教え方のプロ・向山洋一全集61
学力向上のTOSS算数ワーク 小学1年編

教え方のプロ・向山洋一全集61学力向上のTOSS算数ワーク 小学1年編

向山洋一が渾身の力を込めて書き上げた算数ワークの決定版。

確実に力がつくワーク部分、まとめのテスト、さらに遊び心いっぱいの学習ゲームなど充実の構成。新学習指導要領でカットされた学習内容も復活させた向山洋一プロデュースによる算数ワークの決定版。教室でも家庭でもすぐに使えるように、学校ではコピー自由で解答つき。


紙版価格: 2,700円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-688115-4
ジャンル:
算数・数学
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 176頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月18日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき
第1章 数と計算
1 10までのかず
@ いろを ぬりましょう かくれたすうじを さがしましょう (10までの数唱)
A じゅんばんぬかしはだれ? なにかな? (数系列)
B 5にんで つなひき (数の分解)
C あわせていくつ? いくつといくつ? (数の合成と分解)
D のこりはなに? ふうせんいくつ? (数の構成)
E かたつむりのさんぽ
F うさぎとかめ (数系列)
2 なんばんめ (序数列)
@ ふくをきせて! おやつをかおう
A どれかな? なんばんめ?
B ひげなしねこは なんびきかな? いろをぬりましょう
C テスト
3 20までのかず
@ かぞえてみよう1 (数唱)
A かぞえてみよう2 (数唱)
B ならべよう (数系列)
C かこんでごらん (10といくつ)
D めいろ (数の順番)
E パズルだよ! (10と1位数にわける)
F テスト
4 たしざん
@ せんでむすぼう (立式)
A おもしろパズル (2位数+1位数)
B くりあがりのあるたしざん1
C くりあがりのあるたしざん2
D テスト 1
E テスト 2
F テスト 3
5 ひきざん
@ とてもよくはたらく よいこ (引き算の意味)
A のこりはいくつ? (求残)
B あまりはいくつ? (求残)
C ちがいはいくつ? (求差)
D かきはいくつ なくなったかな?
E めいろとパズル (習熟問題)
6 たしざんとひきざん
@ だれがいちばん おおいかな? ゴーゴーそりあそび
A いろいろなたしざんとひきざん
B テスト
7 おおきなかず
@ おもちクイズ (10のまとまり)
A はねつきしましょ
B みかんころころ
C たくさんとどいた? ねんがじょう (位取り)
D たこあげしよう
E おみくじひこう (数の大小)
F カードをさがせ (数系列)
G はつゆめすごろく (100までの数系列)
H おとしだま もらった? (100を越える数)
I とったよとった カルタとり (何十と何十の計算)
J ビーだまいっぱい
K ふくわらいゲーム
L テスト 1
M テスト 2
第2章 量と測定
8 ながさ
@ ひものながさをくらべよう
A たてとよこは どちらがながいかな?
B どちらのでんしゃが どれだけながいかな
C ながさくらべ
D テスト 1
E テスト 2
9 ひろさ
@ ひろさくらべ1 (マス目で比較)
A ひろさくらべ2
B ひろさくらべ3
C ひろさくらべ4
D どちらがひろい?
E だれのがひろい?
10 かさ
@ ジュースをのもうよ (直接比較)
A ジュースのしゅるいは なにかな?
B おかずをあてよう
C おもちゃをはこぼう
D テスト
11 とけい
@ ほんものをさがせ! (時計の読み方)
A なおしてね (長針と短針の違い)
B いまなんじ? (時刻の読み方)
C たりないものはなあに? (正時と半)
D テスト
第3章 まとめのテスト
・まとめのテスト1
・まとめのテスト2
・まとめのテスト3
・まとめのテスト4
・まとめのテスト5
第4章 学習ゲーム
@ おこづかいをみつけよう!
A ふうせんをさがせ! (2位数の構成)
B おやつなあに? (120までの数の大小)
C おちたかわらはなあに? (120までの数の順序)
D たりないのはだあれ? (10の束の計算)
E きつねのはっぱ
F なんにんおりたかな?
G いちばんながいのは?
H さんすうすごろく
I すうじめいろ
解 答
あとがき

まえがき―新しい時代に活用する教材として

 私は大型教材企画の責任者を,20年にわたって担当してきた。

 例えば,20年前の「進研ゼミ小学校講座」の教材企画。

 教材「チャレンジ」は,月に2回発行していた。各教科書対応である。

 1学年で24冊となり,6学年で144冊の教材となる。

 教科書会社別だから1年間で500冊近くになる。基礎・基本もあれば,発展教材もある。

 学習ゲーム,学習パズルもある。

 最先端の教材企画である。

 例えば,20年前にして,国語教材は「分析批評」であった。

 ライターは,附属小学校の先生方を中心におよそ100名位。若く優秀な教師であり,向山が選抜した。

 このライターの先生方は特に,著名な実践家に成長していった。大半の人は本を世に出した。

 このような教材会議の時,「それぞれの人が工夫をしてきたものの中から,良いものを選ぶ」という教材の作り方はしない。

 最初に向山が「基本計画」を,明確に打ち出す。

 例えば,「国語読解は『分析批評』を基本として,駿台予備校の藤田修一先生の記号論のような組み立てをとり入れてよい。自分1人で学習して,公立高校に入学できる学力を保証するのがねらい。したがって『テストの解き方』は,きちんと指導する」というようにである。

 向山の基本方針に沿って,見本原稿を書いてもらい「論文審査」をする。

 つまり,すべての「原稿」の良,否をはっきりさせ,「書き直し」の方向を示すのである。

 選抜された人々であるだけに優秀だ。

 しかし,最初から合格するのは1人か2人,ほとんどの人が書き直しとなる。

 こうして,できあがった「向山プロデュース」の教材は,ほとんど日本一になった。

 「進研ゼミ」「旺文社」「主婦の友」「サンマーク」「学研」「明治図書」「啓林館(文研出版)」「光村教育図書」「PHP」「正進社」……。

 今回の全集は,セシール通信教育教材として開発したものである。

 10年以上前,セシールは,「幼児通信教育」を開始した。初代開発責任者は私である。

 幼児,母親から圧倒的な支持をうけ,年齢別6コースで,23万人の会員となった。

 わずか1年で,進研ゼミを抜いて,幼児教材では日本一になったのである。

 進研ゼミの反撃もすごかった。ダイレクトメールが毎週,打ち込まれていた。

 その中で,子ども母親は,セシール幼児教材を支持した。順調にいけば,日本の教材戦線は今と違っていただろう。

 映画その他に多角化をめざしていたセシールは,経済状況の変動もあり「本業にもどる」ことを決定した。

 その時すでに,私は「小学校教材・中学校教材」の開発に着手し,ほぼ完成していたのである。

 原稿料をいただいていたので「教材」はセシールのものである。しかし,通信教育からは撤退するという。

 この教材を,ねむらせるのは日本教育界の損失となる。

 私は,セシールの担当責任者と話し合い,「将来,この教材を出版という形で世に出すときは著作権者向山として出してよい」という正式の申し合わせ(契約書)をとりかわした。

 セシールの担当者も,せっかくの日本教育界の財産を埋らせるのは,国家的損失であると考えたのである。

 かくして,この教材は10年の長いねむりについた。

 そして,江部・樋口編集長の強いすすめで,向山全集の1つとして出版することになった。

 企画会議は,高松の国際ホテルで,全国から百数十名のライターを集めて行われた。

 向山の方針を示し,原稿を審査し,書き直しを命じた。

 2度,3度の執筆者会議を経てできあがった。

 このような事情で,本教材はできあがり,著作権者は私になっている。

 長く倉庫にねむっていた教材は,10年ぶりにその一部が姿を現わした。

 江部編集長は,「今見てもすばらしい教材だ。これだけの教材は現在でもない」と高い評価を与えてくれた。

 本書が,新しい教育界の動きの中の,新しい教材として「帯の時間」「朝学」「発展学習」「自宅学習」用として活用されることを願う。

 また児童,生徒の家庭用教材として,全国書店で購入されるようすすめていただけるとありがたい。

 通信教育用として作った教材なので,自宅用として十分に活用いただけると思う。しかも通信教育に比べれば,はるかに安く入手できる。

 それにしても,教育界の財産が世に出ることができ感激の心でいっぱいである。

 なお,本出版の収入は,「全国2万人が参加したTOSSday」「全国20ヶ所で開催される五色百人一首大会」「無料のインターネットポータルサイトのインターネットランド(通称TOSSランド)」等の運営資金にあてられる。


  2004年5月22日 母昭和医大より一時帰宅の日   /向山 洋一

著者紹介

向山 洋一(むこうやま よういち)著書を検索»

1943年9月生まれ

1968年3月 東京学芸大学社会科卒業

2000年3月 東京都大田区立多摩川小学校退職

日本一のインターネット教育情報ポータルサイトTOSSランド代表。千葉大学非常勤講師,上海師範大学客員教授,日本教育技術学会会長,日本言語技術教育学会副会長。月刊『教室ツーウェイ』『向山型「算数」』『向山型「国語」』編集長。月刊『教育トークライン』,隔月刊『ジュニア・ボランティア教育』編集人

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ