検索結果
書誌名:
実践国語研究
連載名:
学年別 国語教室の1年間
全6件(1〜6件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 学年別 国語教室の1年間 (第1回)
  • ことばや声を楽しもう―一年生を受け入れて―
書誌
実践国語研究 2006年5月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
はじめに 一年生の指導は本当に根気のいる、骨の折れる仕事である。一年生を担任する先生方と話をしていると、国語の悩みより「集中させるにはどうしたらよいか」「静かなのだがどうも聞いていないようだ」といった…
対象
小学1年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学年別 国語教室の1年間 (第2回)
  • 想像力をはたらかせて活動しよう―成長する二年生―
書誌
実践国語研究 2006年7月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
一年間の学校生活を経て、友だちや学校生活の様々な出来事に興味を持ち活発に動き始めるのが二年生である。学校生活にも慣れてきて、基礎的な言語生活をある程度は送ることができるようになっている。また、課題を示…
対象
小学2年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学年別 国語教室の1年間 (第3回)
  • 目的をもって表現する力を高めよう―感受性が育つ三年生―
書誌
実践国語研究 2006年9月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
校長になって、全校朝会で必ず本を一冊紹介している。子どもたちの安全を脅かすような事件が起きる昨今、一歩学校を出ると自由に遊べる場所も時間も少ない本校の子どもたちにとって、一冊の本が心を豊かにしてくれる…
対象
小学3年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学年別 国語教室の1年間 (第4回)
  • テキストに基づいて考える力を付けよう―新しいテキストを創造する四年生―
書誌
実践国語研究 2006年11月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
何事にも興味を持ち活発に行動する三年生から、集団としての考えた行動が取れるようになるのが四年生である。高学年のスタートとして五・六年生と協力しながら学校行事や教育活動の一端を担うこともある。司会や進行…
対象
小学4年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学年別 国語教室の1年間 (第5回)
  • 自分の考えを持たせよう―主体的にかかわる力がつく五年生―
書誌
実践国語研究 2007年1月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
五年生になると、学校行事や教育活動においてリーダーシップや主体性を発揮しなければならない。一方で、「発言する子どもが限られている」「指示されたことにはまじめに取り組むが、自分の考えを表現することに抵抗…
対象
小学5年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学年別 国語教室の1年間 (第6回)
  • 自分を見つめ発信する力をつけよう―自己認識を認める六年生
書誌
実践国語研究 2007年3月号
著者
上月 敏子
ジャンル
国語
本文抜粋
六年生は、自分という個性的な存在を認識するという点で大きな成長をとげる学年である。自己認識が深まり内側に向かう面と、知識や経験を生かして社会と関わりを持つ面の両方が育つ時期でもある。一方で他者からみる…
対象
小学6年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ