検索結果
書誌名:
実践国語研究
特集名:
なにができた?子どもが実感できる授業づくり
全23件(1〜20件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 特集について
書誌
実践国語研究 2014年3月号
ジャンル
国語
本文抜粋
平成25年度もいよいよ修了の時期を迎えます。この1年間で,子どもたち一人ひとりが,「国語が好きになった」「国語の力がついた」などと実感できるように成長したでしょうか。本誌の4・5月号では,「なるほど…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (無料提供)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • なにができた?単元を貫く言語活動で、価値ある言語活動ができるようになったという実感
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
飯田 薫
ジャンル
国語
本文抜粋
自ら自己を磨く交流を 心のこもったことばを駆使して子供が自分の思いや願いを膨らませての言語活動は、説得力がにじみ出ている。真実のことばによる交流は作品を作り上げる者同士に感銘を与えることができる。さら…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 「さてみなさんカード」「一枚読書案内文」等、手作り教科書の活用を通して、学習力を伸ばす
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
南雲 成二
ジャンル
国語
本文抜粋
伝えたいこと 本特集の願いにあるように、子どもたち一人ひとりが「国語を好きになった」「国語の力がついた」と実感できる国語教室・学習室、言語体験を如何にして実現するか…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 自己評価を充実させる指導の工夫
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
渥美 伸彦
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 自ら進んで学習に取り組む意欲を高めることや主体的に学習に取り組む態度を養うことなど、学習意欲の向上が重視される中、子どもたちの自己評価等を学習活動として位置付け、積極的に取り組んでいくこ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • ぶれない指導を貫く
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
竹下 敦子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 子どもの姿に表れる教師の意図 「今回、ショーウインドウで学んだことは、物語を深く知る、ということです。今までの国語の授業は、一つの問題に対してみんなで意見を出し合うのが普通でした。でも、今回は初め…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 本気で取り組む
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
松木 正子
ジャンル
国語
本文抜粋
実感する 研究授業をした教師は、「うまくいかなかった」「あの場面でつい先を急いでしまった」といった反省の弁を述べる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 学習意欲の向上を図る振り返りと見通しを
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
花田 修一
ジャンル
国語
本文抜粋
なにができた?子どもが実感できる授業づくりをするためには、表題に示した「学習意欲の向上を図る振り返りと見通しを」行わせることである。評価のための振り返りにとどまらず、次の学習へと連動するような意欲の向…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 提言 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 単元を貫く言語活動で、身に付いた力を実感!
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
水戸部 修治
ジャンル
国語
本文抜粋
はじめに 小学校学習指導要領第1章総則第4の2には、次のように規定している。 (4) 各教科等の指導に当たっては、児童が学習の見通しを立てたり学習したことを振り返ったりする活動を計画的に取り入れるよう…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 低学年/単元を貫く言語活動を位置付けた授業づくり―二年「スイミー」他レオ=レオニ作品―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
久保中 順子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 校内の研究主題「自分の考えをもち、すすんで表現する子供を目指して」を受けてこれまでの教材文から正解を読み取るだけではない授業をしたい、そのためには、もっと子供たちが楽しんだり、目的をもっ…
対象
低学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 低学年/お互いの表現を知り合い、よりよい表現をみつけようとする意欲を高める交流活動の工夫
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
橋村 昌江
ジャンル
国語
本文抜粋
一 書いたものを振り返る交流活動 書くことの学習において、自分と友達の作品を読み合い、お互いのよさを取り入れながら書き進めていくことで、児童は、より豊かな表現をする楽しさを実感していく。書いたものを常…
対象
低学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 低学年/一年実践「すごい。」「びっくり。」を説明文で教え合おう
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
甲斐 美佐江
ジャンル
国語
本文抜粋
一 入門期の説明文では 一年生では、どの教科書会社も身近な生きものや道具などを教材文で取り上げ、説明文単元を構成している。教材文の中で、モノとモノとの関係性が述べられ、子どもたちに驚きや実体験が引き出…
対象
低学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年/評価と支援を生かした授業作り―R1グランプリを開いて、みんなに落語の楽しさを伝えよう「ぞろぞろ」(教育出版 4年)―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
小ア 哲男
ジャンル
国語
本文抜粋
一 本単元で付けたい力 本単元では、主に「A 話すこと・聞くこと」における指導事項「ウ 相手を見たり、言葉の抑揚や強弱、間の取り方などに注意したりして話すこと。」「C 読むこと」における指導事項「ア…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年/生活や社会の中にある教材をいかす―「おいしい」新聞のレシピ―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
久本 卓人
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 「言語活動の充実」を重視した新学習指導要領のもと、各地でNIE(Newspaper in Educacion教育に新聞を)活動が進められている。もちろん、今までも様々な形で新聞は学習の中…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年/「目的意識」と「学習のめあて」を明確に―「動いて、考えて、また動く」の実践から―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
瀧川 文子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 子どもが学びを実感できる授業づくりをするためには、子どもたちが毎時間、学習の目的を意識し、何を学んでいるのかを理解していることが大切である。それこそが、主体的な学習へとつながるからである…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 高学年/賢治の作品世界を広げよう、賢治ッターで!
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
青木 寛典
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 「なにができたのか?」自己肯定感の低い子どもたちは授業を振り返った時に実際の姿と比べて自己評価が低い。そこで、読む力をつけるための工夫を行い、振り返った時に「できた!」と感じることができ…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 高学年/単元を貫く言語活動を位置づけた授業実践
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
石山 裕美
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 本校では、研究主題を「学びを生かし、確かな読みの力をつける授業の創造〜国語科における説明文の学習を通して〜」として、授業改善の研究に取り組んでいる。単元を貫く言語活動を通して、児童が目的…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 高学年/みんなで考えるって楽しい―心に響く生き方にふれ自分の生き方や命を見つめ直そう―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
鍋島 智子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 昨年度、単元を貫く言語活動を位置付けた国語科の授業づくりに、全校で取り組み始めた。文部科学省の水戸部修治教科調査官のご指導のもと「まず、やってみよう」の精神で研究を進める中で、児童の反応…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 中学校・実践授業の展開
  • 1学年/学びを「実感」できる国語科授業
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
海老根 重樹
ジャンル
国語
本文抜粋
一 学びを「実感」できる授業の在り方 学び手と共にあることが、教師としての私の喜びである。特に国語科の授業では、「それが言いたかったんだね。」、「だからそういう表現をしたのか。」といった生徒の思いが引…
対象
中学1年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 中学校・実践授業の展開
  • 1学年/言語化し、自覚化する振り返り―ノート指導・スピーチ・ディベート―
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
横山 千晶
ジャンル
国語
本文抜粋
一 自己の成長を感じる授業へ 国語の授業の効果を感じさせることは難しい。そう感じている教員は多くいるのではないだろうか。原因はいくつか考えられる。一つには、国語の力は学習者の日常生活での言語体験も大き…
対象
中学1年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なにができた?子どもが実感できる授業づくり
  • 中学校・実践授業の展開
  • 2学年/友達の短歌の魅力を伝え合う授業(鑑賞)
書誌
実践国語研究 2014年3月号
著者
蜿タ 智恵
ジャンル
国語
本文抜粋
一 単元を貫く言語活動とその特徴 本単元を貫く言語活動として「短歌を作り、表現の仕方や作者の思いについて鑑賞し合う」ことを位置付けた。まず、この言語活動において、短歌を作るためには、事柄や思いが伝わる…
対象
中学2年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ