検索結果
著者名:
丸山 美香
全22件(1〜20件)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第46回)
  • 「ふしづくり一本道」で五線譜に親しむ(三年生)
書誌
教室ツーウェイ 2015年1月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
遊びながら五線譜の知識を身につけさせる 先日四年生の公開授業を参観した。領域は音楽づくりである。作った旋律をホワイトボードで譜面化する活動があった。研究協議では、低学年の担任と連携し、ワークシートで楽…
対象
小学3年
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • ミニ特集 TOSSが手がける新しい「音声教材」の可能性
  • 発達段階に応じた歌唱教材を設定する〜「聴かせるための歌」なのか、「覚えて歌うための歌」なのか、目的に応じた条件を整え、教材を準備する〜
書誌
特別支援教育教え方教室 2014年12月号
著者
丸山 美香
ジャンル
特別支援教育
本文抜粋
1音質のよい音声ペンに相応しい教材 画期的な教具,音声ペンが開発された。 実際に使ってみたが,私が注目したのはその音質である。超小型の内蔵スピーカーは,目的に応じて拡張スピーカー(Bluetooth対…
対象
小学校/中学校
種別
小特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第44回)
  • 和声感を獲得するステップ
書誌
教室ツーウェイ 2014年11月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
主要三和音指導の取り扱い 和音や和声の取扱いについては、これらを理論的な指導に偏るのでなく、あくまでも音楽活動を進める中で、児童の音楽的な感覚に訴えるとともに、合唱や合奏、音楽づくりなど、具体的な活動…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第42回)
  • 輪唱・パートナーソングで合唱準備
書誌
教室ツーウェイ 2014年9月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
合唱導入前までに「輪唱」と「パートナーソング」をたくさん歌わせる 現行の教科書では小学校四年生から二部合唱が扱われている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第40回)
  • 「音から入る指導」を六年生から始める事例
書誌
教室ツーウェイ 2014年7月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
落ちこぼれる子も吹き上がる子も同じ位置から始める 音楽能力は運動能力同様、頻繁に使うことで力が維持される…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第38回)
  • 演奏能力は音楽の時間だけでは身につかない
書誌
教室ツーウェイ 2014年5月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
歌唱力と音読指導の関係性 音楽の時間だけで歌唱力は身につかない。日常の音読指導が物を言う。 @一定の声量で読む…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第36回)
  • 卒業式の歌唱指導は三点に絞る
書誌
教室ツーウェイ 2014年3月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
卒業間近の六年生は、気恥ずかしさが勝って歌声が小さくなると聞く。 私も着任間もない年、同じ感覚を抱いた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第34回)
  • 【行事指導】突然リコーダーの指導を任された時の対応策
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
1 「ド」ではなく、「シ」を基準とする 三年生のリコーダー入門期で最初に扱う音は「シ」である(上写真)。「シ→ラ→ソ」「シ→ド→レ」と、片手で吹ける音から学習する…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 教育イノベーション―現場に走る衝撃29
  • 教師の情報交流センター「ボイスリンク会議」
  • ボイスリンクで授業研究が新次元に
  • 音声のツーウェイで即解決:音楽授業の新たな修業ツール誕生!
書誌
教室ツーウェイ 2013年12月号
著者
丸山 美香
本文抜粋
FM放送並みの音質だから音楽の教材研究・授業検討に最適 ボイスリンクの利点は、何と言っても音質の良さにある。通信環境を整えれば【注】、FM放送並みの音が体験できる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第32回)
  • 今からでも遅くない変声後の音域が広がる声づくり
書誌
教室ツーウェイ 2013年11月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
1 なぜ発声指導が必要か 声を出す声帯について次の事柄をご存じだろうか。 @ 変声前の声帯の長さはわずか五〜一〇o、厚さ二〜三o…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 音楽レディース実践記 (第3回)
  • 鍛えれば 耳が良くなる この習慣 若返るから さらに続ける
  • DMTマスターへの道
書誌
女教師ツーウェイ 2013年9月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
現在私が取り組んでいることは「聴力を鍛えること」。さらに言えば「楽器の音色の聴き取り」である。 少々マニアックな話で申し訳ないが、若返りにも繋がる話なのでおつきあい願いたい…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第30回)
  • 他教科に繋がる音楽指導〜行進指導〜
書誌
教室ツーウェイ 2013年9月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
音楽科しか見ていなかった 運動会の入場行進の場面である。バラバラ、だらだらと歩く子どもたちの姿に私はため息をついていた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第28回)
  • 毎時間個別評定を行えば通知表の準備は万端である
書誌
教室ツーウェイ 2013年7月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
歌のテストが時間内に収まらない 知り合いの音楽専科の方から相談を受けた。 「歌の成績をつけるためにテストをした。いつも授業時間内に終わらない。どうしたらいいだろう…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 叱る技術―心に響く“叱り方の原則”
  • 上手な叱り方を身につけよう―叱られ体験が少ない教師へのメッセージ
  • 叱る時の言い方・ここはこう変えよう
書誌
授業力&学級統率力 2013年7月号
著者
丸山 美香
ジャンル
授業全般/学級経営
本文抜粋
一 「叱る」と「怒る」を区別する 子どもが忘れ物をしたとする。 「忘れ物をすると自分が困り、周囲にも迷惑をかける…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 教科指導の基本
  • 音楽 (第26回)
  • 情報は音のみ提示する
書誌
教室ツーウェイ 2013年5月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
聴覚情報だけを示す これは新学期から必ず定着させて欲しい習慣である。特に臨界期を迎える三年生なら早期に、四年生以降でも半年から一年で大きな変化が起こるからである…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 優しく芯のある指導―いつでも・どこでも言語活用力を鍛える
  • 音楽科
  • (低学年)音を言語化する
書誌
女教師ツーウェイ 2013年1月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
一 音を言語化する活動重視 授業中は、一秒でも演奏する時間を確保したい。演奏しながら子ども同士のコミュニケーションが取れるからだ。会話に時間を浪費するのは惜しい…
対象
低学年
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 優しく芯のある指導―いつでも・どこでも言語活用力を鍛える
  • 音楽科
  • (中学年)音を言語化する
書誌
女教師ツーウェイ 2013年1月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
一 音楽体験の量と語彙は別 鑑賞ノートを書かせていた時のことである。 コンクール上位入賞した子が言語化できず困っていた。しかし、隣席の子がどんどんノートを埋めている。音楽経験は圧倒的に少ない子だ。それ…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 優しく芯のある指導―いつでも・どこでも言語活用力を鍛える
  • 音楽科
  • (高学年)音を言語化する
書誌
女教師ツーウェイ 2013年1月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
一 「五分間ミュージック」を活用する 関根朋子氏が考案した「五分間音楽」というシステムがある。毎時間五分間の鑑賞活動を行うものだが、音を言語化する上で結果が出やすい…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 発達障がい児に教える!定型発達者がキレる言葉遣い28
  • 3 自分がしてもらっているのに言ってしまう言葉
  • Cはさみなどを借りたのに「これ使いにくい」と言う
  • アスペルガー症候群・高機能自閉症の子どもは「共感」というものが何か、理解できない。「話をするには順序がある」ということを繰り返し繰り返し教える必要がある
書誌
特別支援教育教え方教室 2012年11月号
著者
丸山 美香
ジャンル
特別支援教育
本文抜粋
課題の場面を時系列で表してみる。  @A君は対象物(例えば紙)を切断したい。 Aそのためにはさみが必要である…
対象
幼児・保育/小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 あの子ができた!TOSS開発の指導パーツ26
  • できるようになった子どもたちの事実26の現場報告【音楽】
  • 25 リコーダーが吹けない子ができるようになった事例
  • 「細分化の原則」に徹し、運指指導の組み立てを工夫する
書誌
教室ツーウェイ 2012年7月号
著者
丸山 美香
ジャンル
音楽
本文抜粋
一 「子どもにリコーダーのアクロバット演奏を求めていませんか?」 今から十年前、県の指導主事に投げかけられた問いである…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ