきません。コツは何でしょうか。
    まず、私たちが数名で協議する場合を考えてみましょう。多くの場合は何らかの目的があり、その...
  • 鳥取市立美和小学校長三谷 祐児
    • 2015/6/14
    • 教育オピニオン
    • 国語
    1 だれの作品か分からなければ
    私は、拙著『書く力を高める小学校「100マス作文」入門』で、句会はコミュニケーション能力を育てる上でとても優れていると述べました。句会には次の三原則があります。
    自分の作品を最後まで明かさない。
    自分の作品を選ばない。
    ...
  • 国語教育 2015年7月号
    教育zine編集部
    • 2015/6/10
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2015年7月号の特集は、「永久保存版!国語教師のための教える技術」。国語の授業において必要な技術、どうやって身につけてきましたか? 活動や創作が中心の教科ではあんなに生き生きとしていた子どもが、国語の時間になったとたんに、まるで別人のよう...
  • 神奈川県公立小学校教諭齋藤 浩
    • 2015/6/5
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は齋藤浩先生に、新刊『国語科授業サポートBOOKS アクティブな授業ができる!小学校国語科「開かれた発問」30のしかけ』について伺いました。
    齋藤 浩(さいとう ひろし)
    東京都出身。横浜国立大学教育学部卒業・佛教大学大学院教育学研究科修了。現在、...