最近の記事>社会
  • 奈良県平群町立平群中学校森口 洋一
    • 2017/2/7
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は森口洋一先生に、新刊『明日から使える! 必ず盛り上がる! 中学校社会科授業のネタ&アイデア117』について伺いました。
    森口 洋一(もりぐち ひろかず)
    1961年 大阪市住吉区生まれ。立命館大学経営学部卒,奈良教育大学大学院教育学研究科教科教...
  • 筑波大学附属小学校教諭由井薗 健
    • 2017/1/25
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は由井薗健先生に、新刊『小学校社会科 Before&Afterでよくわかる! 子どもの追究力を高める教材&発問モデル』について伺いました。
    由井薗 健(ゆいぞの けん)
    筑波大学附属小学校教諭、小学校社会科授業づくり研究会代表、初等社会科研究...
  • 埼玉大学教育学部教授桐谷 正信
    • 2016/10/1
    • 教育オピニオン
    • 社会
    1.「働かせる」ために育てる「社会的な見方・考え方」
    『教育科学 社会科教育』No.689(2016年9月号)でも言及したが、中教審の議論の過程で「社会的な見方・考え方」の位置づけが大きく変化した。
    2016年5月26日の中教審の社会・地理歴史・公民ワーキンググルー...
  • 社会科教育 2016年10月号
    教育zine編集部及川
    • 2016/9/7
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2016年10月号の特集は、「アクティブ・ラーニングで評価はこう変わる」です。
    次期指導要領の核になるものとして、主体的・対話的で深い学びの実現(「アクティブ・ラーニング」の視点からの授業改善)が挙げられていますが、先生方から「どうすれ...
  • 北海道札幌市公立小学校朝倉 一民
    • 2016/7/21
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は朝倉一民先生に、新刊『子ども熱中! 小学社会「アクティブ・ラーニング」授業モデル』について伺いました。
    朝倉 一民(あさくら かずひと)
    北海道札幌市公立小学校教諭。北海道社会科教育連盟、北海道NIE研究会所属。IntelMasterTeacher、NIEアドバ...
  • 兵庫教育大学副学長・大学院教授米田 豊
    • 2016/7/20
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は米田 豊先生に、新刊『活動あって学びあり! 小学校社会科アクティブ・ラーニング 21の授業プラン』について伺いました。
    米田 豊(こめだ ゆたか)
    昭和30年12月生まれ。
    小中学校教諭、奈良県教育委員会、橿原市教育委員会指導主事を経て、平成1...
  • 福井大学学術研究院教育・人文社会系部門教授橋本 康弘
    • 2016/7/15
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は橋本康弘先生に、新刊『中学公民 生徒が夢中になる!アクティブ・ラーニング&導入ネタ80』について伺いました。
    橋本 康弘(はしもと やすひろ)
    平成7年に広島大学大学院教育学研究科博士課程前期修了後、広島市立大手町商業高校教諭、広島大学附...
  • 広島大学大学院教育学研究科教授小原 友行
    • 2016/7/14
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は小原友行先生に、新刊『アクティブ・ラーニングを位置づけた中学校社会科の授業プラン』について伺いました。
    小原 友行(こばら ともゆき)
    1951年広島県生まれ。広島大学教育学部高等学校教員養成課程社会科卒業。広島大学大学院教育学研究科教科教育...
  • 兵庫県神戸市立大原中学校教諭乾 正学
    • 2016/7/7
    • 著者インタビュー
    • 社会
    今回は乾 正学先生に、新刊『中学歴史 生徒が夢中になる!アクティブ・ラーニング&導入ネタ80』について伺いました。
    乾 正学(いぬい しょうがく)
    1967年生まれ。大阪府出身。1990年関西学院大学文学部卒業。1993年より神戸市立の中学校教諭として勤務...
  • 社会科教育 2016年7月号
    教育zine編集部及川
    • 2016/6/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2016年7月号の特集は、「主体性を引き出す!思考と判断を問う課題づくり40選」です。
    次期指導要領に向けて、アクティブ・ラーニングに関わり「主体的」「協働」というキーワードがあがって来ていますが、学習活動において子どもが「主体的」になる...