だれでもできるノートスキルの指導 高学年

だれでもできるノートスキルの指導 高学年

好評6刷

書評掲載中

ノートスキルは授業を効率化する!

基礎学力を保証するノートスキルのポイント。達意の作文力を保証する算数ノート指導。基礎・基本を培う社会科ノート指導、うっとりするほど美しい理科ノート指導、ノート指導で培った力がここでも生きる等実録の集成。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-823021-3
ジャンル:
授業全般
刊行:
6刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 136頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年6月19日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに /河田 孝文
まえがき /林 健広
T 基礎学力を保証するノートスキルポイント
[1] スキルは趣意説明で教えていく@
[2] スキルは趣意説明で教えていくA
[3] チェックをしなければ,スキルは定着しない
1 チェックでスキルを身につけさせる /2 チェックで大切な2つのこと
U 国語 達意の作文力を保証する国語ノート指導
[1] アウトラインで自分の考えをびっしり書かせる登場人物の検討 「カレーライス」(光村6年)
[2] アウトラインで自分の考えをびっしり書かせる起承転結の分析 「カレーライス」(光村6年)
起承転結に分けさせる
[3] 物語文を起承転結に分ける 起承転結に分ける「ちかい」(東京書籍5年)
[4] 見やすく分かりやすい要約文を書く指導 要約指導「動物の体」(東京書籍5年)
V 算数 平均点90点を保証する算数ノート指導
[1] 基本型で教える「約数と公約数」
1 2つの数字を縦に書く /2 小さいほうの約数を書いていく /3 大きいほうの約数になっているかを確かめる
[2] 基本型で教える「単位量あたり」
1 「1_あたり」に注目させる /2 計算した数字を図にさせる
[3] 基本型で教える「単位量あたりの大きさ」
[4] 基本型で教える「小数」
[5] 基本型で教える「わり算と分数」
[6] 基本型で教える「分数のたし算」
W 社会 基礎・基本を培う社会科ノート指導
[1] 視点を限定して調べるノート「縄文人の食生活」
1 調べ学習をさせると… /2 視点を限定して調べるには
[2] 俯瞰する調べるノート「明治政府の改革」
1 全体を大きくつかませる /2 全体を大きくつかませる発問とは…
[3] 情報を整理させるノート「明治政府の改革」
1 情報を整理させるために /2 ナンバーワンを問う発問 /3 二者択一を問う発問
[4] 流れをつかむ調べるノート「開国について」
1 流れをつかめない調べるノート /2 流れをつかむ調べるノート
[5] 記憶力を強固にするノート@「縄文時代のまとめ」
1 ノートまとめ10のポイント /2 ノート作りの実際
[6] 記憶力を強固にするノートA「日本の水産業」
1 キーワード /2 キーワードの見つけ方
[7] 記憶力を強固にするノートB「日本の工業」
1 ノートまとめが進まない子への対応 /2 教師も黒板にノートまとめをする /3 ノートまとめは自信につながる
X 理科 うっとりするほど美しい理科ノート指導
[1] 観察編@ 「生き物のつながり ダンゴムシ」
1 まず観察ノートの書き方を教える /2 ダンゴムシを取りにいき,観察する
[2] 観察編A 「地層のできかた 化石」
1 化石観察ノートを作る /2 個別評定で,ノートを完成させる
[3] 実験前の4つのポイント
1 見開き2ページでまとめさせる /2 左ページは,実験前に書かせる /3 グループでチェックに来させる /4 簡単に書かせる
[4] 実験後の4つのポイント
1 片づけが終わった班から書かせる /2 ぎっしり書かせる /3 評定する /4 優れたノートまとめ作品を紹介する
[5] この目で見た! 河田学級ノート指導 観察編
[6] この目で見た! 河田学級ノート指導 実験編
1 向山式ノートまとめ /2 デジカメで実験を動画で撮る
Y 応用編 ノート指導で培った力が,ここでも生きる
[1] 読み応え十分! ぎっしり詰まった学級日誌
1 学級日誌の意義 /2 いい日誌を紹介する /3 個別評定する
[2] 一生の宝物 修学旅行アルバム
1 準備 /2 作成
[3] 宿泊学習のまとめ 誰でも書ける学習新聞
[4] 楽しさ満載 夏休みハガキ通信 河田孝文氏実践追試
1 夏休みの体験を報告させる /2 夏休みハガキ通信の発行手順
[5] 一生の宝物 12歳が選ぶ詩集
1 家から,好きな本を持ってこさせる /2 図書室で気になる本を探す /3 画用紙にまとめる
あとがき /河田 孝文

まえがき

1 ノートは,学力を左右する

 学級には何も言わなくても,ノートを美しくまとめる子が数名いる。

 しかし,それはほんの一握りである。

 教師が指導しなければ,多くの子ども達のノートは,ぐちゃぐちゃになる。

 当然,計算間違いも多くなる。

 誤字脱字も増える。何より小学生時代に付けておきたい「丁寧さ」という力を,身に付けることができない。

 ノートは,学力を左右する極めて大事なことである。


  ノートを丁寧に書くクラスとそうでないクラスは,平均点が8点違う。


 日本教育技術学会が行った「中学入学時,基礎学力調査の結果」である。

 同じ小学校出身でありながら,元6年1組と2組の間に,算数平均点8点の差があったのである。いくつもの要因があるのだが,その1つとして,「丁寧に書く」差があったと分析している。

 再度,言う。

 ノートは,学力を左右する極めて大事なことなのである。

2 ノート指導には原則がある

 しかし,である。

 誰でも,美しくノート指導ができるわけではない。

 我流では,ダメである。

 どの道でもそうであるように,原則がある。

 先人が築き上げた「偉大なる常識」が,「原則」である。

 ノート指導にも原則がある。

 例えば,下敷きを敷かせる,ミニ定規で線を引かせる,日付を書かせる,問題と問題の間は指2本分空けて書かせるなどである。

 新採の先生が受け持つ学級のノートは,ほとんどが雑である。

 なぜか?

 ノート指導の原則を押さえていないからである。

 本書には,先のようなノート指導の原則がいくつも列挙されてある。

 また,高学年ならではのポイントも加味されている。

 高学年で気をつけること。


  それは,趣意説明である。


 もちろんどの学年でも必要なことである。しかし,高学年には,特に必要である。

 「前の先生と違う!」

 「いちいち定規で引くのは面倒だ。」と,反発を招くことがある。

 特に若い教師であればなおさらである。

 子どもの心をひきつけながら,力も付けていく。

 そのような趣意説明のポイントが示されている。

3 実物資料を見せるだけで,子どものノートが変わる

 「ノートを丁寧に書きなさい」と百回言っても,子どものノートは変わらない。具体的なイメージが持てないからである。どのようなノートが「丁寧」なのかイメージが持てないのである。しかし,本書には実物ノートがある。

 TOSS授業力検定六段の河田孝文氏が指導したノートも数々ある。

 このノートを子どもに見せるだけで,ノートが変化する。上達する。手ごたえを感じる。

 学級の子ども達のノートが上手になった。

 そのような事実が生まれるよう,切に願っている。


   /林 健広

著者紹介

河田 孝文(かわた たかふみ)著書を検索»

1964年5月山口県豊浦郡豊北町神田特牛生まれ

1988年 山口大学教育学部卒業

1988年 山口県山陽町立厚狭小学校教諭

1993年 山口県豊浦町立小串小学校教諭

1996年 山口県下関市立江浦小学校教諭

1999年 山口県豊浦町立川棚小学校教諭

現在,下関市立桜山小学校教諭

1988年教育技術法則化運動に参加する。

向山洋一・22番弟子,槇田 健・1番弟子

TOSS道徳教育研究会代表

TOSS長州教育サークル所属

TOSS/Advance代表

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    •  この本に載っている河田学級ノートまとめの実例を、子どもに見本として配りました。

       子どもたちは、「おお〜!!」という声をあげたと思ったら、自分も真似して良いノートを作ろうと必死に取り組みました。
       
       子どもは真似したがる生き物です。

       コピーして配るだけでも効果絶です!!
      2009/9/23まさお
    • 何よりも実物資料が見られることがうれしいです。
      イメージがあれば,それに近づこうと努力します。
      むずかしいなと思っている単元や,どう指導しようか迷っている単元の指導例があるので重宝しています。
      教室に常備している一冊です。
      2007/6/14おでんくん
    • 読みやすい。
      なぜ?
      必要最小限の文言での説明だから。
      ほとんどのページで説明の仕方が似ているから。
      (パターンがある)
      慣れると、文面に乗っていく感じだ。

      文脈サーフィンって感じだった。
      しかも実物ノートがあるので納得。

      「はじめに」「まえがき」「あとがき」も見逃せない。
      ノート指導の真髄が、分かりやすく書かれてある。


      ノート指導の醍醐味が書かれてある。
      そう思う。
      2007/5/14kaku
    • 河田孝文先生の学級のノートが見られるなんて、
      とても嬉しいです。

      目指すべきノート指導の峰を知ることができました。

      今までにない本です。

      貴重だと思いました。
      2007/5/9坂本竜馬
    • 普段から悩んでいるノート指導への実践例が満載でした。
      どの教科でもノート指導が大切なのだとよく分かりました。
      2007/5/5akiray
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ