検索結果
著者名:
飯島 康之
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第32回)
  • 「ザックリとした思考」と「キッチリとした思考」の行き来
書誌
数学教育 2019年11月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
最近のAI,つまり機械学習のしくみを学んでみて気付くことは,大量のデータに対する「ザックリとした思考」をコンピュータにさせているということです。画像データからの顔認識など,詳細な写真を使う方がより精密…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第31回)
  • 発見を「発見」と実感するためのストーリーの工夫
書誌
数学教育 2019年10月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 「発見」と実感するにはストーリーが必要 作図ツールGCは,発見を支援するために使うことが多いです。一方,それが単なる気付きではなく「発見」と生徒が感じるためには,発見と呼ぶに値する価値があると生徒…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第30回)
  • 数学教育にとってのプログラミングは?
書誌
数学教育 2019年9月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 算数教育では焦眉の課題だが,数学教育では関心が低い 来年度から小学校ではプログラミング教育が始まります。筆者も愛知県教委での義務教育問題研究協議会とその専門部会に参加しています。2年目の今年は,去…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第29回)
  • 何を出発点とするか,どう動かすかだけでも授業は大きく変わる
書誌
数学教育 2019年8月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 円周角の定理,どう扱いますか? 先日,附属名古屋中学校に教育実習生の授業を見にいったら,円周角の定理の証明や円に内接する四角形の性質を扱った授業を2種類拝見できました。どちらも教科書などから「定番…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第28回)
  • コンピュータでの数学実験から垣間見える「たぶん証明できない真理」
書誌
数学教育 2019年7月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
附属高校で生徒に接するとき,「目の前の子たちが社会で活躍するときには,社会は大きく変わっているはず」ということを思いました。「AIを使いこなせるようにするには」とか「AIにはできない力を伸ばすには」と…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第27回)
  • 生徒にさせたい思考に合わせてコンテンツの使い方を選ぶ
書誌
数学教育 2019年6月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 数学用ソフトが数学的探究を広げ深める入り口としてのコンテンツ 教科書の意図を踏まえて,授業を活性化するために開発するもの。それがデジタルコンテンツです。教科書をわかりやすくするために解説する使い方…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第26回)
  • 道具が変われば思考は変わる
書誌
数学教育 2019年5月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 多様な「現象」と接し,コントロールしていける力 昨年度から,愛知県義務教育問題研究協議会では,小学校段階におけるプログラミング教育の在り方を協議していて,その専門部会長を担当しています。「コーディ…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第25回)
  • 授業化の原動力としての教材の面白さとICTによる突破口の発見
書誌
数学教育 2019年4月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
「ICTを活用する授業」は皆さんにとって,「特別」な授業でしょうか。確かに普段と違う機器も使いますし,普段とちょっと違った指導法上のテクニックも必要です。でも,最も基本的なところでは共通していると思い…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第24回)
  • GCを使った学び合いの授業のキーワードとしての「大発見」
書誌
数学教育 2019年3月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
発問 今日は,こんな図について調べてほしいのです。 まず,三角形ABCをつくります。3つの辺のそれぞれを1辺とするような正方形を三角形の外側につくります。そして,頂点同士をつなぎます…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第23回)
  • 考えながらくり返し行う実験のライブ感
書誌
数学教育 2019年2月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1.超音波距離センサとデータロガーを使った予備実践を踏まえて 2018/11/14に附属高校にて「高校教育シンポジウム」という研究発表会を行いました。今年は数学科と国語科の授業公開を行い,数学科では…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第22回)
  • 学び合いのための「課題の適度な難しさ」と「問いの引き上げ」
書誌
数学教育 2019年1月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
「主体的・対話的で深い学び」への取組は広まりつつある? 愛知県の教研集会(中学校,数学,10/27)では21本のレポートが発表されましたが,主体的,対話的,深い,学び合いなどにかかわる発表が大半でした…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第21回)
  • 「ICTで支援すべきこと」の模索
書誌
数学教育 2018年12月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
ICTさえ使えば,授業は深まるというわけではありません。身近な実物の観察,紙などを使った操作,念頭での推論なども含めた様々な選択肢の中の1つとしてICTを使う方が適切だという判断は不可欠です…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第20回)
  • 「試しにやってみる」環境は整っていますか?
書誌
数学教育 2018年11月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 筆者が担当した10年経験者研修では 8月中,愛知県の10年経験者研修(小中)など,いろいろな方に接する機会がありました。例えば,10年研では「今できていて当たり前のはずのこと」として(指導者用デジ…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第19回)
  • 「短時間でも楽しめ,つい言葉が出てしまう」ことにこだわる
書誌
数学教育 2018年10月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 日数教100周年イベントでのワークショップ 日本数学教育学会が創立100周年を迎えました。それを記念して8/2に,東京のTFTホールにて記念イベントが開催されました。式典・講演・トークショーなどに…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第18回)
  • 「入試で使えないから授業でも使わない」を越えていくために
書誌
数学教育 2018年9月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 「入試で使えないから授業でも使わない」のはいつまで? ICT利用について刺激的な論文に出会いました。国立教育政策研究所の安野氏ら(2018)の「動的オブジェクトを有するCBT数学問題の開発」です…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第17回)
  • 「オイラー線の証明」の準備としてのいろいろな「心」の学習
書誌
数学教育 2018年8月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
今月も前号の続きで,「オイラー線の証明」の授業の前に,いろいろな「心」についてどんな授業に附属名古屋中学校で取り組んだかを紹介します…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第16回)
  • いろいろな性質を見つけ,つなげて到達する「オイラー線の証明」
書誌
数学教育 2018年7月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 高校数学Aの発展問題としてのオイラー線の証明 オイラー線の証明は例えば,啓林館の高校数学Aの研究で扱われています。証明のための手がかりは,図1のような三角形の相似にあります。OHとADを結んだ交点…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第15回)
  • 対話的な学びを深めながら発見するのに適した教材としての「オイラー線」
書誌
数学教育 2018年6月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
前回のGC活用研究会に向けた一連の取組 2月16日に,附属名古屋中学校でGC活用研究会としての研究授業を行いました。毎回,研究授業を行うまでには素材の検討,複数の教材化の可能性の検討,単元との整合性の…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第14回)
  • 中学校の男女比を素材に学習指導要領(案)について考える
書誌
数学教育 2018年5月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
1 高校の学習指導要領(案) 2月14日に高校の学習指導要領(案)が発表され,パブリックコメントが募集されました。ベクトルが数学Cに移動し,文系の生徒は学ばないかもしれません。数学活用の内容が数学A…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ICTを活用した「主体的・対話的で深い学び」 (第13回)
  • 出発点としての「対話」と「生徒にゆだねる」
書誌
数学教育 2018年4月号
著者
飯島 康之
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
今年も,本連載を続けさせていただくことになりました。4月ですから,今回は本連載の基本的な視点を確認してみたいと思います…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ