検索結果
著者名:
紀 修
全4件(1〜4件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 できるを実感する!資質・能力を身に付ける授業づくり
  • 提言 資質・能力を身に付ける授業づくりとは
  • 研修マネジメント(自己啓発・互恵性による研修の循環)
書誌
実践国語研究 2016年11月号
著者
紀 修
ジャンル
国語
本文抜粋
■自己啓発を原動力に 昨年度まで小学校に勤務し、学校全体の国語の授業の質の向上を図る上で、校内研修は不可欠なものであった。「言語活動の充実」のもと、児童に付けたい力を明確にし、適切な言語活動を位置付け…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 こう考えた!確かな説明力を伸ばす授業づくり
  • 提言 こう考えた!確かな説明力を伸ばす授業づくり
  • 双方向で「説明力」を伸ばす―説明する側 説明される側―
書誌
実践国語研究 2014年1月号
著者
紀 修
ジャンル
国語
本文抜粋
【授業改善と説明力】 学習指導要領が改訂され、国語科においては、「単元を貫く言語活動」「単元を貫く課題解決的な活動」をキーワードとした授業改善が図られている。これらの授業改善は、「児童生徒が自ら身に付…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「言語の基礎・基本・統合発信力」を鍛える
  • 「書く」学習における 「基礎・基本・統合発信力」の授業開発
  • 中学年/二つの目的・相手意識で見通しをもって書く
書誌
「生きる力」を育む国語学習 2001年11月号
著者
紀 修
ジャンル
国語/総合的な学習
本文抜粋
一 生きる力を支える「学びの見通し」 子供たちが書く活動に意欲をもって取り組めるようにするための第一の手立ては、書くための目的・相手意識を持たせることである。第二の手立ては、学びを受信者として受け止め…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 総合的な学習を発展させる夏休み自由研究「究極のネタ」
  • 食べ物と健康しらべのネタ
  • 昔から伝わる食べ物しらべ
  • 「私のこだわり蕎麦」で発信・交流
書誌
授業のネタ 教材開発 2000年8月号
著者
紀 修
ジャンル
授業全般/総合的な学習
本文抜粋
子供たちが主体的に郷土に昔から伝わる食べ物について調べ、その学びを広げていくことのできる題材の条件は、次の三つである…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ