検索結果
著者名:
藤田 昌一
全9件(1〜9件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 ほぼ100%クリア!開脚跳びのテッパン指導
  • 低学年から取り組みたい! 「跳べる力」を身に付ける感覚づくり運動
書誌
楽しい体育の授業 2021年1月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに 「開脚跳び」や「かかえ込み跳び」につながる「支持感覚」「手の突き放し(かき)」「踏切の協応動作」などの基礎感覚づくりの運動を紹介します。低学年では,ゲーム化するなどして,楽しみながら数多…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 ほぼ100%クリア!開脚跳びのテッパン指導
  • 「できた!」を実感できる! おすすめ学習カード
  • 跳び箱につながる運動(回転系)
書誌
楽しい体育の授業 2021年1月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育/指導方法/授業研究
本文抜粋
回転系の技につなげるためには,まずマットでしっかりと腕支持をして転がることができるようにすることが大切です。そのうえで,「まっすぐに」「腰を高く」「膝を伸ばす」など,跳び箱上での動きにつながる課題を設…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 ほぼ100%クリア!開脚跳びのテッパン指導
  • 「できた!」を実感できる! おすすめ学習カード
  • 跳び箱につながる運動(切り返し系)
書誌
楽しい体育の授業 2021年1月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育/指導方法/授業研究
対象
小学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 運動会の組体操「安全と見栄え」両立の指導技術/盛り上がる運動会づくり
  • 第1特集 運動会の組体操「安全と見栄え」両立の指導技術
  • 教えて!「運動会で組体操」ギモン・シツモン
書誌
楽しい体育の授業 2018年9月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
Q 「組体操」と「組立体操」の違いは? Answer 本来,「組体操」と「組立体操」は区別して用いられるものです。日本体育大学荒木達雄教授(1)は,次のように述べています…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 鉄棒ぎらいをつくらない!特選の指導アイデア
  • <どうしても苦手な子ども向け>鉄棒を使わない! 鉄棒の基礎感覚アップ スタートメニュー
  • 腕支持,逆さ・振動,回転,体幹のシメ
書誌
楽しい体育の授業 2018年7月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
これから4ページにわたって紹介する動きは,鉄棒が苦手な子への対応はもとより,低学年の固定施設遊びや,中・高学年の器械運動の準備運動として取り組めるものです…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 ビシッと体育「授業開き」―1年を貫く規律とルールづくり
  • はじめが肝心!身に付けさせたい学びのルール
  • 【話の聞かせ方】子どもを集中させる話の聞かせ方のコツ
書誌
楽しい体育の授業 2016年4月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
子どもの集中を妨げる要因が,どうしても教室での授業より多くなる校庭や体育館で行う体育の授業ならではの話の聞かせ方のコツを紹介します…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 息をあわせて一体感!「シンクロマット」やってみよう
  • マット運動が大激変!「シンクロマット」って?!
  • 図解 子どもの演技例
  • 高学年/準備運動を楽しむ
書誌
楽しい体育の授業 2016年1月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
1 はじめに シンクロマットの準備運動のねらいの1つは,みんなで「そろえる」「ずらす」楽しさを味わわせること。2つは,マット運動に必要な基礎的な運動感覚を身につけさせることです…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • ミニ特集 新学習指導要領への提言「ハードル走」
  • 競走させて、ハードル走を盛り上げよう
書誌
楽しい体育の授業 2004年8月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
指導要領では、陸上運動の技能の内容が次のように示されている。 自己の能力に適した課題をもって次の運動を行い、その技能を身に付け、競争したり、記録を高めたりすることができるようにする…
対象
小学校
種別
小特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 どう変わる水泳指導・準備ポイント18
  • 実践事例
  • 高学年/着衣泳
  • 1時間完結の着衣泳指導
書誌
楽しい体育の授業 2002年7月号
著者
藤田 昌一
ジャンル
保健・体育
本文抜粋
年間90時間の体育の授業の中で、水泳に当てられる時間は、5・6年生で16〜20時間程度と限られている。その中で、従来のように泳力を伸ばす時間を確保しつつ、着衣状態で水に落ちた時に命を守る方法について指…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ