検索結果
著者名:
福ヶ迫 善彦
全10件(1〜10件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 学習指導要領でつくる! 今月の単元計画 (第48回)
  • 高学年/ICTを活用した跳び箱運動
  • 6学年・跳び箱運動(頭はね跳び)
書誌
楽しい体育の授業 2022年5月号
著者
坂井 健太郎・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育/学習指導要領/教育課程
本文抜粋
スモールステップとお手伝い 本単元は,スモールステップで学習を進めながら児童同士の相互補助(お手伝い)を大切にしていきます。はじめの2時間程度は跳び箱を使わず,マットの場だけで行います。頭と両手で体を…
対象
高学年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第12回)
  • 思考力向上を目指した体育の広がり
書誌
楽しい体育の授業 2020年3月号
著者
福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
筆者はいくつかの地域で小・中学校の教師とともに勉強会をしています。また,授業研究で体育を特に得意としない一般の教師に授業をお願いすることもあります。共通することは,体育授業で思考力を保証させるための学…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第8回)
  • パスをつないでシュートを決めろ!! トライアングル・セストボール
書誌
楽しい体育の授業 2019年11月号
著者
藤平 隆信・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
中学年のゲームの学習では,低学年の学習を踏まえ,「ボールを持たないときの動き」が学習の中心となります。とはいえ,子供たちにとって,ゲームにおける一番の楽しさを感じる場面は,自分で得点をとる場面ではない…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第7回)
  • 「わかった!」「そうか!」が聞こえる「宝とり」
書誌
楽しい体育の授業 2019年10月号
著者
西川 直哉・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
低学年の「ゲーム」の学習は,後の中・高学年への系統的な指導において,非常に重要であると考えます。特に「攻めと守りに関する課題を解決するための学習」から,獲得すべき知識・技能を身に付けられなければ,「ど…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第6回)
  • 目指せ!できなくてもやりたくなる体育授業!!
書誌
楽しい体育の授業 2019年9月号
著者
岩城 節臣・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
1 「できた」けど楽しくない!? Aさんは,跳び箱の単元が終わった後も,休み時間になると校庭にあるタイヤ跳びの練習を続けていました。Aさんのひたむきに練習する様子を見て,だれもがその姿に感心していまし…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第5回)
  • 児童が主体的に逆上がり習得に向かう体育授業
書誌
楽しい体育の授業 2019年8月号
著者
用皆 英樹・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
鉄棒運動の「逆上がり」ができない児童は多くいます。実際に本校児童の1クラスあたり3〜4割の児童が「逆上がりをいつでも必ずできますか?」というアンケートに「できない」と回答をしています。その数値は地域や…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第4回)
  • 状況判断してゲームの中での役割を果たせるゴール型の授業
書誌
楽しい体育の授業 2019年7月号
著者
榊原 章仁・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
ゴール型の課題の一つは,「攻撃から守りへ」「守りから攻撃へ」という攻守の切り替えをいかに早く行えるかということです。特に,コートの大きさがサッカーやタグラグビーと比べると小さいバスケットボールでは,攻…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第3回)
  • めざせ!全員シュート!ダイレクトシュートサッカー
書誌
楽しい体育の授業 2019年6月号
著者
藤本 祥太・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
高学年のボール運動の中でも,ゴール型は攻めと守りが入り混じる場面が多くあるため,判断する契機が連続し,非常に多くなります。また,足でボールを操作するゲームとなるとさらに難しいため,運動が苦手な児童はど…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第2回)
  • 思考・判断と集団戦術の向上をねらうベースボール型の授業
書誌
楽しい体育の授業 2019年5月号
著者
井上 明人・福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
ベースボール型の課題は,「打つ」「投げる」「捕る」「走る」といった多くの技能が必要なこと,ルールが複雑で状況判断が難しいことです。児童の思考力を育むには,教具・教材と学習過程の工夫が必要です…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • “できないけどわかるVSできるけどわからない” 「思考力」を育む授業づくりのポイント (第1回)
  • これからの体育授業を考える
書誌
楽しい体育の授業 2019年4月号
著者
福ヶ迫 善彦
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
2017年3月に新しい小・中学校学習指導要領(以下,「要領」とする)が改訂され,2020年に小学校から全面実施されます。改訂の背景の一つとして,我が国の社会が予測困難な時代を迎えることがあります。今の…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ