最近の記事>その他
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/4/3
    • 教育マグマ日記
    • その他
    「そこだけは勘弁して」
    「編集者は何にでも興味を持つんじゃなかったの」
    って押し問答の末、先週しぶしぶ?とある銀座の“ポスト・クラブ”なるものに出かけた、いえロハで見学にいってきました。(ホワイトデーのモヨオシの一環です)
    さぞや、水も滴る(最近...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/3/27
    • 教育マグマ日記
    • その他
    「寒い・寒い」と思った日、あわてて風邪薬を飲んだのに、とうとう風邪をひいてしまいました…。「花粉でくしゃみが出るのか、風邪なのか?」とか、ぐずぐず考えたり、「この疲れは年齢のせいなのか、病気の前触れなのか?」とか、薬を飲むのをためらっているうちに...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/3/20
    • 教育マグマ日記
    • その他
    3月19日 筑波大付属小・田中博史先生からの反論・補足、以下引用します。
    プログを読んだ(注記 樋口の2月19日のもの)あとの算数の立場と私の仲間の意見を言います。
    算数教育はいかに子どもたちを自然体にするかが勝負です。
    背伸びをさせすぎると、み...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/3/13
    • 教育マグマ日記
    • その他
    「大体、あの印刷所も気がつかないなんて。プロのくせに〜」「それより、目次データが縦書きだったのだから、気づきそうなものだ。あのデザイナーさんもなあ」
    とまあ、自分の失敗を、もっぱら外部責任(もちろん、自分の胸の内で呪文のごとく内言しているだけ?で...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/3/6
    • 教育マグマ日記
    • その他
    文部省時代・国語科調査官だった小森茂先生はいつも、新潟の大森修校長先生とご一緒するとき(なぜか、わたしもその場に居合わせた経験が何度かあり)「大森・小森だから、小が大にかなう訳がない」とかおっしゃり、いつも会場を盛り上げておられます。
    その小森...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/2/27
    • 教育マグマ日記
    • その他
    最近であった麗人から仕入れた話。
    タカラズカ志望だったという彼女は、172センチという長身で、どことなく松たか子に似ている。彼女の結婚希望は、
    ・せめて自分よりちょっぴりでも背が高い。
    ・せめて自分よりちょっぴりでも年齢が上。
    という、しごく控え...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/2/20
    • 教育マグマ日記
    • その他
    うわさには聞いていたけど、3年生を相手に「ニヘイちゃん」と教師であるご自分をさらけ出す授業。しかもそれが、天下の筑波大付属小学校とくるから、いったいどういう景色なのかなあーと思ってわくわくしながら参観した二瓶弘行先生の国語授業。
    同じ子どもで、田...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/2/13
    • 教育マグマ日記
    • その他
    「ちなみに、先生のIQって、どれぐらいなのですか」「測ったことないから知らないんです」
    IQについて、揺るぎのない信念をお持ちの横山浩之Drが、自らのそれについてご存知ないなんて…と思ったのですが、きっとたぶん、かなりの高得点なのでしょう。
    久し...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/2/6
    • 教育マグマ日記
    • その他
    毎年暮れに、お興し入れになるシクラメンが3鉢あります。
    1つは、来訪当初は、それはそれは立派なのですが、1ヶ月もすると、めいめいが好き勝手に横に広がり始末が悪いレッド系です。その横は赤色フリルをつけたピンク系。このピンク系は、はじめこそ花の数も半分...
  • 明治図書出版編集長樋口 雅子
    • 2006/1/30
    • 教育マグマ日記
    • その他
    週末、大阪に出張し最終一歩手前便での帰り、品川でタクシー待ちをしていました。
    金曜だということでしょうか、集客力がUPしているといううわさの品川だからでしょうか、かなり待たされました。これだったら東京駅のほうがましだったと、ブツブツ思っていると...