検索結果
著者名:
永田 繁雄
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 主体的・対話的で深い学びにつながる「学習テーマ」づくり&事例集
  • 論説/考え,議論する道徳をつくる「学習テーマ」の研究
書誌
道徳教育 2021年1月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 道徳授業から「学習テーマ」が避けられてきたのはなぜか? 道徳授業において,「学習テーマ」は,子どもの学習を「自分事」にし,「主体的」な追求を生み出す力となり,「議論」するステージにもなる。私たちは…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第10回)
  • SDGs(持続可能な開発目標)を意識して授業を変えていく
書誌
道徳教育 2021年1月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
子どもたちは予測困難な次世代を生きていく。その視点から,前回は人工知能(AI)が席巻し,Society5.0と呼ばれる社会や生活に向かう中,「答えのない問い」「答えが一つではない問い」に向き合う道徳授…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第9回)
  • AIの時代を意識して答えのない問いを重視する
書誌
道徳教育 2020年12月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
1 Society5.0に向かう中で あぶり出された問題 私たちの多くがスマホを手にして,まだわずか十年余りである。その間もネット環境が飛躍的に変化し,ICT技術の進歩は級数的な勢いだ。そして,多くの…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第8回)
  • 「メタ認知」を生かして自己の生き方を深く考える
書誌
道徳教育 2020年11月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
今年の夏休みは,コロナ禍の中,多くの子どもが短期間でイレギュラーな毎日となった。しかし,例年の夏休み明けならば,子どもたちの様々な成長の姿を見ることが多いはずだ。私にも頭から離れないある教え子の出来事…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第7回)
  • 「非認知能力」を意識して「心の力」を目覚めさせる
書誌
道徳教育 2020年10月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
「永田さん,これで,学校で道徳授業をやらなくてもよくなるね」 ちょうど平成十年の頃,小学校で道徳授業やその研究に力を込めていた私のところに先輩のY先生が来られて,このように話された。同じ年の十二月,「…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第6回)
  • 「どう教えるか」だけでなく「何を育むか」への関心を
書誌
道徳教育 2020年9月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
今年の夏季休業期間は,どの学校でも例年よりかなり短い。ここに至るまで,道徳授業は他の各教科等より順風ではなかったかもしれない。そして,そう遠くない休業後の授業の再開を見通すとき,さらに不透明な不安がよ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第5回)
  • よりよい変化への「柔軟さ」と「想像力」を育む
書誌
道徳教育 2020年8月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
今年の夏季休業期間は圧縮され,子どもたちの休暇モードも短くなる学校が多いようだ。その中で,道徳教育の視点から少し気になる一つのメッセージがある。やや幅広な話題となるが,今回も今だからこそ考えたいことと…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第4回)
  • 道徳授業の底力で読解力の不安を克服する
書誌
道徳教育 2020年7月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
昨年十二月,OECDが三年ごとに実施するPISA(学習到達度調査)の直近の結果が公表され,新聞各誌は一斉に「読解力,過去最低の15位」(日経)「読解力急落15位」(読売)などと報じていた。そして,その…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第3回)
  • 「基礎」を土台にして「基本」を打ち立てる
書誌
道徳教育 2020年6月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
今の社会や学校の状況は,とても厳しく辛いものがある。本原稿を整理する段階は,都市部などの学校を中心に,年度末から年度初めに続けて平常の教育活動が全く進められていない。その中で,教育への向き合い方を自問…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第2回)
  • 道徳授業の力で「ブラック」を打ち破る
書誌
道徳教育 2020年5月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
道徳授業で教科書を使用し始め,全面実施も一巡した今,私たちはその授業を「負」から「正」に,そして,「暗」ではなく「明」へと展望をもって取り組んでいくことが重要だ。連載の初回は,そのような思いを込めて問…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第1回)
  • 新時代の道徳授業をプラス志向で切りひらく
書誌
道徳教育 2020年4月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
1 道徳教育の新しいステージ 令和時代の幕が開けて,間もなく一年になろうとしている。平成時代の最後に「特別の教科」である道徳科となった道徳授業は,小学校に続き中学校も本格実施となり,道徳教育そのものが…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第24回)
  • 道徳授業の幅を広げて「視界」をひらく
書誌
道徳教育 2020年3月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 道徳授業の最大のカーブを経て いま,道徳授業に関心をもつ多くの皆さんと同様に,私自身も感無量の年度末を迎えている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第23回)
  • ノンフィクションのもつ迫真性に正対する
書誌
道徳教育 2020年2月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
道徳授業で教師に人気があり,効果が高いと感じる教材は,創作としてのフィクションが主流である。だからこそ,それを子どもが自己の「多元的現実」として自ら価値観を生み出すことを視野に入れた授業にすることがと…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第22回)
  • フィクションの持ち味を子どもの視点で生かす
書誌
道徳教育 2020年1月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 道徳授業は「机上の空論」? 教職課程での「道徳教育の指導法」の授業では,学生の道徳授業に対する多彩な意見に出会う。その中で,この秋口に出会った次のコメントには,実に驚かされた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第21回)
  • 「価値に迫る」授業から「価値に向き合う」授業へ
書誌
道徳教育 2019年12月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
前回は「落としどころ」という言葉に伴う課題を検討した。少なくとも「落としどころ」は隠れた一つの「落とし穴」ではなく,一人ひとりがそれぞれにもつ価値観であり,「納得解」にも似たもので,それは子どもの数だ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第20回)
  • 授業の「落としどころ」は一人ひとりの中にある
書誌
道徳教育 2019年11月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
見出しにある「落としどころ」という言葉を,この夏季の研修会やその前後で何度か耳にした。そのたびに不安を強く感じることがあった。そこで,また連載の本流に戻り損ねてしまうのだが,道徳授業での「落としどころ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第19回)
  • 「処方箋」と薬ではなく「地図」を手にする授業へ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
本連載の流れからは少し浮いてしまうのだが,私自身が教員になりたての昭和の終わり頃,力を込めて行った授業をご覧になったある先生の言葉が最近ふと思い起こされて,頭から離れなくなった。そこで,今回はそのこと…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第18回)
  • 教材の「醍醐味」を子どもの立場で「吟味」する
書誌
道徳教育 2019年9月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
教材というスイカの美味しさに,子どもは一気に食いつく。そうすることで,様々な問題意識がわいてくる。それこそが授業の面白さであることを,前回の連載で,故有田和正氏の論を生かして検討した…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第17回)
  • 教材の「おいしさ」を早くから味わう授業を
書誌
道徳教育 2019年8月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 道徳授業は「もどかしい」 今,思い起こしてみると,私の学級担任時代,授業への向き合い方が大きく変わった子どもの言葉があった。教員になりたての昭和時代の終わり頃だった。道徳授業の楽しさを満喫している…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―主体的・対話的な追求で新しい地平をひらく (第16回)
  • 道徳授業と「工学的」「羅生門的」アプローチ
書誌
道徳教育 2019年7月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
前回まで取り上げた授業=学習観の二極である「経験主義」と「系統主義」は,それを対立させるのではなく,それらを対比・対置させた上で,子どもの視点に立った両者の融合的な理解が,授業改善の大きな力になること…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ