検索結果
書誌名:
教室ツーウェイ
連載名:
環境教育最前線
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第1回)
  • 具体例を通しての学習こそ環境教育のポイント
書誌
教室ツーウェイ 2011年4月号
著者
高丸 一哉
本文抜粋
一、環境教育は具体例を通して エネルギーや環境問題は、人類の存続をかけた重要な課題だ。だからこそ、環境教育は各教科、道徳、総合的な学習の時間など様々な場面を通して行われなければならない…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第2回)
  • エネルギー学習からつなげる環境教育
  • 理科の授業で、エネルギー問題から環境教育へとつなぐ
書誌
教室ツーウェイ 2011年5月号
著者
鈴木 正和
ジャンル
理科
本文抜粋
新学習指導要領の実施に伴い、小学校六年生「電気の利用」の単元が入ってきた。 前もって手回し発電機や検流計などを多めに購入しておいたので、ものの準備はある程度できていた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第3回)
  • これからの日本と海洋
書誌
教室ツーウェイ 2011年6月号
著者
赤阪 勝
本文抜粋
黒潮とウラン 温暖化ガスを全く出さない原子力発電は、これからも重要な役割を担うだろう。 現在、日本はウランの全てを輸入に頼っている。しかし、実は日本の中にウランはいくらであるのである。どこにあるのか…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第4回)
  • 何をおいても授業することが大切だ
書誌
教室ツーウェイ 2011年7月号
著者
高橋 優
本文抜粋
三年生で地球温暖化の授業を実施した。授業のねらいは、次の二点。 一 温暖化の原因としくみを知る 二 企業の温暖化の取り組みについて調べる…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第5回)
  • ゴミ3割減からリデュースへ
  • 関係機関と共にリデュースを教える
書誌
教室ツーウェイ 2011年8月号
著者
小川 幸一
本文抜粋
達成してしまった 「横浜はG30」 平成15年から横浜市民350万人が取り組んだ「G30」。22年度までにゴミを30%減らすというプランである…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第6回)
  • 環境教育にもつながっていく節電教育
書誌
教室ツーウェイ 2011年9月号
著者
高丸 一哉
本文抜粋
1.環境教育につなぐ節電教育 東日本大震災の影響により、この夏、国家をあげての節電の取り組みが呼び掛けられている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第7回)
  • 未来へつなぐ古代の思想
書誌
教室ツーウェイ 2011年10月号
著者
中田 幸介
本文抜粋
今まで授業してきた子の多くは、木を切らないことが、自然を守ることにつながっていると考えていた。木を切ることは森林破壊として、悪いことのように感じる。しかし、木を切れば、そこに新しい木を植えてきた。まさ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第8回)
  • 客観的に正しい判断ができるように、正しい知識を身につけよう
書誌
教室ツーウェイ 2011年11月号
著者
川上 勇人
本文抜粋
@客観的な正しい判断ができるための正しい知識が必要 現在、「放射線問題」は、テレビで毎日放送されている。このテレビには、必ず放送する側の意図が含まれている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第9回)
  • 放射線の人体や環境への影響と原子力発電を正しく教える
書誌
教室ツーウェイ 2011年12月号
著者
奥 清二郎
本文抜粋
一 シーベルトって何? 東日本大震災と、福島の原子力発電所事故で、多くの方が被災され、今なお苦しい生活を強いられている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第10回)
  • 「節電教育テキスト」を使って、環境教育の授業をする
書誌
教室ツーウェイ 2012年1月号
著者
三浦 一心
本文抜粋
1 「節電教育テキスト」を使う 「節電教育テキスト」を使い、東日本の各地で授業が行われた。 勤務校のある愛知県でも静岡県の浜岡原発の停止から節電への取り組みが加速した…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第11回)
  • 東北・新潟のお米を買おう
書誌
教室ツーウェイ 2012年2月号
著者
齋藤 一子
本文抜粋
一 二十三年産米が売れない! 二十三年産米の売れ筋ランキングは、島根、兵庫、石川、富山など西日本の名前が上位となった。毎年上位を占めていた福島、新潟の名前がない…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第12回)
  • 電力のベストミックスを伝えていく
書誌
教室ツーウェイ 2012年3月号
著者
並木 孝樹
本文抜粋
安全性、危険性の面から原子力発電について述べているものが多い。経済の面からみると原子力発電がエネルギーの供給元として重要であるとも言われている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第13回)
  • 環境に関するテキストを活用して、最新の環境教育を!
書誌
教室ツーウェイ 2012年4月号
著者
野ア 隆
本文抜粋
一 充実したテキスト 環境について子どもたちに教えることは、現代の重要な課題である。 最新環境教育研究会では、環境教育に関するテキストを作成している。様々な企業と提携しており、それぞれの分野でのCO2…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第14回)
  • エネルギーにも質がある 質の低い電力では日本を支えられない
書誌
教室ツーウェイ 2012年5月号
著者
染谷 幸二
本文抜粋
1月28日、「エネルギー教育」模擬授業全国大会が開催された。ブロック予選を勝ち抜いた実力者が模擬授業の舞台に立った。その中で、私が最も注目したのは「瞬断」を取り上げた石田勝紀氏(関西ブロック)の授業だ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第15回)
  • 日本の技術について考える
書誌
教室ツーウェイ 2012年6月号
著者
勇 眞
本文抜粋
CO2セミナーでは、CO2削減に向けての日本の企業の努力・成果を教材化し、日本の子ども達に伝えていこうと取り組んでいる…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第16回)
  • セミナーに参加して、環境に関する最新の情報を手に入れよう
書誌
教室ツーウェイ 2012年7月号
著者
野ア 隆
本文抜粋
一 専門家の講演 毎年、最新環境教育(CO2等)に関わる教育セミナーが、全国各地で開催されている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第17回)
  • 夏休み前に節電教育
書誌
教室ツーウェイ 2012年8月号
著者
前川 淳
本文抜粋
1 今年も節電教育 間もなく2回目の節電の夏を迎える。昨年、電力供給がきわめて厳しい状況を迎えたのは東京電力、東北電力管内であった。今年は関西電力管内である…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第18回)
  • 放射性物質に関する情報と正しく向き合う
書誌
教室ツーウェイ 2012年9月号
著者
平松 孝治郎
本文抜粋
一 サークルで放射性物質の学習会を行う サークルで放射線についての学習会をもった。放射線についての問題(自作)を配り、サークル員が問題を解いていく…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第19回)
  • 環境テキストは、社会科や総合的な学習の時間にピッタリです
書誌
教室ツーウェイ 2012年10月号
著者
野ア 隆
本文抜粋
一 充実したテキスト 環境をテーマにしたテキストが、基礎テキストを含め計十四冊揃っている。 基礎テキストでは、環境問題の基本的な知識を教えることができる…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 社会貢献活動
  • 環境教育最前線 (第20回)
  • 最新環境教育授業テキストがリニューアルしました
書誌
教室ツーウェイ 2012年11月号
著者
松藤 司
本文抜粋
今まで「CO2」と表現されていたのが「二酸化炭素(co2)」に統一された。 CO2は化学式なので正式名称に統一したのである…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ