検索結果
書誌名:
道徳教育
連載名:
道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」
全12件(1〜12件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第1回)
  • 関係性を育む「サークル」を土台に!
書誌
道徳教育 2016年4月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 道徳の授業に自ら参加し、活動するようにしていくためには、学級内の関係性が土台となる。安心して自己表現できる場として、「サークル」を日常に位置づけると、相互理解が深まる。朝の会…
対象
小学校/中学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第2回)
  • 問題意識をもつための教材提示
  • じぶんの力で「しまのおさるたち」(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年5月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
(※画像)  教材は、さるたちが困っている場面が描かれていて、結末が書かれていない。どうしたらよいか、判断が問われる教材である…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第3回)
  • 問題意識をもたせるミニホワイトボードの活用
  • じぶんの力で「しまのおさるたち」(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年6月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
教材提示後、何が問題だと感じたか、 ミニホワイトボードに書く。  前に出て発表し、 掲示する
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第4回)
  • 感動的な内容での主体的参加
  • かけがえのないいのち「ナイチンゲール」(学研『みんなのどうとく1年』)
書誌
道徳教育 2016年7月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 ねらいによって、子どもたちの感性に訴える、感動的な内容の教材を扱うことがある。一人一人がじっくりと感動に浸ることは大切である。このような感動的な内容の教材でも、単に感動に浸ら…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第5回)
  • 思考を促すステップ
  • ゆう気を出して「うんどうぐつ」(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年8月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の仕・掛・け】 教材提示の後、一人一人が考えてみたいことをミニホワイトボードに書いて共有し、本時の課題を設定する実践を六月号で紹介した…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第6回)
  • 役割演技で解決策を
  • ゆう気を出して「うんどうぐつ」(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年9月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】  「困っていること」「これからどうしたらよいか」「その結果どうなるか」について、グループで分担して考えるようにする…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第7回)
  • 板書と活動の一体化
  • みんながにこにこ「みんなのこうえん」絵:鈴木幸枝(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年10月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 一枚の大きな絵を黒板に掲示し、その絵の中から問題意識をもたせて、児童の主体的な参加を促す実践である。今回は、入学して間もない一年生が状況を把握できるような手立てを盛り込んでい…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第8回)
  • 深い学びを実現する板書の可能性
書誌
道徳教育 2016年11月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 さまざまな視点からの発言や会話を板書で整理することで、子どもたちは他者の考えに気づき、自分の考えを発展させていく。登場人物に共感させ、それぞれの立場からの考えを対比的に示して…
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第9回)
  • 考えを可視化する手立て
書誌
道徳教育 2016年12月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 児童の考えを視覚的に捉えやすくし、可視化する手立てとして、スケールの活用を試みている。シーソーのように用いて支点からどちらに傾くかで、児童の考えの微妙な揺れを表現している…
対象
小学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第10回)
  • 「自我関与」を捉える試み
書誌
道徳教育 2017年1月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 子どもたちが問題意識をもち、自己を見つめ、道徳的価値を自分との関わりで捉え、考える場面を設定することが、「主体的な学び」の視点では求められる。ネームプレートを活用した実践を紹…
対象
小学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第11回)
  • 自己評価の試み
  • あたたかい心で親切に「はしの上のおおかみ」(「わたしたちの道徳 小学校一・二年」)
書誌
道徳教育 2017年2月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 「主体的な学び」の視点から、児童生徒一人一人が考えたことや感じたことをふり返る活動を位置づけていくことが求められる。学習状況を自らふり返る自己評価や相互評価の在り方を検討し…
対象
低学年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第12回)
  • 授業にストーリーを!
  • じぶんのよいところ「ミーボー新聞」(講談社『さかなクンの一魚一会』/一部改作)
書誌
道徳教育 2017年3月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
【今月の「仕・掛・け」】 「個性の伸長」は、今回の学習指導要領の改正に伴い、小学校低学年に新しく加わった内容項目の一つである。教材をもとに話し合った後、自分のよさを見つめる段階に重点を置き、「わたした…
対象
小学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ