検索結果
書誌名:
国語教育
特集名:
“うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • “作文嫌い”をつくる落とし穴はどこ?と聞かれたら
  • 何のために書くの?
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
首藤 久義
ジャンル
国語
本文抜粋
「何のために書くのかわからない」という声がある。目的が見えず必要が感じられない場で書かせられる苦しみの叫びである。どうすればよいか。書く相手や目的が明確で書く必要が実感できる場を作ればよい。そうすれば…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 「思ったことを書きなさい」指示の有効性?
  • 教師として“ダメ”、“できる”の指標
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
小森 茂
ジャンル
国語
本文抜粋
この指示をする教師は、“ダメ”です。 なぜなら、@「思ったこと」が無ければ書けません。日頃から個に応じて「思ったこと」をもたせる指導が必要不可欠です。「思ったこと」が有っても、A書くべき目的や相手が不…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 書ける子・書けない子の差が出る原因?
  • 書くことへの抵抗感で差が出る
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
井原 哲典
ジャンル
国語
本文抜粋
「書くのが面倒くさい。」こんな書くことへの抵抗感が、書ける子・書けない子の差が出る一番の原因だと考える。この状況を打開し、子どもを書くことへ誘うために授業を工夫したい…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 新要領が「想像したことを書く」を明示した意味
  • 想像したことを秩序立てるスキーマ
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
松川 利広
ジャンル
国語
本文抜粋
学習指導要領(国語科)には、言語活動例として、経験したことや想像したことを基に、文章、物語、随筆、詩、短歌、俳句などを書いたりつくったりすることが挙げられている…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 書き方・表現技法を指導するのは邪道?
  • ハウツーは一人一人に寄り添った手引きで
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
大谷 一郎
ジャンル
国語
本文抜粋
自由に書きなさいと言われるくらい不自由なことはない。だから、書き方指導のハウツー化には反対しない。しかし、それは学習者一人一人に寄り添った手引きでなければならない…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 作文に点数付けは邪道?
  • 作文力に生きる評語評価を
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
吉田 裕久
ジャンル
国語
本文抜粋
作文指導で最も大事なことは、書けない学習者を少しでも書けるようにすることである。その際、評価はとりわけ大きな役割を果たす…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • 作文の書き方指導をめぐる異論と討論=吟味・点検のポイント
  • 推敲・見直し強要は作文嫌いをつくる?
  • 「書き言葉」だが「読み言葉」
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
上谷 順三郎
ジャンル
国語
本文抜粋
作文は「書き言葉」として指導される。すなわち、文字として記録が残り、書かれた後も読み直される運命にあるから推敲・見直しが必須というものである。これに対して、話し言葉は「一回性」のものだから一回で伝わる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • クオリティUP!“このテーマ作文”活用のヒント―モデル例と活用のヒント
  • なりきり作文―モデル例と活用のヒント
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
山元 悦子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 なりきり作文とは何か なりきり作文とは、「自分以外のものになりきって書く作文」〈野口芳宏『作文で鍛える(上)』(明治図書、一九八八年)〉と定義されている。管見におよぶかぎりでは、『作文指導事典』(…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • クオリティUP!“このテーマ作文”活用のヒント―モデル例と活用のヒント
  • 吹き出し作文―モデル例と活用のヒント
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
松本 佳子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 書く活動に多様性を 平成二〇年学習指導要領「書くこと」領域における特徴をみると、書く活動の多様化が強調されるようになった。文章を書く活動そのものより、その過程を大事にするという指導理念が伺える。「…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • クオリティUP!“このテーマ作文”活用のヒント―モデル例と活用のヒント
  • 連想作文―モデル例と活用のヒント
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
菊地 はす江
ジャンル
国語
本文抜粋
一 楽しく長い文を書く 一年生の十一月に「じゅんじょよく かこう」という単元がある。 この単元では四百字の作文用紙に学校や家でしたことを順序良く書くことが目標である…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • クオリティUP!“このテーマ作文”活用のヒント―モデル例と活用のヒント
  • キーワード作文―モデル例と活用のヒント
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
東田 昌樹
ジャンル
国語
本文抜粋
一 子どもたちが作った「同音異義熟語作文」 まずは、子どもたちの作文を紹介する。  @欠陥のある自動車に乗ると、血管が破れた…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “うまい作文”続出!書き方指導の新手引き
  • クオリティUP!“このテーマ作文”活用のヒント―モデル例と活用のヒント
  • 手紙形式の作文―モデル例と活用のヒント
書誌
国語教育 2013年2月号
著者
戸村 隆之
ジャンル
国語
本文抜粋
一 手紙を書かない子どもたち 形式的な手紙の書き方は教えないと子どもたちは書くことができない。 日本郵便は「手紙の書き方体験授業」という取り組みを全国の小学校を対象に行っている…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ